シンソンロ(신선로:神仙爐)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンソンロ(신선로:神仙爐)

シンソンロ完成図
↑ シンソンロ

お祝いの日など、材料や薬味の全てが揃う時期にだけ作ることができる料理です。

シンソンロとは元々料理の名前ではなく、火爐(화로:火鉢のようなもの)と鍋を合体させて作った器のことを指していました。

そして神仙たちが使った器で食事をすれば、彼らのように寿命が長くなるだろうという願いが込められ、いつしか料理を指す言葉に変化しました。

また、別名ヨルグジャタン(열구자탕:悦口子湯)と呼ばれるように、食べて楽しいスープ料理と考えられています。

シンソンロ床
↑ 神仙爐床(신선로상)

シンソンロの文献としては、15~16世紀朝鮮王朝の文臣であった鄭希良(정희량)という人物が書いたものが残されています。

その文献とは『海東竹枝(해동죽지)』[1925年]という詩集で、その中に「山里近いところに住みながら、独特な火爐を使って料理を作っていた」という記述があるのです。

そして、その料理がとても美味しいだけでなく、見た目も華麗だったこと、そして彼が神仙のような風貌をしていたということから、シンソンロという名前が付けられたという説もあります。

李先生所有のシンソンロセット
↑ 李先生所有のシンソンロセット

またシンソンロは韓国人だけでなく外国人にも人気が高い料理の代表といわれています。

例えば薄田斬雲(1877~1956)という日本の小説家兼ジャーナリストが書いた『朝鮮漫畵(조선만화)』という本。

ここには「シンソンロが朝鮮料理の中で一番美味しい料理であり、日本人の口に合う料理である。日本人が朝鮮料理を食べる時はシンソンロから始めるとよい。」と書かれているそうです。

シンソンロ蓋をした状態
↑ シンソンロの器に蓋をするとこうなります。

また、1945年8月、植民地支配からの解放とともにソウルに入城してきた米軍兵士の口にもあったようです。

1945年12月2日付の東亜日報には「朝鮮料理で一番美味しいのはシンソンロ」と、米軍兵士が故郷に手紙を書いたという逸話が紹介されています。

シンソンロの器と火炉
↑ シンソンロの火爐と器

他にも1959年1月30日付の京郷新聞のインタビュー記事もあるそうです。

インタビューの対象者は当時韓国支部長婦人であったアメリカ人・ジェイムス女史。

彼女は「韓国生活ではオンドルがとても快適である。そして韓国料理の中では、シンソンロなら誰もが気に入る料理だろう。だから調理方法学び、器を買ってアメリカに持って帰りたい。シンソンロは国際的な料理になるかもしれない。」と賞賛しています。

シンソンロの器
↑ シンソンロの器拡大~

シンソンロを作る方法を学べば、それだけで色々な料理を作る方法を会得できます。

例えばスープ、肉団子、魚・キノコのジョン(煎)、錦糸卵の作り方、他にも料理を美しく見せる材料の切り方、盛り方など、料理に必要な基本を全て学ぶことができるのです。

つまりシンソンロは様々な料理法を駆使した総合的な料理と言えるのです。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
神仙爐
李賢淑先生、幽さん、お早うございます。
神仙爐は韓国を代表する料理ですね!この料理は宮廷に関する資料の中には結構出てきますが九節板は見ることが出来ませんね。
神仙爐は韓国の調理技術の集大成なんですね。李先生のご説明で一度お教室でもやってみたいと思います。KEIKO
[ 2012/04/22 06:54 ] [ 編集 ]
実物は見たことがありませんが、本やTVでは何度も目にした事のあるお料理ですが、先生のお話しが加わると俄然興味がわいてしまいました。
いつか実際に食べてみたいと思います。

京都にもシンソンロによく似た鍋を使っているお店があります(行った事はないですが(^_^;))

⇒ http://www.digistyle-kyoto.com/gourmet/eat/nabe/kawamichiya.html

きっとシンソンロを真似て作ったんだろうと勝手に考えていますが・・・違うかな?
[ 2012/04/22 23:22 ] [ 編集 ]
へぇ~、知りませんでした!!
>keiko氏
→私もソウルのコリアハウスで1度食べたくらいで、ほとんど日常生活の中でシンソンロは食べたことがありません。

けれども写真で見るシンソンロがあまりにも美味しそうなので、あまりにも大きな期待感だったからなのか、コリアハウスで食べた時は「こんなもんか…」と思っちゃいましたけどね…(苦笑)。

>きん氏
→お久しぶりです。本当によく似た鍋ですね!!この鍋は満州から入ってきたそうですから、基本的には韓国と同じものですね。韓国のシンソンロ鍋も中国から入ってきたとのことですから…。

この蕎麦料理が直接シンソンロを真似たのかどうかは分かりませんが、2つとも中国起源で、それぞれの国に伝わりそれぞれの調理方法で発展していったのかもしれませんね。
[ 2012/04/23 15:06 ] [ 編集 ]
神仙爐の味
李賢淑先生
 こんばんは!
神仙炉の味ってスープが大事なんでしょうね!何度かソウルでも
食べているのですが、納得の味にはまだ、たどり着いていません。 だからこそ、自分で納得の味を作り出してみたいです。
李先生でもお宅ではおつくりになっていないんですね!(笑)作られない理由がわかるような不思議な気持ちです。・・・
                     Keiko
[ 2012/04/23 22:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。