春を探して…(その2)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春を探して…(その2)

春を探しに(その2)20130502-001
↑ 今春ようやく解禁になったシルチフェ(실치회:シラスの刺身)を求める旅は続きます。

海沿いの道を10分ほどドライブすると、海水浴場とその客を収容するペンションなどが見えて来ました。

そして刺身の食堂が並んだ建物があったので、車を停めてみます。

春を探しに(その2)20130502-002
↑ 建物の裏手では小エビを干していたりも…。

春を探しに(その2)20130502-003
↑ 看板に「シルチ開始」とあるので、ここでならシルチフェが食べられる!!と思って…

春を探しに(その2)20130502-004
↑ お店の主人に聞いてみると…、、、「今日は波が高くて、シルチが獲れなかったんだよ。だから何処へ行ってもシルチはないよ??」とのこと。

そっかぁ~、残念…。

春を探しに(その2)20130502-006
↑ 旦那さん「もう午後1時を過ぎてるし、今日は何処へ行ってもシルチを食べられないなら、ここで昼食を食べよう。」

春を探しに(その2)20130502-005
↑ 壁にも「シルチフェ」とは書いてあるけど、天候によって食べられない時があるんですね???

当たり前といえば当たり前なのかも知れませんが、ソウルに住んでいると天候によって食べられないものがある…っていうのは実感しにくいデス…。

春を探しに(その2)20130502-008
春を探しに(その2)20130502-007
↑ 「乾杯!!」

もちろん李先生はこの後も車の運転があるので、飲んだのは旦那さんだけ…。でも写真上の演出としてポーズをとっていただきました!!

春を探しに(その2)20130502-009
春を探しに(その2)20130502-011
↑ 付き出しのパンチャンも小エビや巻貝(何だろ、これ??)があります。ちょっと漁村っぽいカナ??

春を探しに(その2)20130502-010
↑ 巻貝の身を取り出すために爪楊枝をつかう李先生~。

春を探しに(その2)20130502-012
春を探しに(その2)20130502-013
↑ いよいよメインディッシュのフェムッチム(회무침:刺身のコチュジャン和え)!!

量が半端なく多いです!!3人で食べきれるだろうか??

春を探しに(その2)20130502-015
↑ 食堂の主人がシルチフェを食べられなかった代わりに、味噌汁にシルチを入れておいたよ…と教えてくれました。

分かりますでしょうか??味噌汁に白い小さな魚がいるのが。それがシルチなんです~。

春を探しに(その2)20130502-014
↑ 最初は「思ったより辛くなくて美味しい??」と思っていたら、食べ進むうちに段々辛くなってきます。

3人でお腹一杯になりながらも7割方食べましたが、やはり完食は無理!!あともう1人いればヨカッタな…。

春を探しに(その2)20130502-016
↑ 李先生は小エビの突き出しが気に入ったとのことで、お土産に買って帰ることにします。

春を探しに(その2)20130502-017
↑ 後日、李先生宅でこの小エビが入った味噌汁を頂きマシタ!!

小エビの香ばしい出汁が出ていて中々美味しい味噌汁になっていました。

春を探しに(その2)20130502-018
↑ 食堂の真横は海水浴場になっていたので、食後は運動を兼ねて浜辺を散策してみることに…。

春を探しに(その2)20130502-019
↑ これ乗って毎朝漁に出るのかな??

春を探しに(その2)20130502-020
↑ 浜辺の向こうに2つの岩島が見えたので…

春を探しに(その2)20130502-021
↑ そちらに向かってさらに散策してみます。

それでは長くなって来たので、また明日。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。