ヒャンナンチュモニ(향낭 주머니) by sono

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒャンナンチュモニ(향낭 주머니) by sono

アンニョンハセヨ!
只今弾丸ソウル滞在中の
sonoです。
ちょっとお邪魔しております。

今回は
材料買い出しもありますが
ポジャギ修行もしております。

ヒャンナンチュモニ 20130202-04

韓国には多種多様な巾着がありますが
その中の
ヒャンナンチュモニ(향낭 주머니)
なるものを今回作りました。

ヒャンナンチュモニ 20130202-03

この巾着は
柄のある生地などを使うと
ステキです。
ああ~この生地も買って帰らなきゃっ!

李賢淑先生ヌビ製作中 20130202-01

私やシスターに教える傍ら
先生はヌビの大作製作中。
あ、ここでもヌビが流行中?

メドゥプ紐いろいろ 20130202-02

この巾着や
キィチュモニなどにも使う
ちょっと複雑な連続技の組み紐
「あなた作れるでしょ?」って
言われましたが
今回はパスして
出来たものを購入させていただきました。
だって
早いしきれいだし安いんだもーん。

キィチュモニ 20130202-06

ちょうど
チュモニが完成した頃、

城北洞だっけ?に住んでいる
絵を描くオンニが
ポジャギの生地に
すてきな絵を描いて
持ってきました!
すごー!!

アジュンマの作品 20130202-07

先生はこの絵入りの生地をつかって
何かポジャギを作るそうです。
楽しみ~すてきだろうな~

そのアジュンマ本人も
セレブっぽい、すてきな方でした。

で、
管理人さんと先生とオンニと4人で
ちょっと遅めのランチにgo!

絵を描いたアジュンマ 20130202-08

工房近くの
チョンジュシクタンです。
ここは外れがない
メインもおかずもキムチもおいしい
先生御用達のお店。

今日はスンドゥプチゲ(豆腐鍋?)です。
キムチもエゴマのキムチもおでんも
もやしの和え物もおいしくて
全ておかわりしましたね、そういえば。

チョンジュシクタンのスンドゥプチゲ

ここは地味なお店ですが
本当においしいです。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
アリガト!!
>sono氏~

楽させてもらってイマス~。記事アップ、有難う!!

他の人の視線から見たダムル工房も、新鮮でいいなぁ~。

同じ場所を見ていても、見る場所も感想も、全然違うんだもん…。楽しいです~。
[ 2013/02/04 01:05 ] [ 編集 ]
幽さんと違った目線の記事、楽しませていただきました
素敵な作品を作られているsonoさんでも、まだまだ修行されるんですね。。。本当に奥が深い!
チョンジュシクタン、前回の短い滞在の中で連れて行っていただきました
本当に美味しかったです
スンドゥブチゲ、私がソウルで食べたお店の中で1番でした
ああ、食べたくなっちゃった・・・
帰られてからのsonoさの作品も楽しみにしています
[ 2013/02/04 15:35 ] [ 編集 ]
まだまだですよ~
あまりプレッシャーかけないでくださいませ^_^;
まだまだチョガッポの世界は奥が深いです。
今後もゆる~い感じでみてくださいませ。
[ 2013/02/04 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。