金沢てまり紀行(最終日)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金沢てまり紀行(最終日)

金沢てまり紀行12-001
↑ いよいよ帰国日の朝です~。前日の夜、駆けつけて下さった神戸のshiba氏も一緒に朝食ブッフェです。

金沢てまり紀行12-002
↑ このブッフェともいよいよお別れ…。また来年までサヨウナラ…。

ちなみにこの日に初めて出たワッフルサンド!!中々美味でした…。来年も食べられるかなぁ~???

金沢てまり紀行12-003
↑ 朝食後、神戸のshiba氏はすぐに帰るとのこと!!えぇ~っ??幽はもうちょっとゆっくり…、観光でもして帰るんだと思ってマシタョ…。これぞ本当の弾丸ツアーですよねぇ~。

shiba氏…、またソウルでお会いできるのを楽しみにしています~。わざわざ金沢までお疲れサマでした!!(^o^)/~~~

金沢てまり紀行12-006
↑ さて、shiba氏とお別れすると、空港バスの時間まで2時間弱の時間をどうするか??ということに…。

するとご主人が「ホテルの近くにいい散歩路があるから、そこへ行こう!!」となります…。いやはや…、もうご主人は幽の案内いらないほどの金沢通デスネ…。

金沢てまり紀行12-005
金沢てまり紀行12-004
↑ ホテルから数分の距離、商店街の裏道を入ると急にタイムスリップしたような素敵なエリアに出ます。

ここは長町武家屋敷跡といい、前田氏の家臣、長氏・村井氏の屋敷があったところなんだそうです。

朝早い時間なのでほとんど人がおらず、ゆっくりと散歩を楽しみます。

金沢てまり紀行12-010
↑ 唯一残る武家屋敷「野村家」。でもまだ開いてません…。

金沢てまり紀行12-009
↑ 「ふくさ餅」で有名な和菓子「村上」本店も、まだ準備中~。

ここの出来立て熱々の「ふくさ餅」、最高なんだけど…、残念…。

金沢てまり紀行12-013
↑ 金沢といえば…、『あめの俵屋』という程、有名な俵屋もまだ営業前です~。

ここの「じろあめ」、絶品ですよね!!

金沢てまり紀行12-012
金沢てまり紀行12-008
金沢てまり紀行12-011
金沢てまり紀行12-007
金沢てまり紀行12-017
↑ 日中は多くの観光客やテレビの撮影なんかで賑わう武家屋敷跡…。

近所に小学校なんかもあるので、平日だと通学・通勤などで朝でも結構賑わっています。

けれどもさすがに日曜日の早朝は静かだなぁ~。

金沢てまり紀行12-018
↑ 「金沢老舗記念館」。天正7年(1579年)に開業し、尾山町で代々薬種業を営んできた「中屋薬舗」を移築した建物です。

無料で当時の大商店の様子が分かって面白い記念館なのですが、もちろんここもまだ開いてません…。

金沢てまり紀行12-014
↑ ちなみにご主人は、李先生が朝から公民館のてまり教室に伺っていた3日目の朝にこの長町武家屋敷跡を散策したそうです。

ご主人が「あ、ここでお茶とお菓子を食べたんだ…。なかなか旨かったよ。」と李先生に話していると、まだ営業前の店から、上品なご婦人が出て来ます…。

ご婦人は「またいらして下さったんですか??どうぞお入りになって…」と、お店を開いてくれます。

金沢てまり紀行12-015
金沢てまり紀行12-016
↑ 「まだ営業前では??」と言ったのですが、ご婦人はどうぞどうぞ…とお店に招いてくれました…。とても色白で上品で、まさに「金沢美人??」という感じのご婦人でした。

この店は和菓子とお茶を出す休憩処のような所でしたが、ちょっとした小物や加賀てまりなんかもありました。

すると…、あれこれ見ていた李先生でしたが「これ、可愛い…」と金沢の水に目を留めます。

金沢てまり紀行12-024
↑ この商品は金沢市内を流れる犀川の水を加賀てまりのペットボトルに入れたモノなんだそうです!!

金沢は水まで可愛い!!もちろん、てまりフリークの李先生は購入~。最後にショッピングできてヨカッタですね??

金沢てまり紀行12-020
金沢てまり紀行12-022
↑ 武家屋敷跡をゆっくり散策すると、そろそろ空港バスの時間になって来たので、犀川経由でホテルに帰ります。

金沢てまり紀行12-021
金沢てまり紀行12-019
↑ 普通の民家の壁にサンタさん人形が!!こういうの、面白いですね??

金沢てまり紀行12-023
↑ 目の前の白い建物が5日間、お世話になった「アバホテル金沢中央」です~。来年も宜しくお願いします…。

金沢てまり紀行12-025
↑ 李先生たちは空港で金沢の水を没収されないように、このホテルのロビーで飲んでしまいます。

…というわけで、李先生、5日間お疲れさまでしたぁ~。金沢旅行はいかがだったでしょうか??

そしてホテルから歩いて3分ほどの距離にある空港バス乗り場へ向かい、ここで幽とはさようなら…です。

実はこの日、幽の方で用事があって、空港まで送ることができなかったんですよねぇ~。申し訳なかったです。

とにもかくにも、このようにして李先生の金沢てまり修行の旅は終了~!!

総括としては、傘まで買って悪天候に備えていたのですが、結局一度も傘を使いませんでした(爆)!!!

いや…、別に5日間、全くのピーカン青空っていうわけではなかったし、もちろん雨が降ったりもしたのですが、何故か運よく李先生たちが外を歩く時は雨が止むんですよね!!!

このてまり修行の旅で、李先生がかなり強力な晴れ女らしいことが判明したようです…(笑)。(実際、李先生たちが帰国した後、幽はしっかり傘を使ったんで!!!!)

ところで、ようやくこの「金沢てまり紀行」も書ききったのですが…、読み返すと何だかダラダラ脈略もなく、書いているだけのような…???

面白い旅行紀行文って、意外に書くのが難しいものなんですね???旅行中のどのエピソードを拾うか捨てるかって結構難しい…。だから幽みたいな素人は、つい欲張って、時系列に沿ってあれもこれもって全部書いてしまうから、ダラダラと締まりのない文章になるんだなぁ~っと反省しました…。

ま、素人の旅記録…ってことで、いいカナ…と無理やり納得するしかないようデス…(←書いてから言ってもどうしようもナイケド…苦笑)。

それでは…、明日からは李先生の記事、ようやく通常のブログに戻りますので、ご安心下さい。

ここまで飽きずに読んで下さった読者様、どうも有難うございました!!!m(_ _)m

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
とても 楽しく よんでました。^^
金沢に行った事がなく 金沢の手鞠の美しさ 気品を充分感じました。
幽さんの 説明が わかりやすく 李先生の 手鞠への 熱い情熱と研究熱心の想いが 伝わりました。
毎日読むのが 楽しみでした。
また 私も 諦めることなく人生を進もうと思いました^^

ぜひ 金沢に行きたいと思いました^^
でも 韓国に行きたい^^

そんな 思いになりました。^^
[ 2013/01/27 20:58 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした!
いやいや、金沢てまり紀行・完、お疲れ様でした。旅の記録って難しいですよね。どれもこれも削除しにくいものばかりで。でも幽さん、うまくまとめられていてすごいなぁ。ずっと前にブログしているsono氏のことすごいと言っていたけど、幽さんだって本当によく続けておられると感心しますよ。イ先生のご活躍、このブログを通してとてもよく伝わってきます。ありがとうございますね。私はどうも今月元気でない状態でもんもんとしておりますが、ブログを読んでなんとかがんばれているかなと思っています。それにしてもshiba氏も・・・すごいですね。イ先生一途!!ですね。幽さんも含めてみんなすごすぎです!!ソウルは酷寒のようですがみなさんどうかお元気で!
[ 2013/01/27 21:33 ] [ 編集 ]
どうも有難うございます!!
>チャンさんへ

お久しぶりです。その後、お加減いかがですか??

金沢のてまりは本当に美しかったです…。自分の筆力ではお伝えしきれなくて歯噛みすることも!!

若輩者の私が言うのも何ですが、チャンさんだってとても好奇心旺盛なお方だなって拝察しています。

いつかソウルでお会いできるといいですね??
それに金沢もとてもいい街です。是非、両方とも訪問しちゃってください!!

後悔はしないと思いますよ??

それでは、いつも読んで下さって有難う御座いました。
[ 2013/01/27 21:34 ] [ 編集 ]
あはは…、確かに!!
>Jun氏~

最近コメント、頻繁にくれるので嬉しいです。

仕事、相変わらず大変そうだね??ま、確かに自分だけの努力じゃどうしようもない仕事だからネ…。

あまり気に病まないことが一番だとは思うけど、自分の気持ちがコントロールできるんなら、誰も悩む人なんていませんもんね…。

ま、仕方ないので解決できないことは諦めて…、せめて体だけはお互い元気で悩める状態にしておこう!!健康害しちゃうと、シャレにならないもんねぇ~。

ちなみにshiba氏のパワーには、私も驚きました!!

私にも元気を分けて欲しいな!!

ま、sono氏の毎日更新ブログにはとても及ばないけど、続けられるまでは頑張ります。

昔むかぁ~っしに立ち上げた自分のブログは1ヶ月持たなかったので、1年続けられたのが自分でもちょっと驚きです。

でも基本飽きっぽい性格なので、何処まで続くか…。

ま、何時まで続くか分かりませんが、思い出した時でいいので、読みに来てね!!
[ 2013/01/27 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。