天然染色の糸

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天然染色の糸

自然染色001
↑ 天然染色の糸が送られてきました~

天然染色を生業としているお弟子さんのひとりから、この糸のデモンストレーションと宣伝を兼ねた作品作りを依頼されました。もともと天然染色とは、自然から採取する花・木・草・土・虫・貝殻などより抽出した天然物質を使い、布や糸を染めることです。天然物質は大きく分けて、動物性染料と植物性染料の2つがあり、昔から色々な色が作られて来ました。

自然染色005
↑ 藍を使って染めた糸~

今回依頼された糸は全て植物性染料によって染められています。青色は藍(쪽)で染めた糸だそうです。藍は昔から人類に知られていた代表的染料でした。この染料を使って染めた布で衣服を作れば、ウリ(으리)と呼ばれる薬が体に合わないことで皮膚に熱をもつ、薬では治せない皮膚病に効果があったと伝えられています。他にもアメリカの西部開拓時代の話が有名です。当時のアメリカでは蛇が多かったそうで、鉱夫たちが着ていた茶色のズボンをインディゴ藍で青色に染色し、蛇との接触を防いだそうです。現在でも「インディゴブルー」という色はよく知られていますね。

自然染色003
↑ 天然染色の糸で手まりを作ることにしました~

赤色は植物性の蘇方木以外にも、動物性染料の乾酪蟲(古くなったチーズに生まれる寄生虫)、コチニールを使うことが多かったようです。媒染として、明礬(ミョウバン)や塩を使うことでより鮮やかな赤色を手にすることができたとか。

自然染色004
↑ 黄色は梔子を使っているそうです~

黄色は黄鉛(クロム酸鉛を主成分とする染料)などの鉱物系のものもありましたが、植物性の鬱金(生姜科に属する植物から作る染料)、金錢花(トベラ)、梔子を使用することが韓半島では多かったようです。黄色には鬼神を追い出したり、病気を防いだりする力が宿ると考えられ、呪術関係には欠かせない色だったようです。

自然染色002
↑ 天然染色の手まりは化学染料よりもとても暖かな色合いですね

緑色は青色と黄色の複合色から作られました。韓半島の王室では王妃の唐衣や圓衫(女性の伝統礼服)に多く使用される色であり、王世子(皇太子)の衣服も緑色のものが多かったようです。そのため青色の材料となる藍を沢山栽培することになり、農地面積が少なくなるほどであったといいます。そして、しばしば農事に支障が出るほどの問題となり、中宗23年(1528)には濃い緑色の衣服を着用することが禁じられたという記録が残されているほどです。

自然染色006
↑ こちらが完成品の手まりですぅ~

このように人類は古くから天然物質を利用して多様な色を手にしてきたのだと考えると、普段当たり前のように身近に存在する色のひとつひとつが、とても感慨深いものに変わっていきますね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/05/15 10:33 ] ポジャギ 韓国の色 | TB(0) | CM(2)
素敵です♪
いつもの先生のキラキラした宝石みたいな作品も素敵ですが、こちらもなんとも言えない味のある作品ですね!
糸によっても全く違う物に見えるんですね・・・不思議です

先日のお願いのお返事ありがとうございます
22日は夜にソウルに着きますので、23日か24日にお邪魔出来ればと思っています
ご迷惑でしょうが、よろしくお願いします
[ 2012/05/15 21:59 ] [ 編集 ]
了解しましたぁ~
李先生から了解したと伝えてくれとのことです。

お会いできるのを楽しみにしています…とのことです。
[ 2012/05/16 02:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。