韓国の布~ハンラ~(再録)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国の布~ハンラ~(再録)

李先生からの要請で以前一度載せた記事を再録させて頂きます。

前回のパヌチル技法の再録同様に、韓国の布についても新規の生徒さんから質問が相次いでいるそうです。

よって、常連の生徒さんには申し訳ありませんが、再度韓国の布シリーズも再掲載させて頂きます。

以下、以前書いたものと同じ内容になります。

↓   ↓   ↓

韓国の布01ハンラ

韓国は四季が明瞭なため、季節に合わせて布の種類も色々あります。

春・秋はスコサ(숙고사)、チンジュサ(진주사)、カプサ(갑사)などの紗(사)の種類。

夏はモシ(모시)、ハンラ(항라)、オクサ(옥사)、ノバン(노방)。

冬は雲紋緞(운문단)、貢緞(공단)、桃榴佛手緞(도류불수단)などの緞(단)の種類が使われます。

このなかでチョガッポ(조각보; 注1)に多く使われる布からまとめたいと思います。

日本人の生徒さんが好きなハンラ(항라)は、紗(사)の種類の布と同様に、人によって作り出された布といえます。

絹糸4筋が1組となって織られた布で、かすみ網(새그물;注2)のような布だと言われることがあります。

横糸数筋の平織りに縦織りを1度ねじ込み、再度平織りをすることで、規則的に繰りかえす横線の模様が表れる織物となります。

模様がないハンラは「ミンハンラ(민항라;無紋亢羅)」

模様があるハンラは「ムンハンラ(문항라;紋亢羅)」

シルクを沢山入れて織ったハンラは「タンハンラ(당항라;唐亢羅)」と呼ぶこともあります。

新羅時代(신라시대;注3)にハンラの製作が活発になり、冠帽や衣服によく使われたといわれています。

(幽の補足説明)
注1;韓国では、余った端布(조각)をつなぎ合わせたパッチワーク作品のことをチョガッポ(조각보)といいます。

日本に誤って広がってしまったポジャギ(보자기)という言葉は、こちらではもともと「風呂敷」を意味する言葉です。

つまり物を包んで運ぶ大きな布なら、パッチワーク作品でなくても全て「ポジャギ」というわけです。

日本には間違った言葉が先に流入し、定着してしまったようです。

注2;かすみ網(새그물)とは、細い糸で編んだ網を空中に渡して、野鳥を捕らえる道具です。

注3;新羅時代(신라시대)とは、三国時代に朝鮮半島の南にあった新羅が、7世紀中ごろに半島全土を統一した時代を指します。

10世紀に高麗という国家に滅ぼされるまで続きました。首都は金城(現在の慶州)で、この都市は韓国の古都といわれ、日本の京都のような位置づけにある都市です。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/12/06 10:15 ] ポジャギ 韓国の布 | TB(-) | CM(2)
なるほど^ ^
ゴーストさん、すごく勉強になります。韓国のパッチワークはチョガッポと言うのが正しいのですね。
ポジャギが風呂敷という意味なのは知っていましたが、私もすべてがポジャギだと思っていました。
布もモシしか使ったことがありません。夏でも冬でもモシばかり^ ^

セットンっていうのは絹ですか?
そういえば、カンジャンシジャンでポリエステルの地模様のある生地を以前買いました。

いろいろな種類の生地があるんですね。

メドゥプの紐も買ってきたので、モシと合わせて可愛い小物をつくりたいな〜^ ^
[ 2013/12/06 19:24 ] [ 編集 ]
有難うございます。
>デイジィ氏

→ 李先生から新規の生徒さんのために、以前の記事そのままの再録を頼まれた時、本当に需要があるの!?と半信半疑デシタ…。

けれどもデイジィ氏のような生徒さんには再録記事でも喜んで頂けたようで、ホッとしています。

ちなみにセクトンについても、これから続く「回顧シリーズ」でそのうち再録されますけれど、もし良ければコチラをご覧下さい。

http://damurukobokorea.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

ちなみに読んで頂ければ分かるようにセクトンは布の種類というよりは、魔よけの紋様と考えて頂ければ…と思います。

昔はシルクの端切れを繋ぐことによって、セクトン紋様を作っていましたが、現在はシルクからポリエステルなどの化学繊維まで幅広くありますよ。
[ 2013/12/06 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。