てまりについて[再録]

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

てまりについて[再録]

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

この回顧シリーズに際して、同じ記事の再録なんて読者さまに受け入れてもらえるだろうか??と、少々心配もしておりましたが、新規生徒さん方には概ね好評のようでホッとひと安心しております。

常連の生徒さんからもご理解頂いているようで本当に有難うございます。m(_ _)m

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

てまり完成品写真

手まりは日本でもそうでしょうが、昔は新年に1年間の福を願って作られたものでした。

また婚礼や出産の時に祝福の意味を込めて送りあったともいわれています。

三国時代(注1)には綿糸で手まりを作り、遊んでいたと伝えられています。

針を進める場所が全て決まっているので、ちょっとでもボケッとしていたりすると作品が台無しになることもあります。

他のことを考えず、ただ黙々と針が進む先だけを見ていなければ作り出せない手まりの美の世界を考えると、自分の人生もこうありたいな…と思うことがあります。

そして丸い玉をいつも扱いながら長い時間を過ごして来たことで、昔は角張っていた性格も少しは穏やかになったような気がします。

これは色使いにも表れていると思います。

以前は好きな色と嫌いな色を分けることが多かったのですが、最近ではどんな色でも選ばないように心がけています。

それよりも「どうしたら調和させることができるのかを考えること」が最も重要なことなのだと考えるようになりました。

自然が作り出した色は全て美しいと思います。

沢山の色を調和させるように、色糸がいつもまっすぐに1つの道だけを行くように、全ての人がお互いを思いやれるようにと願いながら、いつも手まりを作っています。

(手まりの作り方)
材料:スチロール芯、綿、針、綿糸、各種色糸

てまり作成法01
1) スチロール芯に綿をつけ、綿糸を幾重も巻きつけて綺麗な球体を作ります。
(幽談:これ李一家の男性方も上手いですよねぇ~。初めて見たときビックリしました!綺麗な球体にするのが初心者には難しいんですけどね…。)

てまり作成法02
2) 球体に巻尺で8等分に分けた後、さらに6等分します。

てまり作成法03
てまり作成法04
てまり作成法05
てまり作成法06
3) 8面に色糸でY字を作るように糸を配置すれば出来上がり。

あとはそれぞれの色糸を組み合わせて刺繍して行けば色とりどりの手まりを作ることができます。

参考として、手まりの基本となる8等分6面を作る方法が、ダムル工房のカフェに詳しく掲載されているのでご覧下さい。
(幽談:右側にダムル工房のカフェがリンクされています。)

(幽の補足説明)
注1;三国時代(삼국시대)とは紀元前1世紀から紀元後7世紀ころまで、北の高句麗、南の新羅、百済という3つの国が並存した時代のことをいいます。(但し、日本の朝鮮史学会では4世紀から7世紀ごろまでの時期を指します。)

百済は日本史にも登場する国なので、ご存知の方も多いと思います。

特に中学校の日本史テストでよく出題される663年の白村江の戦いは有名ですよね。この戦いで新羅に敗れた百済人の多くは日本に渡来人としてやって来て、日本古代国家の建設に大きな役割を果たすことになります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2014/02/18 10:24 ] 手まり | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。