工房ランチ、ならぬ、先生宅ランチ by sono

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

工房ランチ、ならぬ、先生宅ランチ by sono

blog쓰기가 늦어서 죄송합니다.
다시 제(sono)가 쓰고 있습니다.

今日はブログ更新遅くなりました。
また、私(sono)が書いております。
しばしお付き合いよろしくです。

先生宅ランチ 2013.2.7

通常であれば
工房でポジャギしながらランチ・・
なんですが、
ソウルは豪雪!
工房前の坂が登れないとのことで
急遽先生宅へgo!

いつもお弁当を作ってくれる延氏が
これまた大食いの私のために(苦笑)
沢山おかずを作ってくれております。
どれもおいしかったわ~
잘 먹었습니다!!!

先生宅ランチ 2013.2.7

この日も自宅にいらっしゃった
先生の御主人と延氏とharu氏も一緒です。
みなさん控えめに食べてたようですが
私はご飯までおかわりしました。。

先生宅ランチ 2013.2.7

写真上手く撮れてなくて残念ですた
手作りのシッケまで!
甘くなくて本当においしかった。
今まで飲んだ中で一番かも!

先生宅ランチ 2013.2.7

延氏は
「私は家に残って、作りかけの指ぬきをやるわ」
と、言って残りました。

家と行っても、先生の家なんですがね(笑)
先生御主人と延氏を残し
私達はクァンジャン市場へgo!

(先生の顔が切れてます・・すいません)
クァンジャン市場へ  2013.2.7

今回のメインイベント!
ポジャギの材料買い出しへ。
途中先生が何件か新しいお店を
紹介してくれました。
途中からは自分たちだけでウロウロ

今回の目的は果たせました!
しかし重いっ

カフェなどにも立ち寄らず
そのまま先生宅へ直行。

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

戻ってみると
行った時と同じ場所で
延氏はキョンサンドコルム(指ぬき)を
作っておりました。

高度な指ぬきなんですが
本人いわく、
「100個作る!」そうです・・・

私は死ぬまでに100個も
作らないでしょう・・・(笑)

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

haru氏も戻ってすぐに
ヌビ(刺し子)を早速教えてもらってます。
先生はすでにノースリーブです(笑)

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

私はコーヒーを飲みつつまったりと
買ったものを再確認したりしとりました。

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

先生もヌビを取り出し
作品づくりしております。
ホント、今ヌビがはやってるみたいですね~
時間かかるんですが、楽しいですよね。
私もやらねば!


今日も長文になりましたが、
お付き合いありがとうございます。
買い出しの方は、sonoブログの方に近日中にupします。
しばしお待ちを。

今週末は、旧正月なので
来週からは幽さんが旧正月ネタを
届けてくれると思いますので
期待しましょう!

감사합니다!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると
  李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

え??旧正月ネタ??
>sono氏~

今週は記事を色々アップして頂いて、本当に助かってます~。

ところで旧正月ネタ…ですか??う~ん…、韓国に嫁いでいるお嫁さんたちは色々ある時期でしょうけど、ひとり身の幽には店が休みになって困る…ってくらいしか…(苦笑)。

あとは…、うちでも中国人家族が何処からかワンサカ集まって餃子作りをするため、その間台所も使えず、ひもじい思いをするくらい??

さすがにソルナルは一族の集まりなので、余所者の幽がソルナル当日に呼ばれることはないよ???

う~ん、ソルナルのネタ…、ご希望に沿うのは難しそうデス…(苦笑)。
[ 2013/02/08 00:01 ] [ 編集 ]
おじゃましました
沢山誤字脱字いっぱいでごめんね~

ソルラルは天気悪そうだけど、
そうでなくても交通渋滞凄いのに大変そうだね~
みなさんによろしくお伝えくださいませ。
ありがとね~(^O^)
[ 2013/02/08 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。