金沢てまり紀行(4日目)④

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金沢てまり紀行(4日目)④

金沢てまり紀行11-001
↑ デジカメ復活~っっ!!ホテルでデータを移し、充電もバッチリ!!

空腹に耐えかねたご主人の訴えにより、ホテルに一度戻ってきます。ちなみに昼食はご主人がずっと気になっていたというホテルの真横の弁当屋さん。

金沢に単独訪問している時は、幽もよく利用する弁当屋さんです。家庭的な弁当も各種取り揃えてあって中々の弁当屋なんですよ。

幽と李先生は中途半端な午後の時間にさすがに弁当は重いし…。何よりこの日の夜は、神戸のshiba氏が李先生を訪問、会食予定だったので、ここは我慢してコンビニのサンドイッチで簡単に済ませます。

ちなみに神戸のshiba氏はこの日、研修で近くにまで来ていたそうで、何という偶然!!!

「折角近くまで来ているから、もう一足伸ばして李先生の顔がみたい…」と、わざわざ研修後に金沢に来ることになっていたんデ~ッッス!!!!

各部屋で昼食&データ移動作業を終えた後は、李先生が「shiba氏が来る前に、お土産を買わないと!!!」ということで、再度100円バスに乗ってこのツアーでも数回訪れている近江町市場へ向かいマス!!

金沢てまり紀行11-002
金沢てまり紀行11-005
↑ すると…、平日はあまり市場!!って感じの人混みではなく、ドコゾの商店街??って感じでしたが、さすがに土曜日の夕刻は多くの人で賑わっている!!!それに海鮮物市場って雰囲気もアル!!!

金沢てまり紀行11-008
↑ さてさて、何を買うのでしょうか???

金沢てまり紀行11-009
金沢てまり紀行11-003
↑ 李先生は初日から目を付けていた乾物系のお土産をどうしても買いたかったみたいです。

金沢てまり紀行11-007
↑ 李先生「日本の昆布は本当に美味しいからね!!日本に来たら絶対買わなくちゃ!!」

金沢てまり紀行11-004
↑ とりあえずどうしても買いたかった乾物類は買うことができ、李先生の後ろ姿もご満悦のよう…(笑)。

金沢てまり紀行11-010
金沢てまり紀行11-011
↑ お次は…、ここも初日に夜食の煎餅を買った店ですねぇ~。韓国人って日本の煎餅好きな人が多いよね…。

金沢てまり紀行11-012
↑ しょうゆ煎餅やえび煎などを購入したようです。

金沢てまり紀行11-013
金沢てまり紀行11-014
金沢てまり紀行11-030
↑ お次は「きざみめかぶ茶」。お姉さんから「血液がサラサラになるって伝えて!!」と言われ、とっさに「サラサラ…ってどうやって訳せば??」と、しばし混乱…。

とりあえず「このお茶を飲むと、血液が綺麗になるんだそうデス…」と、お茶を濁してこの場は逃げました…(苦笑)。

外国語の擬音って絶対難しいヨネ…。ちなみにこの「きざみめかぶ茶」もお気に召したようでお買い上げ…。李先生、乾物ばっかり買ってません??

あ、そうそう…、後で調べてみたところによると、一応韓国語で「さらさら」に該当する擬音は「スルスル(술술)」「チュルチュル(줄줄)」「チョルチョル(졸졸)」「ポソンポソン(보송보송)」「パスルパスル(바슬바슬)」などがあるらしい…。

けれども、このうち「血がサラサラ…」に使えそうなのは「スルスル」だそうな…(でも韓国人曰く「あんまり使わないかな??」だとのこと…)。

こうして無事、近江町市場でのお買い物も終わり、100円バスに再度乗ってホテルへ帰ります。

けれどまだ神戸のshiba氏がホテルに到着するであろう時間には、ちょっと余裕があるので最後の観光…とばかりに、古都金沢に2つあるお茶屋街のうちのひとつ、西茶屋街で途中下車~。

でももう午後6時を過ぎた金沢は真っ暗で、一応充電も容量もバッチリのデジカメで写真撮ったけど、全く何にも写っていなかった…。このカメラ、暗がりに弱すぎるナ…。

金沢てまり紀行11-016
金沢てまり紀行11-015
↑ 本当の西茶屋街はこれからが本番なんでしょうけど、外からは全部閉まっているように見えるので、早々に退散し、ホテルへ歩いて帰ります。

するとホテルの周辺は、見たこともない人だかり…。そう、この日は衆議院総選挙の前日だったこともあり、金沢中心街で最後の応援演説合戦をしていたのデス!!

「この街にこんなに人がいたとは!!」というぐらい、縁日のような人混みを掻き分け掻き分け、目に付いた漆食器の店に退散…。

金沢てまり紀行11-018
金沢てまり紀行11-017
↑ 李先生「こんなに沢山人がいたんじゃ、買い物もゆっくりできない…。もうここで息子たちのお土産、買っちゃおう…」となりました…(苦笑)。

金沢てまり紀行11-019
↑ そしてホテルのロビーで神戸のshiba氏を待ちます~。道が大混雑して金沢駅~中心市街地まで普段の3倍以上の時間をかけて到着~。お疲れさま!!

金沢てまり紀行11-020
↑ 当初は近くの居酒屋でゆっくり…というつもりだったのですが、ちょうど当日は衆院選前日+忘年会シーズン真っ盛り…ということで、行く店、行く店、満員デス…。

ようやく数軒目にして、席がある店に到着しても、店中若い人で溢れかえっており、とてもゆっくりできる状態ではありません。幽も金沢でこんなに沢山の人間を一度に見たのは初めてかも…というくらい、大勢の人でした…。

なので居酒屋では、酒も頼まず、食事だけして退散します。ちなみに幽は前日食べられなかった海鮮丼もどき…。

近江町市場の海鮮丼と比べるとかなり見劣りしますが、ま、手ごろな値段で美味しかったです。(しかし今回も食事写真はことごとく失敗…。今度、食事を上手く撮るコツでも調べておこう…)

金沢てまり紀行11-022
↑ 何処へ行っても満員みたいなので、仕方なくホテルの1階のカフェでお話することに…。

李先生「shiba氏、遠いところをわざわざ有難う!!」

金沢てまり紀行11-023
金沢てまり紀行11-024
↑ shiba氏「どのみちクリスマスプレゼントを贈りたいな…と思っていたので、お会いできて嬉しいです。」

…と、可愛いお掃除グッズを李先生にプレゼント!!李先生が「shiba氏はいつもこういう可愛い雑貨を何処で見付けてくるんだろうね??」と感心していました。

ちなみに幽まで、ネックウォーマーもらっちゃった…。どうも有難うございます!!特に今年のソウルは冷えるので今も毎日愛用・重宝しておりマス!!!(^o^)/~

金沢てまり紀行11-025
↑ コーヒーを飲みながら、話はイロイロ尽きません!!

金沢てまり紀行11-021
↑ でもご主人が「今日は団体客が多いから、温泉が夜遅くは混むかもしれない…」という言葉で、とりあえず解散。女性組は「温泉でまた話しましょう!!」となります。

ここは基本ビジネスホテルなので、いつも女湯の方はあまり人がいません。男湯の方は平日でも結構人が多くて、露天風呂に入れない時もあるんだとか!!

この日の女湯は平日よりは人がいましたが、それでもそれ程混むことなく、3人だけで露天風呂なんかも満喫できました!!神戸のshiba氏も研修の疲れを癒すことができたでしょうか???

それでは、いよいよ明日は李先生夫妻の帰国日!!長らく連載していた『金沢てまり紀行』もようやく最終回デス!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
お久しぶりです
先生、幽さん、お元気ですか?
金沢てまり紀行、毎回楽しく拝見させていただいています
それにしても4泊5日とは思えない濃い内容で、今更ながら先生の凄さを実感しています
あんなに素敵な作品を作られるのに、まだまだ勉強されるんですね
好奇心旺盛なご夫婦と、幽さんの様子も楽しくて・・・
いつか機会があったらこちらにもいらして下さい
歴史がお好きでしたら、鎌倉案内出来るように勉強しておきますので(^^)
紀行もあと1日で終わってしまうようですが、明日も楽しみにしていますネ
[ 2013/01/21 21:28 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです~
>きんさんへ

おひさしぶりです!!

1週間くらいで終わらせる予定だった金沢てまり紀行だったのですが、予定をかなり超えて長文で終わりました…。

毎日旅行記だったので、「大丈夫かなぁ~???」と心配していましたが、きんさんには喜んで頂けたようで何よりです。

どんな世界もこれで終わりっていうのはなくて、ずっとずっと自分の技術や知識を研鑽していかないといけないんでしょうねぇ~。

私も李先生や高原先生のいくつになっても、少女のように目を輝かせて話し合う2人には本当に感銘を受けました。

李先生のおかげで、高原先生や大西先生とお話できたことは、すごく貴重な経験でした。

どんな世界でもその道の一線で活躍されている方は素敵ですよねぇ~。

ちなみに鎌倉ですか!!いいですね!!幽も大好きな場所です。

李先生というより、ご主人がとても好きそうな街ですよねぇ~。

李先生は横浜はキルトショーの時、招聘を受けて観光したそうですが、鎌倉まで行けなかったので、是非行きたいと言ってましたよ。

それでは、またぁ~。
[ 2013/01/23 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。