聡明湯(총명탕)[再録]

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聡明湯(총명탕)[再録]

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

この回顧シリーズに際して、同じ記事の再録なんて読者さまに受け入れてもらえるだろうか??と、少々心配もしておりましたが、新規生徒さん方には概ね好評のようでホッとひと安心しております。

常連の生徒さんからもご理解頂いているようで本当に有難うございます。m(_ _)m

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

聡明湯(총명탕)20130129-004
↑ 聡明湯とは朝鮮王朝時代の医者として有名な許峻が記した『東医宝鑑』に記されている薬膳です。

効能として物忘れがひどくなった時の治療薬として紹介されています。

また長く服用すると、1日に1000個の言葉を覚えられると言われ、時節柄受験生の子供を持つ母親たちにとっては耳寄りな朗報かもしれません。

作り方は茯神(복신)、遠志(원지)、石菖蒲(석창포)の3種類を全て同じ量だけ刻み、3匁ずつの水で煮詰めて完成です。
※1匁=約3.75グラム

他にも粉末にして2匁ずつ、1日に3回、お茶にまぶして飲んでもいいです。

聡明湯(총명탕)20130129-001
↑ 茯神は甘淡、平、入心、脾經、寧心、安神、利水に効果がありますが、血虚な人は服用をしてはならないそうです。

聡明湯(총명탕)20130129-002
↑ 遠志は甘草を煮詰めて冷ました後、芯を取り除いて生姜汁で加工したもののことを言います。

効能は辛苦、微温、入、肺、腎經、寧心安神、祛痰開竅、解毒消腫などですが、去心をせずに服用すると胸が苦しくなるという症状を引き起こすこともあります。

聡明湯(총명탕)20130129-003
↑ 石菖蒲は辛苦、微温、入心、肝、脾、豁痰開竅、化湿和胃、寧心益志に効能があります。

香りはとても良いのですが、血が少ない人や汗かきの人は飲んではならないとされています。また、気虚で体が弱い人も相当に気をつけて飲まないと危険なものと書かれています。

なおこれらの材料は、ソウルならば薬令市として有名な京東市場など、各種漢薬剤の店で簡単に購入できます。

物忘れがひどくなったなと感じたり、記憶力を上げたいと考えている人はお試しになってみるのもいいかもしれません。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2014/02/13 10:23 ] 韓国料理 韓国料理豆知識 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。