ドキュメンタリー番組撮影(Y氏送別会編)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドキュメンタリー番組撮影(Y氏送別会編)

ドキュメンタリー03-20130404-001
↑ さて…、主役がいない食事会になってしまいましたが、賑やかに終了。

デザートの水正果を飲んでいると、CCさんが「この時間にアパートの外観と近所の撮影にちょっと出かけて来ますね…」とお出かけデス。

テレビカメラの存在にも大分慣れて来ましたが、それでもカメラがなくなるとちょっとホッ…としたりして…(苦笑)。

ま、実際の番組には撮影した分の10分の1も使われないので、映した映像のほとんどは使われることない筈…。だから全然気にすることはないんだケドネ~。

ドキュメンタリー03-20130404-002
↑ CCさんが外撮影から戻ってきてしばらく休んでいると、ようやく主役のY氏が到着!!

お昼の送別会からそのまま2人のお友達も一緒に訪問です!!

玄関に入るや否や、テレビカメラを向けられたので、3人とも随分驚いたみたい…(笑)。

ドキュメンタリー03-20130404-004
↑ 李先生「食事もあるよ??」

Y氏「食べてきたばっかりで、何にも入りません!!」

李先生「でもケーキは食べられるでしょ??(笑)」

ドキュメンタリー03-20130404-003
↑ こうしてY氏のダムル工房送別会の始まりデス!!

先ずは李先生と5年間お疲れサマ!!の気持ちを込めて、ケーキ入刀!!

ドキュメンタリー03-20130404-006
↑ 続いてharu氏と幽からはポジャギ本の贈呈です。

本当は花束とかあったら、撮影的にもヨカッタのだろうけど、2日後には帰国ですからゴミになるだけです。

なのでできるだけ帰国の邪魔にならず、帰国後も使えるモノは??と、2人で考えて決めました!!

ドキュメンタリー03-20130404-005
↑ 日本に帰っても作品作り、続けてくださいね!!

ドキュメンタリー03-20130404-007
↑ ポジャギ修行でダムル工房に来るまでは、Y氏の送別会を知らなかった兵庫S氏。

時間がなかったこともあり、急遽準備したのは、韓紙で作った表彰状!?

ドキュメンタリー03-20130404-008
↑ 兵庫S氏「がんばりましたで賞!!あなたは異国の地、韓国においてストレスを感じることなくうつ病にもならず、他人を幸せにして楽しく過ごしました。よってここに表彰します。そして新しい地でも楽しく過ごすことを保証します。」

ドキュメンタリー03-20130404-009
↑ さ…、さすが、初期教育関係者…。幽には全くないその発想に度肝を抜かれました!!

ドキュメンタリー03-20130404-010
↑ CCさんも随分面白がって撮影しており、一気に場が華やぎます。

ちなみにこの場面は、ウッカリ賞状の年月日に2014年と書いてしまい、皆で大爆笑しているトコロ(笑)。

ドキュメンタリー03-20130404-011
↑ Y氏「ちょっと恥ずかしいけど、最後にとってもいい思い出が出来ました!!」

ドキュメンタリー03-20130404-012
↑ Y氏と李先生が入刀したケーキを皆で取り分けると~

ドキュメンタリー03-20130404-013
↑ CCさんが「ここにいる皆さんを紹介して頂けませんか??」とのお願いを受け、ひとりずつ李先生が紹介して行きます。

ドキュメンタリー03-20130404-014
↑ 「5年にわたる韓国生活はいかがでした??」「韓国と日本の一番大きな違いは何でしたか??」

…などなど、特にY氏は色々質問されてましたねぇ~。

ドキュメンタリー03-20130404-015
ドキュメンタリー03-20130404-016
↑ ひととおり撮影が終わると、今度はY氏が李先生に送別の品をプレゼント!!

「本当に5年間、お世話になりました。また韓国に必ず遊びに来ますね!!」

ドキュメンタリー03-20130404-017
↑ Y氏がくれたのは、とても手触りがいい手ぬぐいでした!!

幽まで頂きまして、どうも有難うございます。大切に使わせてもらいますね。

ドキュメンタリー03-20130404-018
↑ Y氏たちは、あのシュニーバレンもお土産で持って来てくれました!!

この入れ物、貯金箱になっているんですよ!!ケースで買ったことなかったから知らなかったなぁ~。

その後、CCさんと李先生は別室に移動し、1時間半ほどみっちり個別取材を受けておりました。

あとで聞いたところ、チョガッポについて、手まりについて、仕事について、生活についてなどなど…、取材を受けたそうです。

幽たちはその間、リビングでY氏たちと歓談し別れを惜しんでおりました。

ドキュメンタリー03-20130404-019
↑ そして李先生の個別インタビューが終わると、本日の取材はこれで終わり…。

李先生と話している間に、あともう数日、追加で取材日をもうけたくなったとかで、後日あらためて取材することになったそうな…。

そのため夜まで続くはずだった本日の撮影もここで終了!!最後に「李先生、サランヘヨ~」のポーズを撮影しました。

ちなみにこの写真は本日最終カットを撮影した後に、幽がCCさんにも写真に入って下さい…と頼んで撮った集合写真です。

それでは、Y氏。気をつけて日本に帰ってね。そしてまたダムル工房に遊びに来て下さいね!!

お元気で。(^0^)/~~


↓  ↓  ↓ 李先生出演のドキュメンタリー番組です。

<番組名>
「職業ドキュメント『天職』(직업다규『천직』)」


<放送局>
韓国職業放送(한국직업방송)
or WOW韓国経済TV(WOW한국경제TV)


<放送日時>
4月2日(火)午前10時~10時30分(第1部)
4月9日(火)午前10時~10時30分(第2部)


是非ご覧くださいね!!宜しくお願いします!!m(_ _)m

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。