料理教室レポート(その3)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(その3)

料理教室03-20130327-001
↑ 三品目は韓国料理の定番、誰もが知っている白菜キムチ(배추김치)。

先ずは白菜の塩漬けから~。根元から包丁を入れ…

料理教室03-20130327-002
↑ 綺麗に2つに分けます。

料理教室03-20130327-003
↑ たらいにあら塩と水を1対10くらいの割合で入れ、塩水を作ります。

料理教室03-20130327-004
↑ あら塩を葉と葉の間に刷り込むようにして、夏ならば3~4時間、冬ならば6時間ほど漬けておきます。

料理教室03-20130327-006
↑ 次はキムチのヤンニョムを作ります。

梨、玉ねぎ、唐辛子を適当な大きさに切ります。

料理教室03-20130327-008
↑ フードプロセッサーに切った野菜を入れて~

料理教室03-20130327-007
↑ 粉唐辛子や魚醤(멸치액첫)、おろしニンニクなどを加えて攪拌すると…

料理教室03-20130327-009
↑ ヤンニョムの完成です。

料理教室03-20130327-005
↑ ヤンニョムを作りながら、大根を大量に千切りにしています。

料理教室03-20130327-010
料理教室03-20130327-011
↑ 千切りにした大量の大根に粉唐辛子と、先ほど作ったヤンニョムを入れます。

料理教室03-20130327-012
料理教室03-20130327-013
↑ さらにニラを加えてよく混ぜ合わせます。

料理教室03-20130327-014
↑ 白菜の塩漬けに大根とニラで作ったキムチヤンニョムを満遍なく包み込んで~

料理教室03-20130327-015
料理教室03-20130327-016
↑ 事前に持参して頂いていた容器に詰め込み、白菜キムチの完成デス!!

キムチはここで試食できないので、お持ち帰りしていただきます。

料理教室03-20130327-017
↑ 参加者の皆さんも思い思いに白菜キムチ作りを体験しましたョ!!

白菜キムチは、漬けてから大体3日目ごろから食べごろとなっております。そして防腐剤など全く使っていないので、できるだけ早く食べた方がいいかも…。

もちろん発酵して少々酸っぱくなったキムチでも、キムチチゲやキムチチャーハンなどに使うと美味しいんですけどね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。