お疲れさまでした!!

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お疲れさまでした!!

お疲れさま20130313-001
↑ いよいよポジャギ短期修行を終えて、次の日帰国の大阪H氏。

直前に材料を買いたい…とのことで、朝イチで広蔵市場に買出しです。

先ずはこのブログではお馴染み、シンシビダン。

お疲れさま20130313-002
↑ すると、何故か李先生と鉢合わせ!!

李先生も材料の買出しに来ていたようです。

李先生はすぐにお目当ての品物を買い、昼食時に会う約束をして一旦お別れ。

お疲れさま20130313-003
↑ 大阪H氏はシンシビダンではミョンジュとオクサを購入しようと熱心に物色中。

お疲れさま20130313-005
お疲れさま20130313-004
↑ 可愛いパステルカラーの作品が出来そうなラインナップですね??

お疲れさま20130313-006
↑ さてお次は…。

ここもお馴染み、ハルモニカプサ。種類が多すぎて迷っているようです。

お疲れさま20130313-007
↑ ここのご主人もブログではすっかり顔なじみ??(苦笑)

お疲れさま20130313-008
↑ 最後にモシのファンヘサンヘ。

今回は何処もダムル工房なじみの店ばっかりでしたねぇ~。

他にも色々あるのでご案内しますよ??と言ったのですが、「見ると買いたくなっちゃうから…」とのことで2時間もかからず、買出しツアーはここで終了。

その後、大阪H氏が広蔵市場の真向かいにあるホテル滞在とのことで、買った材料を置きに行きます。

ところでそのホテル…。

ホテルアットホームっていうのですが、ここ…結構良いホテルです!!

ダムル工房の長期滞在者は工房に最も近いマイホームリビングテルを利用される方が多いのですが、やはりここは韓国に慣れている方でないと敷居が高いかもしれません。

でもこのホテルはダムル工房まで、徒歩15分の立地。マウルバスでマロニエ公園前にも行けます。

さらに広蔵市場の目の前にあるので材料を大量に買ってもすぐにホテルに持ち帰れる!!

ついでに李先生宅ともご近所さんだし、何といってもホテルの割にはリーズナブルな価格設定!!

大阪H氏に頼んでお部屋を見せてもらいましたが、最近内装を変えたようで結構広くて綺麗でしたよ??

中々お勧めのホテルです!!!

お疲れさま20130313-009
お疲れさま20130313-010
↑ 李先生と約束の昼食時間にはまだ余裕があったので、ホテルの横にあるカフェでharu氏が来るのを待ちます。

お疲れさま20130313-011
↑ haru氏と合流する頃には昼食時となり、李先生宅の地下にあるフードコートで送別会~。

本当は夕食に大阪H氏をお招きする予定だったのですが、李先生が土日も工房に出勤されていたため食材がなくなってしまったそうなんです。

それで昼食を韓食ブッフェで…と相成りました。

お疲れさま20130313-013
お疲れさま20130313-012
↑ 大阪H氏もharu氏も幽もブッフェにしたのですが、李先生は冷麺に…。

ここ長男が言ってたけど、美味しいらしいんですよね。次はここで食べてみようかな??

お疲れさま20130313-016
↑ 食後は李先生宅にお邪魔して、水正果を頂きながら~

お疲れさま20130313-014
お疲れさま20130313-015
↑ 大阪H氏が日本で作ったというヌビのスマートフォン入れを見せてもらいます。可愛い!!

お疲れさま20130313-020
お疲れさま20130313-019
↑ そして午後は、大阪H氏の最終日となるので、工房に移動して最後の追い込みデス!!

お疲れさま20130313-021
↑ 数時間でフィオリも随分大きくなりました!!

お疲れさま20130313-022
↑ 最後はharu氏も加わり、3人で記念撮影です!!

大阪H氏、本当にお疲れさまでした!!またお会いできることを楽しみにしていますね!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/03/15 10:15 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。