宮中飲食研究院・春期展示会(展示編)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮中飲食研究院・春期展示会(展示編)

春期展示会03(展示編)20130530-001
↑ さぁ~、いよいよ宮中飲食研究院・春期展示会『宮中飲食―疎通の道を開く―(궁중음식-소통의 길을 열다-)』が始まります。

先ずは司会の挨拶から…

春期展示会03(展示編)20130530-002
↑ 続いてテープカットに入ります。

春期展示会03(展示編)20130530-003
↑ テープカット!!

春期展示会03(展示編)20130530-004
↑ テープを回収している李先生~。

春期展示会03(展示編)20130530-006
春期展示会03(展示編)20130530-005
↑ 韓福麗院長が招待客の方々に第1展示場~第6展示場まで解説して行きます。

春期展示会03(展示編)20130530-007
↑ こちらは第1展示場「酒食是義の料理(주식시의 음식)」のブース。

『酒食是義』とは1800年代に書かれた大田地方の同春堂恩津宋氏の一族に代々伝わる書物のこと。料理や生活の知恵を子孫に伝えようとして記録された、今でいう生活ハウトゥー本みたいなものですね。

春期展示会03(展示編)20130530-008
春期展示会03(展示編)20130530-009
春期展示会03(展示編)20130530-010
↑ この史料に記録されている料理の中で、現代でも手に入りやすい材料などで作られた料理を30品目ほど再現したとのこと。

人が多すぎて全部の写真は撮れませんでした…。

春期展示会03(展示編)20130530-012
春期展示会03(展示編)20130530-013
春期展示会03(展示編)20130530-014
春期展示会03(展示編)20130530-015
春期展示会03(展示編)20130530-011
↑ 続いてこちらは第2展示場「歴史の中の宮中料理(역사속의 궁중음식)」。

ここでは時代によって大きく異なった宮中料理を20個選出し、各時代ごとに並べその変化が人目で見られるところ。

春期展示会03(展示編)20130530-016
春期展示会03(展示編)20130530-017
春期展示会03(展示編)20130530-018
春期展示会03(展示編)20130530-019
↑ こちらも第2展示場の料理たち。

そしてあまりの人手で写真が撮れなかった第3展示場「正祖(1795)と高宋・純宋(1900代初)時期の膳(정조와 고종/순종 시기의 상차림)」を経由して…

春期展示会03(展示編)20130530-020
↑ この狭い階段を上がる途中に、第4展示場の映像ブースがあります。

映像ブースでは宮中飲食研究院がかかわった番組をノンストップで放映し続けます。

そして階段を登りきると…

春期展示会03(展示編)20130530-021
春期展示会03(展示編)20130530-022
春期展示会01(準備編)20130528-014
春期展示会01(準備編)20130528-013
↑ 第5展示場「過去と現在の北韓家庭料理(과거와 현재의 북한 가정음식)」にやって来ます。

李先生の作品があるのもここです。

春期展示会01(準備編)20130528-005
↑ そして李先生のチョガッポ作品が飾られている受付を通り過ぎたら、階下に下りて中庭へ…

春期展示会03(展示編)20130530-024
春期展示会03(展示編)20130530-023
↑ 階下の中庭では、午前11時と午後3時に行われる九節板の試演・試食会場や書籍販売ブースがあります。

春期展示会03(展示編)20130530-025
↑ 李先生は本日入り口の案内係担当なんですって…。

春期展示会03(展示編)20130530-026
↑ そこにharu氏がやって来ました!!

春期展示会03(展示編)20130530-031
↑ この日は「先生の日(스승의 날)」だったので、ワインを持って来てくれたそうです。

重かったでしょうに、どうも有難うございます。

春期展示会03(展示編)20130530-027
春期展示会03(展示編)20130530-028
↑ 李先生の作品の前で記念撮影。

春期展示会03(展示編)20130530-029
↑ ついでに尚宮役の人たちとも記念撮影!!

春期展示会03(展示編)20130530-030
↑ 帰り際にはヨモギ餅とカンジョンがお土産として頂けました!!

宮中飲食研究院は北村といえども、それほど便利な場所にあるわけではありません。それでも続々と見学者がやって来ています。

長くなって来たので、明日に続きます。

※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。