北方の郷土料理⑧(その1)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北方の郷土料理⑧(その1)

北韓式おにぎり01
↑ 今回も調理実習は全部で3品。これは北韓式のおにぎりです~

恒例の北韓料理セミナーでした。毎週1回行っている勉強会ですが、毎回の研究テーマは私にとってとても興味深いものです。これまでほとんど知らなかった生まれ故郷のことを、食を通して勉強することで毎回何かしらの新しい発見があることが魅力の勉強会です。

北韓式おにぎり02
↑ 日本や韓国と違ってご飯はコチュジャンで味付けることもあるそうです~ 

今回のセミナーテーマは「北韓の在来市場」。もともと北韓は社会主義国家であるため、生産と分配の全てが、国家によって決定される計画経済体制です。しかし1990年代後半に入ると、この配給制度が徐々に崩れはじめているという報道が伝わり、ニュースでも数百万人が飢え死にしたと言われるようになりました。そしてこの時期から、一部だけだそうですが、北韓にも新しい形態の市場が登場しはじめるようになったといいます。

北韓式おにぎり03
↑ おにぎりの中身はよく似ていました。イカのキムチとか、漬物などが入っています~ 

2003年5月には常設市場の形態をもつ売買所を「総合市場」と名づけて合法化させたと言われています。そして、この合法化を受けて農民や一般住民だけでなく、企業や共同農場などでも市場で自主生産した品物を販売できるようになりました。当初は市や郡単位で、1つの農民市場だけを許可したそうなのですが、次第に農民市場以外の各種市場が誕生し、最近では各市郡単位ごとに5~7箇所の市場ができているといわれています。

北韓式おにぎり04
↑ 北韓式おにぎりは中身の具も、外側も細かく刻むのですね~ 

また北韓の市場は大きく分けて6つの形態があるそうです。1つ目は国家経営市場。別名国営商店と呼ばれます。中央配給体制の中で配給される統制品のうち、許可を受けた品物に限り一定量だけ安く売ることができる市場です。2つ目は農民市場。原則的には農民が作った農産物だけを取引できる市場なのですが、実際は幾らかの工業製品も活発に取引されているそうです。

北韓式おにぎり05
↑ 海苔も細かく切っておにぎりにまぶす形でした~

3つ目はジャンマダン(장마당)と呼ばれる売買所です。一般的に農民市場よりも規模が小さく、一定の施設がない、路上販売の形態をとる市場をこう呼ぶそうです。4つ目は総合市場。農民市場とジャンマダンを合わせたような市場といわれ、ここでは店舗を構えなければなりません。そして商取引も店舗内のみで可能です。つまり国家が管理できるような体制をもっている市場といえます。

北韓式おにぎり06
↑ 海苔のほかにはゴマやキナコもまぶすそうです~。日本にも似たようなおにぎりがあるそうですね~

5つ目はメトゥギ(매뚜기)市場です。メトゥギとは昆虫のバッタのことを意味します。この市場は基本的には無許可で、急に現れたり消えたりする形の市場です。主に職場に通勤する人たちを対象に商売がなされることが多く、売られる品物も移動が簡単な、小さな品物だけを販売するそうです。そして最後、6つ目の市場は夜市場(야시장)です。言葉どおりに夜から明け方にかけて営業するところから、こう名づけられました。基本的には臨時に現れる市場で、帰宅が遅くなる労働者や汽車で移動中の旅行者などが、商売の対象になっている市場だそうです。

北韓式おにぎり07
↑ ゴマは細かくすりつぶしてまぶします~

こうしてみると、十数年前まで似たような市場が韓国にもあったことが思い出されます。最近の韓国では、在来市場の数が大型スーパーマーケットなどに押されて、どんどんその数を減らしています。けれども、北韓ではまだまだ現役のようですね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。