南漢山城『行宮で出会うチャングム』

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南漢山城『行宮で出会うチャングム』

南漢山城行事20130909-001
↑ 「南漢山城」行宮(←クリック!!)の入場門『漢南楼』。大人1名2000ウォン。

李先生所属の宮中飲食研究院、知味斎で現在進行形の行事をご紹介します。

場所は京畿道立公園『南漢山城』行宮(←クリック!!)。

行宮とは朝鮮王朝時代に王様が城の外へ出かける際に宿泊した宮城のことです。

この南漢山城行宮はソウルと近いということもあり、国内各地に点在する行宮23箇所の中でも格付けが最も高いということで知られています。

京畿道は古い城壁や城門、寺院などが広がる『南漢山城』をユネスコ世界文化遺産に登載したいと希望しており、約10年の歳月をかけて昨年2012年5月末、この行宮を復元させました。

現在進行中の宮中飲食研究院の行事も、この行宮復元完成を記念して行われているものです。

南漢山城行事20130909-002
↑ 現在は他の行事も色々行われており、李先生たち知味斎の行事は入城してすぐにある外行殿(외행전)の脇の階段を上がっていき…

南漢山城行事20130909-003
↑ 奥の間である内行殿(내행전)の横に位置する坐勝堂(좌승당)で行われます!!

行事概要はコチラ ↓  ↓  ↓

南漢山城行宮復元記念行事
宮中飲食作り体験
行宮で出会うチャングム』(←クリック!!)


日時:2013年9月7日(土)←終了、9月14日(土)、9月28日(土)、10月5日(土)の4日間(秋夕の9月21日(土)には行われません。)

行事時間と人数:1日4回、1回ごと20名ずつ
[1回目] 13:00~13:40
[2回目] 14:00~14:40
[3回目] 15:00~15:40
[4回目] 16:00~16:40

参加料金:1人3000ウォン

申請方法:
(1) 南漢山城文化観光事業団HP(韓国語)
「文化体験(문화체험)」→「お楽しみ(즐길거리)」→「体験(체험)」→「2013年 行宮で会うチャングム(2013년 행궁에서 만난 장금이)」→「申請(신청하기)」

(2) 電話申請:031-777-7525

(3) 当日行事が行われる時間に訪問し、空きがある場合は即参加が可能です。


行事の様子を少し紹介しますね!!

南漢山城行事20130909-006
↑ 体験する宮中料理は料理教室でも人気が高い「九節板」。

南漢山城行事20130909-005
南漢山城行事20130909-004
↑ 9月7日(土)初日の4回とも、沢山の家族連れの方が参加してくれました。

先ずは講師の先生が九節板について由来や調理方法などを説明しています。

南漢山城行事20130909-007
↑ 参加者たち数名が代表で前に出て九節板の野菜を切ったり炒めたりします。

南漢山城行事20130909-009
南漢山城行事20130909-008
↑ 後半には参加者全員でミルチョンピョン(真ん中のクレープ)を焼きます。

南漢山城行事20130909-010
↑ 体験後は各テーブルで宮中飲食研究院のメンバーが食べ方を丁寧に教えてくれますよ!!

ソウル在住の皆様、また開催時期にソウルを訪問予定の皆さん、是非この時期爽やかな秋の風とともに史跡「南漢山城」へ行ってみてはいかがでしょうか??

景色が絶景で、とても楽しい行事でしたよぉ~。


南漢山城行宮への行き方>

(1)市外バスを利用

東ソウルターミナル、江辺駅(강변역)から13番、13-2番バスに乗り、「南漢山城入口(남한산성입구)」で15-1番のバスに乗り換え終点まで行って下さい。

(2)地下鉄を利用 

①地下鉄8号線「山城駅(산성역)」で下車、2番出口から座席バス9番に乗車「南漢山城ロータリー」で下車

②地下鉄5号線「馬川駅(마천역)」で下車、1番出口を出ると南漢山城行宮へ行く登山路があります(←徒歩約30分のハイキングコース)

③盆唐線「野塔駅(야탑역)」から座席バス9番に乗り「南漢山城ロータリー」で下車




<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 公募展作品応募締切りは9月20日(金)です。出品予定の方はお急ぎ下さい。

今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

もし展示会時期に上野方面に行かれる方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/09/09 10:23 ] 韓国料理 宮中飲食研究院 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。