家族の食事会

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族の食事会

家族の食事会01
↑ ミアリサムコリにあるイェンナレノンジャン

母がしばしの間、大田の方へ帰郷しているため、久しぶりに家族みずいらずで食事会です。しかし次男は食品添加物アレルギーを持っているため、我が家の外食は何処でもいいという訳にはいきません。

家族の食事会02
↑ ご存知、ワインサムギョプサル~!!これ、柔らかくって本当に美味しいですよぉ~。

そのため肉が食べたい…という時は、大抵このイェンナルノンジャン(옛날농장:昔の農場)へ行っています。我が家では大学路を少し北上したミアサンコリ(미아삼거리)支店へ行くのですが、長男の話しによると、チュンムロ(충무로)やカンナム(강남)にも支店があるそうです。

家族の食事会03
↑ この薄切り肉も人気で、皆注文していました~。

この店は肉が美味しいだけでなく、パンチャン(반찬:付け合せのおかず)の種類が豊富で食べ応えがあるのにもかかわらず、良心的な価格設定のため気に入っています。もし機会があったら是非行ってみて下さい。

家族の食事会04
↑ ヤンニョムテジコギ~

さて少々話しは変わりますが、大学路からこの店舗へ行く時にミアリコゲ(미아리고개:彌阿里峠)という数キロに渡るなだらかな坂を上って行きます。この坂道は韓国にとって様々な逸話が伝えられている有名な坂道なのです。

家族の食事会05
↑ ここのパンチャンは品数が多いだけでなく、美味しいのデス!!

この峠道は朝鮮王朝時代から北へ通じる唯一の外郭道路でした。そのため沢山の罪人や都落ちした者たちがここを後悔や悲しみとともに振り返りながらソウルを追放されたそうです。そのためかは分かりませんが、このミアリコゲには哲学院と書かれている看板があちこちに出されているのが分かります。哲学院とは、韓国土俗のシャーマニズム信仰施設、別名ムーダン(巫堂)たちがいる場所のことで、占い施設に近いものです。私自身は行ったことがないのですが、ここまで沢山の哲学院があるということは、今でも多くの人が占いを信じているということでしょう。

また朝鮮王朝時代にまで遡らなくても、悲しい逸話が残されています。ここは1950年6月25日の朝鮮戦争において、北朝鮮軍の戦車が攻めてきた場所であり、ソウル入城のための大攻防戦が行われた場所なのです。

家族の食事会07
↑ 美味しそうに焼けています~

多くの血が流れただけでなく、ここから韓国軍の人たちが捕虜となり、この道を通って北韓へ連れて行かれたといいます。そのため1956年には『断腸のミアリコゲ(단장의 미아리고개)』というトロット(演歌に似た歌)などにも歌われ、韓国人にとってこの場所は悲しさを感じさせる場所になっています。

家族の食事会08
↑ 韓国人定番の食べ方…。サムチュに巻き巻き…。

けれども、もちろん現在はそのような影は全く感じません。また最近ではなくなりつつある昔ながらのスユ在来市場(수유재래시장)という大市場があり、観光地化していない昔ながらの市場を見学できて楽しい場所になっています。もし機会があれば、是非覗いてみてください。

↓  ↓  ↓ (ここをクリック!)
1、ミアリコゲの現在の写真
2、スユ在来市場NAVER地図(韓国語)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/05/02 10:00 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(3)
おいしそう♪
いいお店の紹介をありがとうございます。
「옛날농장/昔の農場」、おいしそうですね〜v-238
薄切り肉は우삼겹ですか?
HPを見たら차돌박이も뚝배기알밥もある〜♪

鍾路2街にも支店があったから行ってみますね。
でも、大学路にもお店があるのに、何でミアサンゴリまで
行かれるんですか?
本店で広いからかな?

山菜系のおいしいお店がったら紹介してください。
よろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/05/02 02:09 ] [ 編集 ]
おつかれ~
次男太った~!
長男やせて御主人に似てきた~!
ここはホント全ておいしくて
いつもがっつり食べてるけど
いつも以上に食べちゃうとこだよね~!
〆のアイスまで(笑)
ああ~食べたい!
ブログ更新マイペースでいいよ!ケンチャナヨ!
[ 2012/05/02 23:46 ] [ 編集 ]
え??そうかな??
>shivaさんへ
→本人たちに聞いてみたところ、本店のサービスが一番いいっていうのと、駐車場の問題だそうですぅ~。

それから山菜に関しては息子たち2人が全く関心がないからなのか、あまり知らないんだとか…(爆)!!

ま、確かに李先生が外食する時って息子に連れられて~って感じが多いですからね~。

>sono氏
→え??長男やせた??次男太った??
そうだっけ??実際長男はダイエット中らしいけど、あまり私には違いが分からず(苦笑)、次男に至ってはharu氏がそう言っていたけど、これも私にはよく分からず…。そっかなぁ~??

あ、そうそう。〆のアイスはなくなったみたいだよ??
何でかは知らないけどね。

そういえば、昔二人だか三人だかで連れて行ってもらった時は
〆のアイスがあったよね!!

懐かしい~!!何年前からだろ~??

ちなみにブログ更新の頻度については、李先生に相談中ですぅ~。しっかし、頑張るよねぇ~(苦笑)。
[ 2012/05/03 00:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。