ダムル工房満員御礼!?

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダムル工房満員御礼!?

満員御礼20131128-013
↑ 李先生にヤボ用があり、久しぶりにダムル工房へ顔を出すと、チョガッポ部屋は満員御礼!!

李先生と生徒さん6名、合わせて7名もの人がいて幽が入る隙間などありません!!あぁ~、ビックリした!!

でも常連さんの中には「あそこにどうやって7名もの人が!?」と驚く人がいるかもしれませんね??

実は最近のダムル工房は、有り難いことに生徒さんが増えて来てちょっと手狭になって来ていました。

そのため李先生が大英断(?)で、2003年創業以来10月末と11月初めの2回にわたり、大整理をしたのでした!!(←写真を撮るような暇が全くなかったので、記事に出来ずに悔しい!!)

李先生、延氏、幽の3人で行ったのですが、もう埃まみれ、真っ黒けになりマシタヨ…。やっぱり整理というのはモノを捨てるしかないんだ…と、心底痛感させて頂きマシタ…。

しかしその甲斐があったというもんです!!

昔を知る常連生徒さん、ホンノ少しだけスッキリした工房を見たら、幽たち3人を褒めて下さいネ!!(苦笑)

満員御礼20131128-005
満員御礼20131128-006
↑ さて身の置き所がない幽が隣のてまり部屋に行くと、こちらにも生徒さんが…。

かなりの大作に挑んでいらっしゃいました!!

満員御礼20131128-001
満員御礼20131128-002
↑ そしてお昼時になったのですが、さすがに両部屋合わせて9名の人数となると、工房で出前を頼むことは不可能。

久しぶりに大学路で魚から肉、ついでに鍋モノまで、色々何でも食べられる「コサムイ(고삼이)」へ行くことに。

満員御礼20131128-003
満員御礼20131128-004
↑ ジャーンッ!!総勢9名ともなると、色々な料理を取り分けて食べられるので嬉しいですね??

満員御礼20131128-007
↑ 食事が終わると後半戦、午後からも作品づくりを頑張ります。

満員御礼20131128-008
↑ 李先生は2つの部屋をあっち行ったり、こっち行ったり、忙しそう…。

満員御礼20131128-009
満員御礼20131128-010
↑ こちらの韓国人生徒さんは遠く釜山方面から、KTXに乗ってわざわざソウルまで通っていらっしゃるそうな…。

大変じゃないですか??と聞いたら、前日に移動し息子さんの部屋から朝こちらにいらっしゃるんだとか…。

泊り込みで趣味のために習いに来るなんて、韓国も数年前と比べて随分変わったものです。

満員御礼20131128-011
↑ そうそう、話は変わりますが…。

延氏が作っているポインセチア模様のてまりを見ると、そろそろクリスマスなんだなぁ~っと思います。

ダムル工房のてまりクラスでは、クリスマスシーズンの定番作品なんです。ここからもブログ記事の時差がかなり狭まってきていることを感じて頂けるでしょうか??(苦笑)

満員御礼20131128-012
↑ こちらも延氏の作品。初めてまだ1年くらいなのに、上達が早いですねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/11/28 10:17 ] 手まり | TB(-) | CM(2)
行ってきました(^ ^)
ゴースト様
先日コメントしましたデイジィです。
25日にニューシンサに行ってきました。おかげさまですぐにわかりました。
お店のアジュンマがとっても親切で、一生懸命メドゥプの作り方を教えてくださり、たくさんのおまけの紐もつけてくださり、感激しました。
私の超初心者なハングルでもなんとか意思疎通ができました。

お買い物の後写真も一緒に撮ってもらって良い思い出になりました。
また行きたいとおもいました。

ホントに教えていただいてありがとうございました。
[ 2013/11/28 22:23 ] [ 編集 ]
よかったです!!
>デイジィ様

無事にたどり着けてヨカッタです!!

良い思い出が出来たようで安心しました。
[ 2013/11/29 08:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。