韓国の3月

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国の3月

お誕生日20130311-009
↑ 春みたいに暑い日が来て最高気温20度の日があったかと思えば、次の日は驚くくらい冷たい風が吹き最低気温がマイナスになる…という、本当に奇妙な天気が続いています。

ついでに今年の日本はPM2.5の微粒子物質とか言って、大騒ぎしているみたいですが、この時期中国に隣接する韓国はもっと濃い黄砂が毎年毎年飛来しているからなのか、誰も気にしていないみたい…。

ソウルの街を歩くと分かるけど、黄色い太陽の下、誰もマスクなんかしてないですもんね。毎年のことで慣れちゃってるのかな???(苦笑)

そんな黄砂の飛来とともに春の訪れを随所で感じるようになると、ダムル工房の訪問者も段々増えてきます~。

お誕生日20130311-010
↑ この日は兵庫のM氏が訪問!!

去年の最高潮に暑かった夏以来ですね??お元気でしたか??

今回は東京に住む友人とソウルで落ち合う約束のため、約半年ぶりに韓国訪問なんだとか…。

今回もポジャギに、料理に、買出し、友人訪問などなど…、過密スケジュールに挑戦するとのこと。

お誕生日20130311-006
↑ しばらくすると、韓国在住組のharu氏とY氏もやって来て、一気に日本人率が高マリマス!!

お誕生日20130311-007
↑ haru氏はもうすぐヌビ作品も完成だね??

お誕生日20130311-008
↑ Y氏も如意珠紋、随分進みましたね??

兵庫M氏と韓国在住組の2人は初対面だったのですが、すぐに打ち解け色々よもやま話に花が咲きます。

と・こ・ろ・が!!!!!

Y氏が突然思い出したように「あ、私、4月に完全に日本に帰ることになりそうです…」と…。

えええええっっっ~~~!!!!!!!

何でも旦那さんの5年にわたる韓国転勤が終了したそうで、日本に帰ることが決定してしまったんだとか…(涙)。

確かに3月は韓国人や韓国関係者にとって移動の季節…。

多くの日本人駐在員も皆帰って行くんですよねぇ~。でもやっぱり友人が帰ってしまうのは淋しいものです…。

ちなみに日本企業の駐在員の間では「韓国転勤組は二度泣く」という言葉があるのだとか…。

韓国転勤が決まった時に一度目は「行きたくない」と泣き、二度目は帰る時に「帰りたくない」と泣くのだそうです。

その言葉に象徴されるように、韓国の駐在員たちは知らない間に韓国生活を気に入ってしまうんですって…。

とにかく春の訪れとともに、今年も色々な別れがありそうです…(涙)。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。