料理教室レポート(その2)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(その2)

料理教室レポ(その2) 20131105-001
↑ 料理教室の2品目はタットリタン!!

料理教室レポ(その2) 20131105-003
↑ こちらは材料の鶏肉。

タットリタンとは、あえて訳せば鶏肉の甘辛煮ですかね??

韓国料理の中では比較的辛くない料理なので、幽は大好きデス!!

料理教室レポ(その2) 20131105-002
料理教室レポ(その2) 20131105-004
料理教室レポ(その2) 20131105-005
↑ 李先生のタットリタンは、食堂にはないファンテ(干しスケトウダラ)が入っているのが特徴的…。

ファンテにも味が染みて、李先生いわく「鶏肉よりファンテの方が美味しい!!」んだとか…。

料理教室レポ(その2) 20131105-006
↑ 材料を全て適当な大きさに刻んだら、フライパンにたっぷりの油を注いで熱します。

料理教室レポ(その2) 20131105-007
料理教室レポ(その2) 20131105-008
↑ そこにニンニクと乾燥唐辛子を入れ、よく炒め~

料理教室レポ(その2) 20131105-009
↑ 先ずは鶏肉だけによく火を通します。

料理教室レポ(その2) 20131105-010
↑ ある程度、鶏肉に火が通ったら大き目の鍋に移します。

料理教室レポ(その2) 20131105-011
↑ その上に他の材料と調味料を入れ…

料理教室レポ(その2) 20131105-012
↑ 中火で蒸し煮していきます。

料理教室レポ(その2) 20131105-013
↑ 20~30分ほど煮込んだら完成デス!!

料理教室レポ(その2) 20131105-014
料理教室レポ(その2) 20131105-015
料理教室レポ(その2) 20131105-016
↑ 煮込んでいる間は、飾りとなる錦糸玉子を作りましょう~。

料理教室レポ(その2) 20131105-017
料理教室レポ(その2) 20131105-018
↑ 錦糸玉子を菱形に切ったら、適当な器に盛り付けたタットリタンに飾れば出来上がり!!

長くなって来たので、3品目は明日!!



<ポジャギ展示会情報>

展示会情報20131029
↑ ポジャギ展示会『四季~華が咲く~』ポスター(←クリックで拡大)

オセクヌリ(오색누리)2回目展示会
『四季~華が咲く(꽃이 피다)~』

日時: 2013年11月13日(水)~11月19日(火)
時間: 10:00~18:00
場所: 仁寺洞 耕仁美術館(경인미술관) 第6展示場
(←クリック!!)


また、本日11月6日(水)が最終日となる日本手工芸指導協会の展示会もあります。

チョガッポの展示方法が少々残念…というご意見も聞いておりますが、こちらも可能な方は行ってみて下さい!!

展示会情報20131029-002
↑ 一般財団法人日本手工芸指導協会
「平成25年手工芸作品展」ポスター(←クリックで拡大)

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
時間: 9:30~17:30
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/11/06 10:45 ] 韓国料理 料理教室レポート | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。