チョガッポ修行 ※知味斎イベント (by sono)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョガッポ修行 ※知味斎イベント (by sono)

アンニョンハセヨ!
sono です。
もはやタイトルと内容が不一致のまま
続行しておりますが、
その辺はスルーしてくださいませ。

知味斎のイベント当日 2013-7

知味斎イベントが始まりました。
一番前のかぶりつき席あたりから
続々と埋まって行くあたり
日本とちょっと違うなぁ~

知味斎のイベント当日 2013-7

写真ボケボケですが
先生が司会をしております。

知味斎のイベント当日 2013-7

知味斎会長さんのごあいさつや
新しく会員になられた方の自己紹介

今回日本人の方もいらっしゃいましたね。

知味斎のイベント当日 2013-7

韓福麗さんは映像を使って
いろいろとお話されました。

知味斎のイベント当日 2013-7

私の語学力では
60%くらいしか理解できず

知味斎のイベント当日 2013-7

みなさん真剣に聞いております。

知味斎のイベント当日 2013-7

こちらが今回の講師の先生です。
とても雰囲気の素敵な方でした。

知味斎のイベント当日 2013-7

私は初めての参加だったのですが
今回はいままでの知味斎イベントと違い
料理教室っぽい感じだったようです。

通常は、料理の由来とか経緯とかの
説明が多いみたいですけど。

知味斎のイベント当日 2013-7

みなさん熱心にメモを取ってました。

途中、先生が食材の見本を
みんなに配って回ったり・・

知味斎のイベント当日 2013-7

質疑応答も
結構いろいろ聞いているようでしたね。
(私には宇宙語でした)

知味斎のイベント当日 2013-7

講演がほぼ終わり、
実演した料理が出来上がるまで
(圧力鍋で煮込むので時間がかかる)

今まで準備していた料理を出して
みんなでお食事です。

知味斎のイベント当日 2013-7

年配者から先に・・と、
言われていたのに
私達も優先的に食べさせて
頂きました。
ありがとうございます。

知味斎のイベント当日 2013-7

そうこうしていたら
実演していた料理が完成!
まず韓福麗先生の前に並べられます。
みんなで写真撮影!

知味斎のイベント当日 2013-7

今回実演した料理は

・조성 통제사 도미찜
・토종닭 한방 누룽지백숙
・찜국

この3種類です。
あっ 
チムクッのまともな写真がない!
すいません

知味斎のイベント当日 2013-7

サムゲタンなどは
鶏肉の中に
お米とか人参とかナツメを入れますが
この料理は
他の食材を置いた上に
鶏肉を入れてました。

しかしとってもやさしい味で
肉も柔らかくておいしかった~

知味斎のイベント当日 2013-7

逆に、魚は
内臓とってその中に
いろんな食材を入れてました。
意外と魚の方が味が濃かった。

知味斎のイベント当日 2013-7

しかし
個人的に一番おいしいと思ったのは
会長さんが味付けをしていたプルコギと
サラダです。
ドレッシングの味つけも
そうとう悩んでましたもんね~

ほんとごちそうさまでした~!!

知味斎のイベント当日 2013-7

料理のプロが作っただけあって
どれもおいしくて
「キムチおかわり!」
「こっちには肉がない!」
「もうお餅はないのか?」
大人気食堂のようなせわしなさ。

少しだけ片付け手伝いましたが
じゃまになるからと
私らはさっさと抜け出して帰りました。
先生方は夕方まで
おられたみたいですね。

皆さん本当にお疲れ様でした。

知味斎のイベント当日 2013-7

私みたいな料理素人が
こんな権威のあるイベントに参加するなんて
ちょっともったいない感じでしたが
とても楽しかったです。

韓国料理に興味のある方は
宮中料理研究院では
短期講座などもやっているようですので
参加してみてください。
たのしいですよ!
辛くないですよ!
そしてなにより、
おいしいですよ!(あたりまえ)


今日もありがとうございました。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ついでにsonoブログもよろしくです。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。