糸巻き[실패](再録)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糸巻き[실패](再録)

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

この回顧シリーズに際して、同じ記事の再録なんて読者さまに受け入れてもらえるだろうか??と、少々心配もしておりましたが、新規生徒さん方には概ね好評のようでホッとひと安心しております。

常連の生徒さんからもご理解頂いているようで本当に有難うございます。m(_ _)m

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

糸巻き08
糸巻き02
↑ 刺繍が施された糸巻き

糸巻き(실패)とは、糸が絡まらないように巻きつける裁縫道具のひとつです。

昔は黍の茎や小枝などに糸を巻きつけることから始まりましたが、次第に様々な種類の糸巻きが生まれました。

糸巻き09
糸巻き10
↑ 布の端切れで作られた糸巻き 

素材も骨や布や木など色々あり、中には華角のような芸術品と言ってもいいほどの細工が施された糸巻きなどもあります。

糸巻き03
↑ 廃材で作られた小枝の糸巻き

糸巻き06
↑ 丸い筒状のものもありました。

ほんの数十年前までの洗濯は、現在のようにそのまま衣服を洗いませんでした。

洗濯する前は必ず衣服の糸をほどいてバラバラにし、それを川に運んで洗ったのです。

その時にほどいた糸は捨てられることなく、糸巻きに巻いて糸束を作ります。そしてその糸は簡単な衣服の繕い物やしつけ糸として使われていたのです。

糸巻き01
↑ 上流階級が使っていたと思われる木材に漆を塗った後、螺鈿を施した糸巻き

糸巻き04
↑ 糸を巻く部分が上下左右の4箇所あり、より多くの糸を巻きつけることができる糸巻き

朝鮮王朝に広く普及していたと思われる糸巻きは、長方形で縦10~25cm×横3.5cm×厚み1.4cmのものでした。

糸巻きの長さが短いものは1種類の糸だけ巻き、長いものは糸の太さ、用途、色などによって2種類以上の糸を巻いて使っていたようです。

糸巻き07
糸巻き05
↑ 朝鮮王朝時代に最も普及したいたと思われる木製の糸巻き

昔の迷信にも糸巻きの糸をしっかり沢山巻いておけば着る物に困ることはなくなるが、糸巻きをなおざりにすれば両親が早く死ぬといわれていました。

他にも糸巻きの糸を広い間隔で巻けば旦那が浮気をするなどの迷信もあり、これは女性たちに糸巻きに糸を巻くという仕事はとても重要なものなので一生懸命こなしなさい…ということを伝えたかったのだと思います。

糸巻き11
↑ これは数年前カナダへ旅行した時に買い求めた糸巻きです。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2014/01/02 10:28 ] ポジャギ 閨房工芸豆知識 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。