針仕事の効用

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

針仕事の効用

スプーンが汚れたら
↑ 韓国製のスプーンが汚れてしまったら

私が手まりや閨房工芸を40年程前に始めたばかりの頃は、針仕事をしない、させようとしない…という風潮でした。何故なら、当時はまだ韓国社会も貧しく、針仕事などをさせれば、子どもが貧しくなってしまう…と考えていたからです。

綺麗なスプーンに
↑ アルミホイルに包んで鍋で煮れば綺麗になります~

あれから何十年も経ち、韓国社会も大きく発展して豊かになり、心のゆとりも出てきたからなのか、数年前から韓国人の中にも手まりやチョガッポなどを習いたい…という女性が本当に増えて来たようです。そして学校教育などでも、針仕事に対して再考がなされたのか、私も学校の課外活動に呼ばれることが増えましたし、問い合わせも増えてきました。そんな中、先日このような記事を雑誌で見つけて、本当に世の中が変わったな…と驚いたのでご紹介したいと思います。

水曜日無料体験講座②
↑ 毎週水曜日に行われる手まり1日無料体験講座に参加の皆さん

若者に針仕事や編み物をさせると、いくつかの点で以下のような効能が期待できるとのこと。先ずは針仕事の特徴として…   
1)針仕事は個人的な活動であると同時に社交的な活動である。
2)針仕事はゲームと同様に技術が必要な趣味である。
3)難しい段階に挑戦していき、作品を完成させれば大きな達成感が得られる。
4)自分の個性をはっきり視覚的に認識できる。
…などが挙げられます。

水曜日無料体験講座①
↑ 水曜日のてまり1日無料体験講座(材料費は別途必要)

そのため自我が強調されてくる10代の若者が手工芸品を作るという作業は、自分独自のアイデンティティーを明確な形として残せることから、賢いながらも創造力豊富な方向へ向かわせる方法のひとつとして有効だというのです。

ウンパ
↑ 家で育てているウンパ(움파;ひこばえ葱)
冬の間に買った葱を植えて育てたらこんなに大きくなりました。

そしてその結果、得られる効能として
1)針仕事は集中力を形成し、注意力散漫を緩和することが期待できる。
2)針仕事は創造力や思考力も養成できる。
3)針仕事は数学能力・運動能力も強化できる。
※運動能力って手先が器用になるってことかな??(幽談)
…などが考えられるというのです。

ウンパパジョン
↑ 先日のhyanri氏とSY氏の会食会の食卓にもパジョンとして使いました~

韓国では初等教育において、針仕事をする機会がかなり限られていますが、最近、韓国で注目を集めている代案学校採用のドイツ・バルトループ(Waldorf)式教育では、小学校の段階から針仕事を非常に熱心に教えるそうです。また、隣の日本でも小学校4学年になると裁縫道具をひとりひとり学校で準備し、それをずっと使い続ける人もいるそうですね?韓国でも確実に変わって来ていると感じることもありますが、それでも閨房工芸に長年携わってきたひとりとして、針仕事の楽しさを積極的に伝えていく責務を感じています。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
유기の手入れ法
韓国のスプーンのお手入れの方法。
写真のスプーンは유기ですか? ステンレスですか?
真鍮製(유기)のスジョや器もアルミホイルで包んで
お鍋で煮ればいいんでしょうか?
유기の手入れの仕方が知りたいです。

日本は小学生のときから家庭科でお裁縫を習うから、
ポジャギやキルトが好きな人が多いんでしょうね。
それがそんな効果があるとは!?
[ 2012/03/23 15:16 ] [ 編集 ]
何でも…
>shivaさんへ

写真のスプーンは銀食器らしいです。

真鍮の食器は昔は屋根の瓦を砕いて、その粉を藁に付けてこすって落としたらしいですが、もちろん現在ではそんなことする人はいないです。

…それで、真鍮の手入れですが、何でも綺麗にするための専用の磨き粉があるそうです。名前は忘れたらしいですが、市場に行けば売っているとのこと…。その磨き粉で洗い落とせば綺麗になるらしいです。

日本の小学校家庭科にそんな威力があるのかは、少々疑問が残るところですが(苦笑)、10年ほど前には見ることもなかったお菓子を手作りするための道具や材料も、最近急に増えましたし、李先生のいうように、短期間で急激に人々の考え方が変わっているみたいです。

ちょっと前は顧みられることなんて全くなかったのですが、最近ではパティシエとかソムリエとか料理研究家なんかも注目を浴びてますし…。

食べていくのに精一杯…という段階を抜けると、手作りとかそういうものに目が行くようになるんでしょうねぇ~。
[ 2012/03/23 19:52 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
ゴーストさん
真鍮専用の磨き粉があるんですね!?
今度、市場で探してみます。
ありがとうございました。

そうそう、ちょっと前まではソウルでシェフや料理研究家で有名になる人なんてほとんどいませんでしたけど、最近は話題になる人も増えていますもんね。
やっぱり考え方が変ってきているんですね〜。
[ 2012/03/25 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。