緑豆かぼちゃ粥(녹두호박죽)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

緑豆かぼちゃ粥(녹두호박죽)

緑豆かぼちゃ粥
↑ 緑豆かぼちゃ粥~

近々次男がフィリピンへ旅立つこともあり、我家の2人の息子がともに歯の治療中です。次男は成人してから親知らず(사랑니)を抜いたため相当苦しみ、長男は歯茎の治療だけでなく、最近本格的なダイエットを始めているため、かなり厳しい食事制限…。そんな病人ばかりのような家になってしまい、普通のご飯が食べられない…というので、お粥を作ってみました。

緑豆かぼちゃ粥の材料
↑ お粥の材料~

この緑豆かぼちゃ粥の材料となる緑豆(녹두)は昔から非常に栄養価が高い食品として知られています。緑豆はインドが原産地で中国を経由して韓半島に入り、食べるとすぐに肝臓にいき体を浄化してくれる、いわゆる解毒の王として考えられています。

広蔵市場のピンデットッ屋台
↑ 広蔵市場の有名なノクトピンデットッの屋台~

昨年末インフルエンザが流行った時も、多くの韓国人がこの緑豆を使った食事を作りました。他にも低血圧、冷え性、消化不良の人にも良いとされ、手術や抗生物質を沢山使った後などは、この緑豆を使ったお粥を食べさせると良いといわれています。

広蔵市場のピンデットッ
↑ ノクトピンデトッがたっくさん~

韓半島の祖先たちは早くからこのような緑豆の効能を経験上知っていたからなのか、緑豆を使った料理が日常生活でも色々見られます。代表的なものはノクトゥピンデトッ(녹두빈대떡;緑豆のチヂミ)、マンドゥクッ(만두국;餃子スープ)、ノクトゥサムゲタン(녹두삼계탕;緑豆参鶏湯)、スクチュナムルノクトゥパッ(숙주나물녹두밥;もやしと緑豆ご飯)など、これ以外にも緑豆は韓国料理の食材として欠かせないものになっています。

大きなかぼちゃ
↑ 韓国のかぼちゃはとてもデカイ!!

もうひとつのかぼちゃも体によい食材です。これは日本でもよく食べられているとのことですが、ただ韓国と日本では大きさが少々違うようです。幽の話では日本であまり大型のかぼちゃは売られていないとのことですが、韓国はかなり大型のものもあり、直径60~80cmくらいのかぼちゃもマートで売られています。

良才洞のハナロマート
↑ 李先生がよく行く良才洞のハナロマート~

もともとかぼちゃは北アメリカが原産地と言われています。効能としては貧血、むくみ、結膜炎などに良いとされています。けれども『本草綱目(본초강목)』(注1)には「キチェ(기체;氣體=うつ病に近い症状)とスプチョ(습저;濕沮=体内に水分が多い状態)の症状がある者には、絶対に使用してはならない」と記載されているそうです。

マートもひろびろぉ~
↑ 韓国の大型マートって本当に広々してるよねぇ~

そのため出産直後の産婦には与えないほうが良い食材でしょう。何故なら産婦は、生理的に憂鬱になりやすいうえに、細胞外液の増加で体内に水分が多い状態になるからです。このような状態の産婦に与えると体内で水分と熱が発生してしまい、産後回復の邪魔をすることがあるのです。そのためかぼちゃは、 誰にでも無条件に良い食材とはいえないでしょう。

マンドゥの写真
↑ この冷麺の店はマンドゥが美味しいことで有名です。

ソウルは土日にかけて、激しい雨が降り続いています。そんな中、福岡からMari氏が久しぶりにダムル工房にやって来ました。彼女は韓国人より辛いものが食べられる辛党なので、自宅前にあるビビム冷麺の店に行きました。月曜日は遠出するとのことですが、彼女のためにも雨が早く止むといいなと思います。

(幽の補足説明)
注1;『本草綱目(본초강목)』とは、1578年に明国の漢方医・李時珍が完成させた薬草学の研究書です。日本にも中国の初版本が数年もしないうちに入って来たと云われ、和訳本が数多く出版されていました。江戸時代から日本医学に大きな影響を与え続けた書籍でもあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
緑豆カボチャ粥
お早うございます。
 緑豆カボチャ粥の興味深いご説明、有難うございます。
最近日本でもたくさん、緑豆が出回るようになりました。皮をむいたものもありますがやはり香ばしさに違いがありますね。
緑豆とかぼちゃで更に栄養アップのお粥ですね!
いつもブログ楽しんでいます。     keiko
[ 2012/04/23 06:53 ] [ 編集 ]
日本にもあるんですね??
>keiko氏へ

日本に緑豆が売られるようになっているとは知りませんでした!!

本当に最近の日本には色々な食材が輸入されてきているのですね??

家庭ではミキサーですり潰すことが多いようですが、広蔵市場はまだ石臼で挽いていて、見ているだけで楽しくなります!!
[ 2012/04/23 14:54 ] [ 編集 ]
감사합니다
녹두는 껍질이 있는것을 구입하셔서 사용하시면 향이 좋습니다
어제 글의 대답은 구절판은 고기 .버섯 채소를 채쳐서 밀전병에 싸서 먹고
요사이는 결혼식 패백 음식으로 많이 사용합니다
시간이 허락하시면 같이 만들어 보도록 합시다 말씀하셨듯이
신선로 를 한번하면 한국의음식을 어느정도 할수있으니까요
감사합니다 다물공방
[ 2012/04/23 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。