料理教室レポート(その1)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(その1)

料理教室レポート(その1)20130506-001
↑ 恒例の料理教室レポートです!!

今回の希望料理はコチュジャン2種類、韓国発酵食品イカのシッケ(식해:食醢)、そしてノクトゥジョン(녹두전:緑豆煎)。

料理教室レポート(その1)20130506-002
↑ ラインナップを見て頂ければ分かるように、非常に玄人チョイスですよねぇ~。

それもそのはず!!今回の生徒さんは下関にて料理サロン「Salon de LEE」を主催する下関L先生だからです!!

ちなみにこちらは下関銘菓だとのこと…。どうも有難うございます。

料理教室レポート(その1)20130506-003
↑ 下関L先生と李先生は宮中飲食研究院を通じて知っている間柄と言いますか…。

今年1月から李先生が宮中飲食研究院の総務を担当しているため、会員全員に告知したりするんです。

そのなかに下関L先生もいらっしゃった…という関係です。

料理教室レポート(その1)20130506-004
↑ なので宮中料理を初めとした基本韓国料理はほぼマスター済みなわけです。

けれども更なる研鑽を積むため、今回は李先生の料理教室を希望したとのこと。

折角久しぶりに韓国へ来ても、中々本格的な1日料理教室なんてありませんからネ!!(もちろん初歩者クラスなら探せばありますが…。)

さて…、料理教室レポに戻りますが、先ずはノクトゥジョンから行きます~。

料理教室レポート(その1)20130506-005
料理教室レポート(その1)20130506-006
料理教室レポート(その1)20130506-007
料理教室レポート(その1)20130506-008
↑ 以前の料理教室記事でもご紹介したことがあるので、簡単に説明しておきますね。

上からトラジ(韓国桔梗)、コサリ(韓国蕨)、スクチュナムル(もやし)、パマヌル(芽ニンニク)などの各種野菜を、食べやすい大きさでみじん切りにしていきます。

料理教室レポート(その1)20130506-009
料理教室レポート(その1)20130506-010
↑ そこに今回は切干大根を水で戻したものも入れます。

ここからも分かるようにジョン類は旬の野菜や、余った野菜など何でも入れてOKということです。

料理教室レポート(その1)20130506-011
↑ これらの具材に塩、黒胡椒、生姜、ニンニクなどで軽く味付けしていきます。

あまりしっかりと味付けしないのがポイントだそうです。

料理教室レポート(その1)20130506-012
↑ そして5~6時間水に浸しておいた緑豆の皮を綺麗に取り除きます。

けれども写真程度に少しくらい残っていてもOKだとのこと。

料理教室レポート(その1)20130506-013
↑ その緑豆をミキサーですりおろしたものを、先の野菜のみじん切りとあわせます。

料理教室レポート(その1)20130506-015
料理教室レポート(その1)20130506-014
↑ そして混ぜ合わせて、焼けばOKなのですが、今回はもち粉を少し入れます。

このもち粉はコチュジャンのために準備しているものですから、本来は入れなくてもいいのです。

ただジョンにもち粉を入れると、とっても柔らかい食感になるんだとか…。

料理教室レポート(その1)20130506-016
↑ そして彩りのため、糸唐辛子を入れて~

料理教室レポート(その1)20130506-017
料理教室レポート(その1)20130506-018
↑ フライパンで焼きます。

ちょっと豪華にしたいなら、写真のように豚肉のスライスを置いてもOKです!!

料理教室レポート(その1)20130506-019
↑ 焦んがり焼きあがったら、ノクトゥジョンの完成です!!

長くなってきたので、続きはまた明日~。


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。