北方の郷土料理⑦(その2)[再録]

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北方の郷土料理⑦(その2)[再録]

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

この回顧シリーズに際して、同じ記事の再録なんて読者さまに受け入れてもらえるだろうか??と、少々心配もしておりましたが、新規生徒さん方には概ね好評のようでホッとひと安心しております。

常連の生徒さんからもご理解頂いているようで本当に有難うございます。m(_ _)m

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

オオバコスープ完成品
↑ 3つ目はオオバコスープ(길짱구지지개)

北韓地方の食材や料理について書かれた昔の文献のうち、もうひとつ代表的なものが『屠門大爵(도문대작)』という史料です。

これは許筠(허균:1569~1618)という人物が書いた随筆書です。

この人物は、ハングルで書かれた最古の小説といわれ韓国人で知らない人はいない言われるほど有名な『洪吉童伝(홍길동전)』を書いた人物として有名です。

オオバコスープ材料
↑ オオバコを北韓ではキルチャング(길짱구)、韓国ではチルギョンイ(질경이)というそうです~

彼はもともと現在でいう大臣クラスの官僚だったのですが、派閥闘争に巻き込まれ謀反の首謀者として1618年に処刑されてしまいます。

その彼が1611年に、これまでの人生で味わってきた美味しいものを紹介するとして、全国8道の食品と特産物などについて語っているのです。

きびご飯完成品
↑ 4つ目はキビご飯(수수밥)

『屠門大爵(도문대작)』の意味は、中国の故事に由来しています。

肉が食べたいけれど食べられないため屠殺場の門を眺めながら食べた気になって自らを慰めるという意味なのだそうです。

つまり許筠は昔自分が食べた全国各地の珍味を懐かしく思い出しながら、自らの人生を回顧しているエッセイを書いた…と考えてくれればいいでしょう。

きびご飯材料
↑ キビご飯の材料~

けれどもこの史料は朝鮮王朝時代中期当時の食材や調理法、加工品などが詳細に記されている非常に貴重な史料となっています。

もちろん北韓地方だけについて書かれているわけではありません。

北韓地方だけでなく韓国全土の多様な特産品についての話が書かれているため、非常に興味深い書籍になっています。

是非機会があったらご覧になってみて下さい。
※そうそう、彼の同時代に生きた親戚には、ドラマにもなった医学者・薬学者として有名な『許峻(ホジュン:허준)』がいるのですよ~。

茄子の蒸し物盛り付け
↑ 昨日の茄子の蒸し物(가지찜)は切って盛り付け~

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2014/03/11 10:33 ] 韓国料理 宮中飲食研究院 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。