醤庫開放セレモニー(準備編)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

醤庫開放セレモニー(準備編)

醤庫開放20130425-001
↑ このブログでも告知していた4月20日(土)、景福宮の「醤庫開放」セレモニーについて報告します。

この醤庫の由来などについては、去年のブログ記事を参照してもらうこととして、今年は宮中飲食研究院行事の裏側も含めてレポートしていきたいと思います。

この日のソウルは朝から雨が降り、冬が戻って来たかのような寒い日でした!!

行事担当者たちは朝11時から始まる予定だったため、朝8時に宮中飲食研究院に集合します。

醤庫開放20130425-002
醤庫開放20130425-003
↑ まだ朝早い時間なのに、既にもう数名の研究院の方々が来ていて、本日の来客者に去年の醤油の味を味わってもらうためのチナムル(취나물)を下準備~。

醤庫開放20130425-004
醤庫開放20130425-005
↑ さらにジャン(장:醤)は雨の日には漬けられないという決まりなので、急遽醤油作りの代わりにジャンキムチ(장김치)を教えることに…。

そのため大急ぎでジャンキムチの試食品を作っています。

ちなみにジャンキムチとは醤油だけで漬けたキムチのことをいいます。

元々宮中の醤庫は禁忌の空間である上に、醤は王様の食べる料理の味を左右する重要なものだったので、最高の味を引き出すために占いで吉日を選び、各種調味料を作る日を決めていました。

だから本当は当日が雨の場合、再度占って吉日を選ばなければならないのです。

醤庫開放20130425-006
↑ けれども雨の勢いが収まらず、とりあえず11時開始の行事を15時開始に変更して様子をみることに…。

午後1時を過ぎると雨脚が弱まって来たことと、予約までしてこの行事を観覧したい…と楽しみにしている方もいることから、醤油作りはできないにしても講義だけでも決行しましょう…とのことで、景福宮へ向かいます。

醤庫開放20130425-007
↑ 折角の満開になった桜もこの雨で散ってしまいそうです。

醤庫開放20130425-008
↑ こちらが本日の醤油作りが行われる予定だった醤庫房。

雨の中でも作業しやすいように、研究院の皆に至急されている雨合羽を着ている李先生~。この合羽、お揃いで皆が着ているとチョット可愛い…。

醤庫開放20130425-009
↑ この行事が終わると、10月末まで醤庫が一般公開されるのです。

醤庫開放20130425-010
↑ 魔よけの禁紐(금줄)もキチンと施されていますね!!

醤庫開放20130425-011
↑ 行事が行われるのは「用途別の甕」が置いてある、一番奥の空間です。

ちなみにこの大きな甕はお酒を造るための甕とのこと。

醤庫開放20130425-012
↑ 雨のため設営されたテント。

醤庫開放20130425-014
↑ その中では参加者に振舞うためのナムルを準備する作業が始まっています。

醤庫開放20130425-015
↑ 去年は寒いながらもピーカンの晴天だったため、ものすごい観覧客がいましたが、今日はかなり強い雨。

どれくらいの人が来てくれるのでしょうか??

醤庫開放20130425-016
醤庫開放20130425-017
↑ 今年の試食は先ほど急遽作ったジャンキムチと、醤油の味をみるためのチナムル、それからヨモギ餅を振舞うのだそうです。

お餅は早く出すと乾燥するので、食べる直前に出します。

醤庫開放20130425-018
↑ 韓福麗院長もこの寒い中、かなり薄着のチマチョゴリでスタンバイ…。うっ~、寒そう…。

醤庫開放20130425-019
醤庫開放20130425-020
醤庫開放20130425-021
↑ ちなみに院長の前に並べられているのは、醤油づくり実演の代わりにお話することになったジャンキムチの材料。

醤庫開放20130425-022
醤庫開放20130425-023
↑ それに醤油づくりの実演ができなくても、観覧客の皆様に醤油がどのように作られるのかを説明するために醤油の材料も並べられています。

醤庫開放20130425-024
↑ 雨天というだけでなく、時間まで変更されたのに、15時になると雨の中大勢の観客が集まってきます。

さ、いよいよ行事の始まりデス!!

長くなって来たので、続きは明日。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
興味深いです
韓国語は分からなくても、一度拝見させていただきたいです!
来年は旅行の時期を合わせてみようかしらん。。。
続きも楽しみにしています(^^)
[ 2013/04/25 01:47 ] [ 編集 ]
ええ、勉強になりますよ??
宮中飲食研究会の催しものは、これだけでなくても何時も何かしら勉強になり、中々興味深いです。

料理という自分のフィールドとはかけ離れたところの話を聞くのはよい頭の体操にもなりますし、食って人間の根本に関わることですから、興味は尽きませんネ!!

10月末にはまた景福宮で味噌作りの講義がありますので、是非見学にいらしてくださいね。
[ 2013/04/25 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。