結婚記念日

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚記念日

結婚記念日20130304-001
↑ もう3月なんですね!?2013年、もう2ヶ月も終わってしまったとは…!!オ、オソロシイ…。

ちなみに3月のソウルは気温も上がり天気がいい日が続いていますが、風が強い強い…。

風がとても強いと気温のわりに体感温度が下がるので、毎日何を着て出かけるのか本当に迷いますよねぇ~。

ところで3月1日(金)は、三一節という韓国の数少ない公休日。けれども実はそれだけでなく、李先生ご夫妻の結婚記念日でもありました!!

そのため次の日、土曜日にアメリカへ旅立った次男が「俺が出すから、祝いの食事をしよう」となり、何故だか幽もちゃっかり便乗して夕食へ~。

結婚記念日20130304-002
↑ 場所は李先生宅すぐ横の鐘路5街の商店街、チャバギ鍋(짜박이찌개)の店「韓屋の家(한옥집)」。

結婚記念日20130304-003
↑ ここはパンチャンだけでなく、ご飯も鍋に入れるラーメンもオカワリ自由の店!!

広蔵市場で働く人やこの一帯に会社があるサラリーマンたちに人気の店なんですってぇ~。

結婚記念日20130304-004
↑ パンチャン(無料の付け出し)がやって来ると~

結婚記念日20130304-005
↑ 旦那さんが「やっぱりマッコリ飲まないとネ!!」と注文です。

結婚記念日20130304-006
↑ 息子2人は明日早朝のフライトのため、幽は下戸のため、飲まない…というので、2人で飲んでもらうことに。

お互いの器に注ぎあって~

結婚記念日20130304-007
↑ 乾杯~!!おめでとうございます~!!いつまでもお元気で!!

1975年3月1日に挙式をされたとかで、今年で38年目の結婚記念日!!

本当にお二人はいつも仲の良い夫婦ですよねぇ~。

結婚記念日20130304-008
↑ 乾杯が終わると、キムチ蒸し(김치찜)がやってきます。

キムチ蒸しとはよく漬かったキムチにサムギョプサルや野菜を入れて蒸した料理です。

結婚記念日20130304-009
↑ キムチの酸味と豚バラ肉が思いのほかよく合って、中々美味しい一品デス!!

結婚記念日20130304-010
↑ お次はメインのチャバギ鍋(짜박이찌개)。

名前の由来は李先生も正式には知らないそうですが、鍋をぐつぐつ??(짜박짜박)煮るところから来ているのではないか??とのこと。

プデチゲに似た食べ物ですかねぇ~。

鍋にはサムギョプサル、キムチ、ラーメン、各種野菜が入っているのですが、ここが人気なのはサムギョプサルが沢山入っているからなんだとか…。確かにお肉、沢山入ってたなぁ~。

結婚記念日20130304-011
↑ 38年前のこの日、韓国でも結婚式後にすぐに新婚旅行へ行ったそうですが、李先生ご夫妻は旦那さんの仕事が忙しくてすぐに行けなかったんですって…。

少し後から仕事の合間をぬって、巨済島(거제도)へ行ったとのこと。

当時韓国の新婚旅行はほとんどが済州島か巨済島だったそうで、ひと昔前の熱海や伊豆が新婚旅行のメッカ…と同じだったんでしょうね???

ちなみに横のテーブルでは、今回次男と共に長男もサンフランシスコへちょっと同行するとかで、旅行の話をしております。ここは兄弟仲も本当にいいよねぇ。

それで今回、トランジットのため、東京羽田空港に12時間ほど滞在するのだそうですが…。

羽田空港周辺に観光地はないか??と聞かれたのですが、幽は成田空港は行ったことあっても羽田空港へ行ったことないんですよねぇ~(爆)。

だって幽が東京からソウルへ来た時は、羽田はまだ国内線しかなかったんですもん!!!

よく分からないので、電車で品川とか渋谷にすぐ出られるから、折角12時間あるなら都内へ行ったら??と提案してお茶を濁してしまいました。スマンね…。

兎にも角にも、李先生ご夫妻、結婚記念日、おめでとうございます!!!

息子たちよ、いってらっしゃぁ~っっい!!!
また合う日まで~(^0^)/~~

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/03/04 10:09 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。