チャプチェ(雑菜)の話[再録]

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャプチェ(雑菜)の話[再録]

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

この回顧シリーズに際して、同じ記事の再録なんて読者さまに受け入れてもらえるだろうか??と、少々心配もしておりましたが、新規生徒さん方には概ね好評のようでホッとひと安心しております。

常連の生徒さんからもご理解頂いているようで本当に有難うございます。m(_ _)m

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

チャプチェ02

チャプチェ(雑菜)は朝鮮王朝時代にイチュン(이층)という人物が王に献上した料理と言われています。

王がその味をとても気に入ったため、王の関心を得て戸曹判士(注1)にまで登りつめたという話もあるほどです。

チャプチェは1670年『飲食知味方(음식디미방)』(注2)という書籍の記録が最古の文献といわれ、正祖大王(注3)が顕隆園(注4)で行う行事内容を整理した『園行乙卯整理儀軌(원형을묘정리의궤)』に記載されています。

当時は現在使われているタンメンを使っていませんでした。

けれども1912年に中国のタンメン技術を学んだ日本人が、平壌にタンメン工場を建て大量生産をするようになり、チャプチェにタンメンを使うようになったといいます。

またチャプチェは慶尚道の郷土料理でもありますが、見た目より手間がかかる料理の代表と言われているからか、日常的に作って食べるというよりは何か特別なことがあった日に食べたと言われています。

(チャプチェの作り方)
チャプチェ01

材料:牛肉、シイタケ、玉ねぎ、人参、ホウレン草、タンメン、錦糸卵

ヤンニョム(調味料):ごま油、ニンニク、生姜、ねぎ、醤油、ごま塩、胡椒

1) 牛肉とシイタケを細切りにします。
2) 玉ねぎと人参も細切りにして、炒めます。
3) ホウレン草はゆでた後、塩とにんにくを入れて和えます。
4) タンメンはゆでてから、醤油と水を少しいれて引っ張りながら混ぜます。
5) その他の材料を全部入れて、ごま油と胡椒を入れて混ぜ合わせます。

後はお好みの器によそって食べて下さい。

(幽の補足説明)
注1;戸曹判士(호조판사)とは戸曹判書という高麗時代からある官庁の長官の役職です。主に国家財政や税金に関係する仕事をする部署で、現在の日本なら財務省の大臣が一番近い役職でしょうかね。

注2;『飲食知味方(음식디미방)』とは朝鮮王朝後期に安東地方にいた鄭某さんの奥さんだった安東張氏(1598~1680)という女性が書き残した料理書です。娘や嫁に家の味を伝えるために書いたそうです。146項目にもわたる料理法が書き残されているだけでなく、ハングルで書かれた最初の料理書でもあり、当時の朝鮮半島に住む人々が何をどうやって食べていたのかを知らせてくれる貴重な史料として有名です。

注3;正祖大王(정조대왕)は、現在NHKで深夜放送されている「イサン」を見ている人なら知っているでしょうか??そのドラマの主人公です(笑)。朝鮮王朝第22代目の王として、復興期を担った天才君主と言われた人物です。お父さんが殺されちゃうのを若くして目撃したりと、結構波乱万丈な人生を送った王様です。

注4;顕隆園(현륭원)とは王陵の名前です。正祖が政争で敗れて非業の死を遂げた父を水原のこの地に移したのが始まりといわれます。現在では水原の華城と呼ばれています。世界文化遺産に登録されているので知っている人もいるのではないでしょうか??日本人観光客も沢山訪問している観光地になっています。近くにある水原カルビのお店が美味しかったなぁ~(笑)。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2014/01/28 10:47 ] 韓国料理 韓国料理豆知識 | TB(-) | CM(4)
ゴースト様。オレンマニエヨ。
チャプチェ大好きです^ ^
時々作って食べますが、麺とソースがセットになっているお手軽なものなので、本場の味には及ばないかも。

今こちらでは東京国際キルトフェスティバルが開催しています。ポジャギの作品も素敵なのが飾られていましたよ。あっ、チョガッポですね。
私は今メドゥプに夢中で材料をまたまた買ってしまいました。
でも韓国のほうが随分やすいです。
またお買い物にいきたいな^ ^

つぎはぜひダムル工房にも行かなくちゃ^ ^
[ 2014/01/28 23:08 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!!
> デイジィ氏

お久しぶりです。

東京国際キルトフェスティバルですか!!

ソウル国際キルトフェスティバルもあるにはあるのですが、日本の方がファブリック愛好者が多いからなのか、東京の方が出店も出品作品も本当に質が高いですよね??

幽は東京に住んでいた頃に行ったきりですが、また行ってみたいですねぇ~。

機会がありましたら、是非ダムル工房にもお立ち寄り下さいね!!
[ 2014/01/31 00:44 ] [ 編集 ]
ゴーストさんは東京にもお住まいだったのですね。

今年のキルトフェスティバルはムーミンの絵をキルトにしてあったり、楽しい展示がいっぱいでした。

ソウルにもキルトフェスティバルがあるんですね^ ^

あっ、旧正月おめでとうございます。

楽しい休日をお過ごし下さいね^ ^
[ 2014/02/01 09:03 ] [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2014/08/01 10:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。