料理教室レポート

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート

カルチチョリム01
↑ タチウオと野菜を入れて~
カルチチョリム02
↑ 味付けして煮るだけデス~


幽です!!昨日、埼玉県よりいらしたS氏が韓国料理教室に参加されたので報告したいと思います。今回も1人参加の料理教室で、通訳としてharu氏が入り、全部で3人というこじんまりした料理教室だったそうです。幽はお仕事のため参加できず、残念!!埼玉のS氏は韓国訪問多数の韓国通と聞いています~。また次回いらした時には是非お会いしたいデスネ!!

ケンニプキムチ01
↑ ケンニプをよく洗って~
ケンニプキムチ02
↑ ヤンニョムを作り~
ケンニプキムチ03
↑ 容器に綺麗に並べて~
ケンニプキムチ04
↑ ケンニプとヤンニョムをずっと重ねていきます~


ちなみに希望メニューは、先日ブログで紹介した北韓料理であるタラの芽炊込みご飯(두릅나물밥)、タチウオの煮付け(갈치조림)、ゴマの葉キムチ(깻임김치)の3品。どの料理も下ごしらえして鍋に入れ、煮えるのを待つ…という料理だったため、非常にノンビリとしたペースで進んだそうです。

トゥルプナムルパプ001
↑ タラの芽を綺麗に洗い~
トゥルプナムルパプ002
↑ 豚肉を炒めて~
トゥルプナムルパプ003
↑ ご飯の上に~
トゥルプナムルパプ004
↑ だし汁と一緒にご飯を炊いていきますぅ~


普通の料理教室では中々体験できない旬の山菜の扱い方や、コツを掴むまでがちょっと難しいといわれるヤンニョム簡単レシピなど、通訳のharu氏も聞くだけで色々タメになる李先生の豆知識を教えてもらえて、ラッキーだったなぁ~っと思ったくらいだったそうですよ?最近のソウルはとてもいい天気が続いていて、ソウル訪問にはとてもいい時期だと思います。残りのソウル観光も楽しんで下さいね~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
ありがとうございました〜♪
李賢淑先生、幽さん、haruさん、今回はお世話になりましたm(_ _)m
とても楽しくて勉強になったお料理講習でした!
私はケンニプにヤンニョムを乗せたぐらいしかしなかったけど(^^;)

たらの芽は先生の旦那様が前日にわざわざ江原道(だっけ?)まで行って摘んで来てくださったもの、エゴマは生徒さんの実家が送ってくださったものなど、素材にもこだわっていらしてすごくおいしかったです♪

先生がマートでも買える調味料を教えてくださったので、ミョルチのしょっつるとかお醤油2種類を買って帰ってきました(^^)v

ご自宅に飾ってあった手毬やチョガッポもとっても素敵v-238
お料理もしなくちゃいけないし、手毬やチョガッポも見たいしで大忙しでした(笑)。

またソウルに行ったら、違うメニューを習いに行きますのでよろしくお願いします!


[ 2012/05/14 03:47 ] [ 編集 ]
お疲れさまでしたぁ~
>shivaさんへ

今回はお会いできず残念でしたが、楽しい時間を過ごせれたようでひと安心です。

haru氏は早速カルチチョリムを自宅で作ってみたとのことです。何でも旦那さんの地方ではカルチチョリムの野菜にジャガイモを入れるのだそうで、これも中々美味しかったそうです。

是非日本でも購入した調味料をフルに活用して作ってみてくださいねぇ~。
[ 2012/05/14 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。