宿所情報について

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宿所情報について

宿泊所情報01
↑ 昨日は3月14日のホワイトデーでしたねぇ~。道のあちこちに屋台が出ていました。

宿泊所情報02
↑ こういうカゴにぬいぐるみとキャンディーが入っているのが基本です。大学路にはこのカゴを持ったカップルが沢山歩いていましたぁ~。これから演劇でも観るのでしょうか??

本日も何故かゴーストライターがレポートします。最近多くないかな??気のせい??李先生の記事を楽しみにしている方には申し訳ありません…(苦笑)。

ダムル工房にポジャギ修行に来たいけれど、工房に近くて便利で、可能なら格安な宿泊場所を紹介してもらえないか…というお問い合わせを受けました。

そのためこの際ブログでダムル工房の日本人弟子御用達の宿泊所「大学路マイホームリビングテル」をご紹介しておこう…ということになりました。

↓  ↓  ↓ ここをクリック!!
マイホームリビングテルHP(韓国語)

基本的にこの宿泊所は韓国語でコシウォン(고시원;考試院)と呼ばれる施設に一番近いです。公務員試験などに挑戦する学生や社会人たちが、生活に必要最小限のスペースと施設で格安に長期間滞在するためにつくられた施設です。ちなみに写真はオーナーさんの許可をもらって掲載しています。

宿泊所情報03
↑ マイホームリビングテルの外観

普通は大学の周囲に沢山あるものですが、ここは大学路という土地柄、必ずしも大学生だけというわけではないようです。

けれども原則的に、このような施設は韓国人でも1ヶ月以上の滞在者のみ契約できる宿泊所です。一般的には短期滞在者の受け入れは行っていません。

宿泊所情報04-1
宿泊所情報04-2
↑ 1泊20,000ウォンの部屋(トイレ、シャワー全て共同)

けれども、李先生とここのオーナーが友人とのことで、空き室があった場合に限り、格安の値段で提供してくれる約束になっています。

宿泊所情報05
宿泊所情報06
↑ 1泊40,000ウォンの部屋(個室のシャワー施設有り)

価格は、室内にシャワーがない部屋は1泊20,000ウォン、シャワー付きの部屋は1泊40,000ウォンです。宿泊は1泊から可能です。

けれども1ヶ月以内で宿泊する場合は、必ず李先生を通して、直接オーナーに話を通さないと、断られてしまいますので充分に気をつけて下さい。

宿泊所情報07
↑ 廊下

どちらの部屋にも、エアコン、テレビ、冷蔵庫、本棚、クローゼット、ベッド、インターネット回線、消防施設が準備されています。

そして李先生紹介の日本人に限り、一般的には準備してもらえない布団と枕もあります。(普通は布団と枕は自分達で準備しなければならないことになっています。)

宿泊所情報08
宿泊所情報09
宿泊所情報14
↑ シャワー、台所などの共同設備

シャワー、トイレ、台所、洗濯機などは各階ごとに共同使用です。男性と女性については、入り口は1つですが、各階で分かれているので安心です。

1ヶ月以上滞在の場合は直接HPから予約することができ、実際滞在者の多くは近くにある成均館大学の語学堂に留学している中国人が多いそうです。

宿泊所情報12
宿泊所情報13
宿泊所情報10
↑ トイレ、洗面所、洗濯機も各階で共同です。 

しかし繰り返しますが、くれぐれも1ヶ月以内の滞在の場合は、先ずは李先生に連絡を入れ、李先生からオーナーに直接連絡することのみで受け入れ可能ですので充分に気をつけてください。また満室の場合は申し訳ありませんが、利用できません。

それから支払い方法は、到着した当日にホームテルの相談室にて現金前払い制になっています。長期滞在する人はあらかじめ滞在費を準備していって下さい。クレジットカードの支払いはできません


はじめて大学路を訪問した人のためにマイホームリビングテルまでの行き方も紹介しますね。

宿泊所情報15
宿泊所情報16
↑ 先ずは地下鉄4号線「恵化駅」1番出口で降りてください。

宿泊所情報17
↑ すぐ目の前にある道を右に曲がって下さい。

宿泊所情報18
宿泊所情報19
↑ 10mほど歩くと右手に1軒目のスターバックス、左手にコンビニエンスストア「GS25」があります。

宿泊所情報20
ユガネタッカルビ
↑「GS25」の道向こうは「ユガネ(유가네)」というタッカルビの店があります。ここは安くて美味しいです。

宿泊所情報21
↑ さらに進むと日本ラーメンの店「火の味(히노아지)」もあります。佐賀ラーメンらしいですが私は食べたことありません。

宿泊所情報22
↑ ここまで来ると、この辺のランドマークになっている東祟アートセンターが見えてくるはずです。以前このブログでも「龍の華麗な復活展」を紹介しました。

宿泊所情報23
↑ 東祟アートセンターの隣は仏教のお寺になっています。

宿泊所情報24
↑ 実は東祟アートセンターとお寺の間の道に近道があるのですが…

宿泊所情報25
↑ このように階段があるので、初めて来る時はスーツケースがあるかもしれないことを考慮し、普通の公道から行く方法を…(笑)

宿泊所情報26
宿泊所情報28
宿泊所情報27
↑ お寺の前を通りすぎると、右手にコーヒーチェーン「BEANSBINS COFFEE」、左手にファミリーマートと2軒目のスターバックスが見えてきます。

最近一度姿を消したスターバックスがまた沢山復活してるなぁ~。何故だろう??

※2013年3月現在、左手のコンビニエンスストア「ファミリーマート」は、韓国ブランドのコンビニ「CU」という看板に変わっています。

宿泊所情報29
↑ スターバックスとファミリーマートに挟まれた道を登って行きます。

宿泊所情報30
↑ どんどん進んで行くと、右手にチョンククジャン(청국장)専門店が見えます。ここはランチになると人がいっぱいになる有名店です。牡蠣のカルククスもとっても美味しいです。お薦め店です。

宿泊所情報31
↑ さらに進むと左手には古風な理髪店も見えてきます。

宿泊所情報32
↑ さらに進むとマンションの中にあるオリニチプ(어린이집;保育園)の看板が見えてきます。

宿泊所情報33
↑ ここまで来るとこのような建物が見えてきます。ここを通り過ぎず左に曲がって下さい。

宿泊所情報34
↑ この建物の間にある坂道を上がって行きます。

宿泊所情報35
↑ 上りきると、マイホームリビングテルの看板が見えてくる筈です。

もし短期ポジャギ修行をご希望の方で、この宿泊施設を利用したいという方がいらっしゃいましたら、コメント欄の「管理人のみ閲覧」にチェックを入れ、メルアドを送って下さい。もちろんダムル工房宛てメールでも結構です。

追ってこちらからご連絡差し上げます。それでは本日はゴーストライターが出張ってしまって申し訳ありませんでした(苦笑)。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/03/15 10:24 ] 雑談(その他) 宿泊関係 | TB(0) | CM(4)
追加情報として
これだけみたら
めっちゃ安くて良い所みたいなので・・・補足^_^;

ホテルと違うのは
タオル類は自分で準備しておかないとダメです。
私は最初数枚しかもってなくて
あわてて東大門に買いに行きました。
あと、
シャワーとか台所、トイレなどは足元濡れているので
草履(ビーサン?)も絶対に必要。

貸してもらう布団とかは洗っているかどうかあやしいので
気になる方はシーツを!

あ、ハンガーもないので慌てて買いました(苦笑)

と、もろもろ必要なものがあるので
荷物が増えることは必須ですのでご注意を。

ちなみに、白米とキムチは常備されています。
私はキムチは食べたことないけど、
たまにおにぎりにして工房でこっそり食べたりしてました。

管理人のお兄さんは毎回違うわ、日本語全く通じないわ
電話してもいないことも多いですが、親切な人が多いです。
もちあげてんだか、さげてんだかわからん情報でした(^_^)
[ 2012/03/15 19:12 ] [ 編集 ]
貴重な意見をありがとう~!!
sono氏~

貴重な意見、ありがとう!!さすが、実際の使用者の意見、滅茶苦茶参考になるねぇ~。

そうだった、たしかにゴムサンダルは必須だって聞いてます。

ちなみに、私の部屋にホームテルで泊まった人が置いていったゴムサンダルみたいな室内草履があるんで、もし欲しい人がいたら連絡していただければ、差し上げます!(笑)

ハンガーも言っていただければ、貸し出せますよぉ~。
sono氏、毎回ハンガー持って来てたの??言ってくれれば貸すのに~。

あと、管理人に言えば、インスタントラーメンもくれるそうです。以前は台所に置いていたそうですが、ある時から置くや否や全てのインスタントラーメンが消えてしまうようになったので、申告制に変えたそうです。

あと、ご飯も朝見た時に「沢山あるなぁ~」と思っていたら、20分後に見た時は空っぽになっていた時がありました…(苦笑)。

どうも中国人学生がご飯を見つけると同時に、すべてタッパに入れて持っていってしまうらしいです~。

シーツは目からウロコだった…。これから友人が来る時は1セット準備しておこうかな…。
[ 2012/03/15 22:21 ] [ 編集 ]
日本語の地図
マイホームリビングテルのHP、クリックしても繋がりませんでした(^^;)
で、僭越ながら日本語の地図のURLを載せておきますね。

☆「マイホームリビングテル」
住所:鍾路区東崇洞(トンスンドン) 2-4/종로구 동숭동 2-4
http://map.konest.com/saddr/1111016800%7C2-4?ln=1&stype=all&cp=1&cx=312315&cy=554048&lv=11&info=to&idx=47280

☆「ダムル工房/다물공방」
住所:鍾路区東崇洞129-140 /종로구 동숭동 129-140
http://map.konest.com/saddr/1111016800%7C129-140?ln=1&stype=all&cp=1&cx=312541&cy=553642&lv=11
オレンジの1番のところです。
[ 2012/03/16 13:02 ] [ 編集 ]
何故でしょう??
韓国の李先生のPCや私のPCだときちんとリンクされているのですが…。どうして開かないのかなぁ~??

日本からアクセスできないとか??まさかね…。

とりあえずご指摘ありがとうございます。いつも色々コメントして頂いて有難うございます。
[ 2012/03/16 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。