初めてのチョガッポ

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初めてのチョガッポ

初めてのチョガッポ20130315-004
初めてのチョガッポ20130315-003
↑ 昨年5月末に家庭科教師をしている友人から、女子中学校で夏休み前の特別授業でチョガッポを教えて欲しい…と頼まれ、180人分のキット作りをしたことがありました。

初めてのチョガッポ20130315-005
↑ その後8月中旬に女子中学校に赴き、1日体験講座をしたのですが、彼女たちの中には針と糸を持ったことがない…という学生もいて、もちろん1日で作品を仕上げることはできません。

初めてのチョガッポ20130315-002
↑ けれども約半年経った現在、続々と作品を完成した!!という報告が届きました。

初めてのチョガッポ20130315-010
↑ キットは皆同じだと面白くないだろう…と思って、幾つかのパターンを考え準備していましたが、子供たちには難しかったようで、結局ほとんどの生徒が同じパターンの作品を作ることに…。

初めてのチョガッポ20130315-009
↑ けれども見比べてもらえば分かるように、同じパターンでも色の組み合わせでかなり学生の個性が出ています。

初めてのチョガッポ20130315-008
↑ 中には手紙を添えてくれた学生もおり、「初めてで大変だったけど、自分で何かを作り出すことが出来て楽しかった。」と言ってくれた学生もいました。

初めてのチョガッポ20130315-001
↑ この作品のように最終的に数人の学生が協力して、かなり大きな作品に仕上げたものもあります。

初めてのチョガッポ20130315-007
↑ 最近の子供たちは勉強で本当に忙しく、中々針仕事などやっている時間がないことはよく分かっています。

初めてのチョガッポ20130315-006
↑ けれども変化の激しい時代だからこそ、たまには心を落ち着けて自分の手で何かを作る喜びを感じてくれる学生が1人でも現れたら、これに勝る喜びはありません。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/03/14 10:18 ] ポジャギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。