料理教室レポート(その3)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(その3)

料理教室レポ(その3) 20131106-001
↑ 最後の3品目は、ご存知チャプチェ~。

このブログでもお馴染みです!!

料理教室レポ(その3) 20131106-002
料理教室レポ(その3) 20131106-003
料理教室レポ(その3) 20131106-004
料理教室レポ(その3) 20131106-005
↑ チャプチェに入れる具材をひたすら千切りにしていきます。

料理教室レポ(その3) 20131106-006
料理教室レポ(その3) 20131106-007
↑ 次にフライパンで軽く炒めたチャプチェを下味をつけた出汁で茹でます。

こうするとチャプチェに味がよく絡みます。

料理教室レポ(その3) 20131106-008
料理教室レポ(その3) 20131106-009
↑ あとは千切りした野菜をそれぞれゴマ油で炒め、軽く塩コショウで味付けして茹でたチャプチェに投入~。

料理教室レポ(その3) 20131106-010
料理教室レポ(その3) 20131106-011
↑ 手でしっかりと混ぜ合わせます。

料理教室レポ(その3) 20131106-012
↑ 味見をして、お好みの味に調節してください。

料理教室レポ(その3) 20131106-013
↑ 器に盛り付け、錦糸玉子を飾れば出来上がり!!

料理教室レポ(その3) 20131106-015
料理教室レポ(その3) 20131106-014
↑ 3品とも完成したので、お楽しみの試食会の始まりです~。

新村A氏だけでなく、当時チョガッポ短期修行に来ていた東京Y氏もギリギリ間に合いマシタ!!

料理教室レポ(その3) 20131106-016
↑ 皆で「イタダキマッ~ッス!!」。

徳島M氏、とっても美味しく出来ていましたヨ!!ご馳走サマです。

料理教室レポ(その3) 20131106-017
料理教室レポ(その3) 20131106-018
↑ デザートには、なんと新村A氏が作って来てくれたコンシルトッが出て来ました!!

こんなの自宅で作ってしまうなんて、尊敬シマス!!

餅屋で売っているのと全然変わらない、本当に美味しいお餅でした!!こういうデザート作れる人って本当にウラヤマシイ…。

料理教室レポ(その3) 20131106-019
↑ 最後に徳島M氏と李先生夫妻と記念写真!!

徳島M氏、料理教室お疲れサマでした!!

またダムル工房に遊びに来て下さいネ!!!





<ポジャギ展示会情報>

展示会情報20131029
↑ ポジャギ展示会『四季~華が咲く~』ポスター(←クリックで拡大)

オセクヌリ(오색누리)2回目展示会
『四季~華が咲く(꽃이 피다)~』

日時: 2013年11月13日(水)~11月19日(火)
時間: 10:00~18:00
場所: 仁寺洞 耕仁美術館(경인미술관) 第6展示場
(←クリック!!)

この時期仁寺洞方面へ行かれる方は、是非足をお運び下さい!!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/11/07 10:22 ] 韓国料理 料理教室レポート | TB(-) | CM(2)
首を長くして待ってました。
お久しぶりです。
上野見てきました。前回伺ったとき
作成されてたイタリアンシルクの作品
とても素敵で感動しました。
sono氏と並んで展示されていたのも
なんだか嬉しくて、、、
が、きん氏のコメントと同じです。
皆さんの作品が「しわ」「しわ」
信じられない展示に、
声を大きく「どうして!」とつい。
全体にも展示が味気ない感がありました。
来年はリベンジだ!です。
[ 2013/11/07 09:51 ] [ 編集 ]
本当に済みません…
>埼玉TK氏

わざわざ足を運んで頂いたのに残念な結果になってしまい、本当に済みません!!

本当に来年は気をつけないといけませんね!!

肝に銘じておきます。
[ 2013/11/07 15:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。