『行宮で会うチャングム』(準備編)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『行宮で会うチャングム』(準備編)

行宮チャングム20130910-001
↑ 昨日のブログで告知した南漢山城『行宮で会うチャングム』行事の初日。

宮中飲食研究院「知味斎」の会員たちが、朝7時という早い時間に集合しています。

行宮チャングム20130910-002
↑ 本日は行事用の九節板の準備という話でしたが、到着した会員たちは先ず大量のゆで玉子を作り始め…

行宮チャングム20130910-003
行宮チャングム20130910-004
↑ 「九節板にゆで玉子なんて使ったっけ???」と不思議に思っていると、徐々に集まりだした会員の皆様はおもむろに殻をむき食べはじめマス…。

「ほら!!幽も食べな!!」と言われ、とりあえずイタダキマス…。ま、腹が減っては戦はできぬ…と言いますしね???

行宮チャングム20130910-005
行宮チャングム20130910-006
↑ ゆで玉子を食べた後は行事で使う九節板のクレープの生地、ミルチョンピョンを作ります。

うわぁ~、大量の生地!!

行宮チャングム20130910-007
↑ 生地の一部は行事で皆が実際に焼く用として持っていき…

行宮チャングム20130910-008
行宮チャングム20130910-009
↑ 残りはひたすらクレープを焼いていきます!!

何たって80人分の九節板を準備するんですからねぇ~。

行宮チャングム20130910-010
行宮チャングム20130910-011
行宮チャングム20130910-012
↑ 焼きあがったミルチョンピョンはくっ付かないように、砕いた松の実を間に挟みこみながら重ねていきます。

行宮チャングム20130910-013
↑ 並行して九節板の野菜もどんどん準備していきます。

材料は前日金曜日に大量に刻んでおいた野菜を冷蔵庫から取り出し…

行宮チャングム20130910-014
行宮チャングム20130910-015
↑ 塩もみし、水気を切った後、ごま油で軽く炒めます。

行宮チャングム20130910-016
↑ 他にも人参、もやし、牛肉、木耳、シイタケ、錦糸玉子などなど全て同様に準備するので会員たちも忙しそうに動き周っています。

行宮チャングム20130910-017
行宮チャングム20130910-018
↑ 8時半を過ぎると、以前このブログでも紹介したことがありますが、知味斎会員経営の「チョソンキンパッ(조선김밥)」の主人が大量のキンパッを持ってやって来ました!!

行宮チャングム20130910-019
↑ ここで再度小休止して、キンパッを食べます。

さっき薦められるままに、ゆで玉子2個も食べてたからお腹すいてないけど??と思ったけど、いざ食べ始めたら1本ぺロリ…。

ここのキンパッってワサビが効いていて美味しいんだもん…。

行宮チャングム20130910-020
↑ でも幽だって、差し入れを食べまくったり写真を撮るダケではありません!!

微力ながらお手伝いもシマシタヨ…。

例えば会場では水が全く使えないとのことで、大量の布巾を綺麗に水洗いし、1枚1枚ビニール袋に包んだり…

行宮チャングム20130910-023
行宮チャングム20130910-024
行宮チャングム20130910-025
行宮チャングム20130910-026
行宮チャングム20130910-027
↑ どんどん炒め出てくる野菜を一刻も早く冷ますために、うちわでガシガシ扇いだり…。

行宮チャングム20130910-021
行宮チャングム20130910-022
↑ その証拠に錦糸玉子を作ってるところ、全然みていないので、写真ないしネ!!!

行宮チャングム20130910-028
行宮チャングム20130910-029
↑ こうして幽が一生懸命冷ました野菜を九節板に詰めていきます。

行宮チャングム20130910-030
↑ ジャーッッン!!見本用の九節板の完成です!!

さ!!あとは行事用の様々な荷物を乗用車を積んで、午前11時には南漢山城へ向かわなければなりません!!

行宮チャングム20130910-031
↑ 荷物のなかに「チャングムエプロン」を見つけた…。

宮中飲食研究院のデモ行事に使うエプロンってこういう名前だったんだ???

皆、バタバタと車に乗り込んで、南漢山城へGO!!

明日は行事の様子をレポします~。



<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 公募展作品応募締切りは9月20日(金)です。出品予定の方はお急ぎ下さい。

今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

もし展示会時期に上野方面に行かれる方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/09/10 10:42 ] 韓国料理 宮中飲食研究院 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。