ポジャギ展示会報告

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポジャギ展示会報告

展示会報告20130611-001
↑ 本日は6月5日(水)~6月11日(火)まで行われたポジャギ展示会について報告します。

場所は仁寺洞にある耕仁美術館!!

展示会報告20130611-002
↑ ここは小さな展示室が沢山集まり、伝統茶なんかも飲めたりしますよねぇ~。

展示会報告20130611-003
↑ 案内板を見ると、ポジャギ展示会は第5展示会とのこと。

展示会報告20130611-005
↑ こちらが第5展示館。

展示会報告20130611-004
↑ 今日一緒に展示会に来たのは、haru氏と新潟Ima氏。

展示会報告20130611-006
↑ こちらが展示会ポスターです。

「ヨンスンヒ(연승희)個人展~イウムセ(이음새:繫ぎ目)~」

この方はキムウンヨン(김은영)伝承メドゥプ研究会(전승매듭연구회)と針愛好会ポジャギ(바늘사랑 보자기)に属する会員さんだとか…。

展示会報告20130611-007
↑ こじんまりとした会場に様々なチョガッポや閨房工芸品が並んでいます。

展示会報告20130611-008
↑ 日本の展示会はほとんど写真撮影禁止ですが、ソウルでは写真OKの展示会も結構あります。

こういう開放的なのって見学者にとっては嬉しいものですね??

展示会報告20130611-009
展示会報告20130611-010
↑ 素敵な作品が沢山あります。

展示会報告20130611-011
展示会報告20130611-012
展示会報告20130611-013
展示会報告20130611-014
展示会報告20130611-015
展示会報告20130611-016
↑ チョガッポ作品も縫い目がとても細かくて、非常に繊細な色合いの作品が多かったです。

展示会報告20130611-017
展示会報告20130611-018
↑ 如意珠紋の作品なども素敵です。

展示会報告20130611-019
展示会報告20130611-020
展示会報告20130611-022
展示会報告20130611-023
↑ 閨房工芸品も質の高いものばかり…

展示会報告20130611-021
展示会報告20130611-025
↑ 現代的にアレンジしたブローチやスカーフ、ヌビの鞄も素敵だぁ~。

展示会報告20130611-024
↑ これ、よく古道具屋さんで売っていますよね!!

最近は布の保管に使っている人が多いようですが、本来は手紙や書簡入れなんですって…。

展示会報告20130611-026
↑ 今回、幽のイチ押しはこのキロギ!!今まで見たことない、洗練されたキロギじゃないですか??(キロギというより白鳥のようなフォルムじゃありませんか??)



ちなみに話が少々それますが…

今回の展示会を教えてくれたのは、何故か日本に住むsono氏…(爆)!!!

韓国在住の幽もharu氏も全然知らなかったんですよねぇ~。

新潟Ima氏から「韓国の人はどうやって展示会などの情報を得るの??」と質問されたのですが、基本は行き当たりバッタリ???

何か韓国の展示会って、内輪向けというか、その他大勢に宣伝しようって気がない…とでもいいましょうか…。

日本人と韓国人の展示会に対するスタンスが違うのかもしれません。日本人は「折角やるのなら、出来るだけ多くの人に見てもらいたい…」と思うのでしょうが、韓国人はそう思っていてもその為の準備や根回しはやらない…。

「ま、来れる人だけ見てくれればいっかぁ~っ」ってどっかで絶対考えていると思う…。(←あくまでも幽の独断と偏見ですが…)

大抵は「〇〇氏が今度ドコソコで展示会するから見に来て~」って、カカオとかLINEとか、メールを使ってお知らせするダケ??みたい…。ポスターなんて、展示会前日か初日に刷り上ることなんてザラですしねぇ~。

展示会のお知らせも1週間前に来たら、上出来ですかね??下手すると、2日前とか始まってから…なんていうのも多いです(笑)。

1~2ヶ月後のお知らせをしようものなら「そんな先のことは分からない!!また近づいて来たら連絡して!!」となりますよ???

そのためだからなのか、当然やって来る人も、皆知り合いか、知り合いの知り合い程度??って感じなんですよ。

日本みたいにその地方の展示会情報をもれなく網羅している情報誌とか情報サイトとかってないと思うんですけど、幽が知らないだけかな???

あ、仁寺洞だけに限定するなら、2ヶ月に1回だったかな??「仁寺洞展示会情報(韓国語)」という小さな文字ばかりが羅列してある情報誌(???)があります…。

韓国語が読めないと、先ず情報を探すのは無理…。読めても余程仁寺洞で行われている展示会に興味がある人でなければ見ることはありません!!(←これも幽だけかもしれませんケド…苦笑。だって電話帳みたいな味もそっけもない冊子ですもん!!!)

あとはソウルナビかコネスト??(←韓国に住んでいる意味ナシ!!)

もし誰か「こういうのがあるよ!!」「私はこれで情報を得ています!!」っていう人がいたら、是非教えて下さい(苦笑)。

後日、李先生に展示会情報の知り方を聞いてみたら、決して全てを網羅していないが、大きな展示会ならばニュース番組の告知などで紹介されたり、新聞の広告欄で把握しているのだそうです。

けれどもそのほとんどはテレビ局や新聞社が協賛している展示会に限られており、個人単位の小さな展示会は分からない…とのことです。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/06/11 10:32 ] ポジャギ 展示会報告 | TB(0) | CM(3)
展覧会情報
幽さん
あんにょ〜ん♪

このポジャギ展をやっているとき、第2展示場で韓紙工芸の展覧会をやっていたんですけど、ご覧にならなかったですか?
韓国の腕ききの先生方が参加していて、日本からウリチングも出品していたんですけど。
http://bokjyumoni.blog54.fc2.com/blog-entry-463.html

韓国の展覧会情報を入手するのは難しいですね(T_T)
私もほとんど口コミです。
ただ耕仁美術館はポジャギや閨房工芸の展覧会のメッカなので、自分や友達がソウルに行くときはHPでチェックします。
幽さんがいらしたポジャギ展も見つけて、韓紙工芸展を見に行く友達に教えたので、みんな見られたようです。
私は韓国語はほとんどできないけど、スケジュール欄を翻訳サイトにかければアバウトわかります(^^;)
http://www.kyunginart.co.kr/
http://www.kyunginart.co.kr/schedule.htm

それから、サムジサランが作ったギャラリーチョガッポも、かなり頻繁にポジャギ展をやっているから要チェックです。
http://www.gallery-jogakbo.com/

あと仁寺洞や広蔵市場に貼ってあるポスターも見逃せません。
仁寺洞以外でやっている展覧会のものが貼ってあることもよくあるので。

もし幽さんが展覧会情報を見つけたら、行く前でも情報をアップしてください。
小さなギャラリーは1週間単位が多いので、早めに情報がわかると嬉しいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

[ 2013/06/12 04:46 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!!
>shivaさんへ

お久しぶりです!!いつも有益な情報、有難うございます。

韓紙工芸の展示会、あったのですが、何故かギャラリーの人が留守で鍵がかかっており観る事ができなかったんです!!(涙)

それ程早い時間でもなく、昼時にもちょっと早い午前11時頃だったんですけど…。

しばらく外から「観たいね~、担当者さん、来ないかなぁ~」って思って他のギャラリーを眺めながら待っていたのですが、いらっしゃらいませんでした…(爆)。

たまにあそこのギャラリーってこういうこと、ありますよねぇ~(苦笑)。

ところで展示会の探し方、やっぱり口コミ+各個撃破ですか…(笑)。

チョガッポに関心があるようなら、チョガッポ展示会が比較的多い「耕仁美術館」「サムジサランギャラリー」、あと追加するなら「雲峴宮ギャラリー」ってところでしょうか??

それ以外だと韓国にある各ポジャギ団体のカフェ+HPをひとつひとつシラミ潰しにする???

こりゃ、相当熱心じゃないと大変そうですねぇ~(苦笑)。

旅行者の方々のように、期間限定でみっちり探す…という場合には有効かもしれませんが…。

展示会情報、もし入って来たらお知らせしますね??

ただ李先生のところには、あちこちの団体に参加されている韓国人生徒さん経由で、ポツポツ入って来るようですが…。

李先生自身があまり工房とは無関係の同業者展示会に積極的に行く方ではないようなので、そこで情報が断絶することが多く、部外者の幽ではあまり有用な情報はキャッチできませんケドネ…(笑)。

(関係者の催事に行くだけでも、料理と工房の二足の草鞋をはいている李先生は手一杯みたいですから~)

いつもいつも色々なアドバイス、本当に感謝しています!!
[ 2013/06/12 12:02 ] [ 編集 ]
遅レスですが(^^;)
幽さま

あらま、韓紙工芸展、誰もいなかったんですか!?
どうしちゃったんでしょうね。
見ていただけなくて残念です(^^;)

そうそう、「雲峴宮ギャラリー」もありましたね。
狭いから点数は少ないけれど。

やっぱり情報収集は大変ですね〜(>_<)

[ 2013/06/23 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。