チョガッポ作品の整理

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョガッポ作品の整理

刺繍屋さんの李先生
↑ いつも多忙な李先生~

ここ最近、日本からの短期留学生は別として、定期的・継続的に工房にやってくる韓国人の生徒さんたちは、どちらかと言えばてまりの方に関心を寄せる人が多くなっています。また最近はチョガッポやチマチョゴリの作り方を動画でアップして講義してくれるサイトがあるそうで、韓国人だと動画を見ながらチマチョゴリを作ってしまう…という器用な人も増えているらしいです。

そのため教える時間も若干てまりの方が多かったり、あるいは毎年恒例の展示会に出品するための作品づくりもあって、最近はチョガッポ作品の大作をしばらく作っていないことに気が付きました。だから一度、自分のチョガッポ作品のうち、比較的大作にはいるものを整理してみることにしました。

スンインとモシの作品
↑ ひとつ目はスンイン(순인;純仁)の切れ端と、モシ(모시;苧麻)に刺繍を入れた布を使用して作ったチョガッポです。隙間時間を利用しながら約2ヶ月で作った作品でした。

8年前のモシのチョガッポ
↑ こちらの作品も比較的大きな作品なのですが、これは考えてみたらもう8年も前に作った作品でした。材質はモシです。

オクサの作品
↑ 約60センチ四方の作品になるので、最近では大きめの作品に入ります。ホッポ(홑보;一重技法)を使って作りました。材質はオクサです。本当に韓服をつくって、残った切れ端だけを活用して作ろうと決めて作った作品でした。次の作品もそうなのですが、本当の意味で閨房工芸の美しさを充分に活用してみようと考えた時期のものです。

ミョンジュの作品
↑ これが最近では一番大きな作品になります。大きさは136×111センチです。材質はミョンジュですが、これも残った切れ端を充分に活用して、美しいチョガッポを作り出すという喜びを狙って作ったものでした。

このように自分の作ってきたものを振り返ると、最近のチョガッポ作品は、壁掛けなどの比較的小品が多くなって来ていることに気が付きました。10月には日本手工芸指導協会の展示会にチョガッポ作品を提出しなければなりません。そろそろ展示会出品へ向けて本格的なチョガッポ作品を作成しはじめなければならない時期に来ているようです。

(幽のつぶやき)
韓国の選挙管理委員会
↑ 広蔵市場の向かいにある韓国の選挙管理委員会の建物

水曜日の韓国は国会議員の選挙のため、公休日でしたぁ~!!!日本と違って公休日がとても少ない韓国の(←日本の約3分の1!!)、貴重な貴重な公休日なのに、水曜日だったため、何の恩恵も得られず、ガックシ…(涙)。だって幽のオフは月曜と水曜なんですもん~!!!

大学路地域の投票所
↑ 幽の住む地域の投票所は東祟アートセンターの横でした!!

でも水曜日のソウルは、土砂降りの雨だった火曜日とはうって変わり、本格的な春の到来を思わせる1日で、多くの人々が大学路に押し寄せていましたぁ~。ダムル工房の前もお祭りのように沢山の人の往来が…。本当に有名になったよねぇ~、駱山公園の壁画マウル…。

大学路のフィリピンマーケット
↑ これは昨日じゃないけど、大学路名物のフィリピンマーケット

ちなみに幽は久しぶりにショッピング三昧で、散財しちゃった…。女性ってどうして買い物すると気分がスッキリするのかな??本当に不思議だ…。新しいB級グルメも色々試して、1日があっという間にすぎてしまいました…。はぁ~(苦笑)。

バナナの揚げ物
↑ バナナの揚げ物…。恐ろしいくらいの高カロリーってことは考えない…、考えない…。

毎週日曜日に大学路で開かれるフィリピンマーケットは一見の価値ありです~。日曜日に大学路に来られる方は是非見学していって下さいねぇ~。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
순인という布の名前は初めて伺いました。
モシと組み合わせているとのことですが、
素材は絹ですか? 
[ 2012/04/12 11:06 ] [ 編集 ]
そうです~
>yangjaさんへ

そのとおりです。材質はシルクで紗の1種類です。真珠紗と似た背景を持った布で、ウロコのような模様が織り込まれています。

紗の中でもかなり高級な布で、漢字は純鱗って書かれる場合もあるようです。
[ 2012/04/12 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【チョガッポ作品の整理】
↑いつも多忙な李先生〜ここ最近、日本からの短期留学生は別として、定期的・継続的に工房にやってくる韓国人の生徒さんたちは、どちらかと言えばてまりの方に関心を寄せる人が多く...
[2012/04/12 01:05] まとめwoネタ速suru
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。