金沢てまり紀行(1日目)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金沢てまり紀行(1日目)

金沢てまり紀行01-01
↑ 写真は今回のツアーでお世話になった加賀『花てまりの会』のアトリエにて。

昨年12月、幽が私用で金沢へ行くことになっていたのですが、それを聞いて李先生が「私も金沢行きたい!」ということになり、2012年12月12日(水)~16日(日)まで4泊5日の『金沢てまりの旅』が実現することに…。

今週はこのツアーについてレポートしたいと思います。

その前にそもそも何故李先生が金沢に関心を持っていたのか…というと、金沢は伝統工芸『加賀てまり』がとてもも盛んで、日本の中でも有数のてまりの街だから…。

てまりの技法も非常に発達しているらしく、李先生としては長年この加賀てまりの技法を学んでみたかったんだそうです。

もちろん幽が金沢に用事があったのは、全くの別件なのですが、とにかく金沢…という単語を聞き、李先生も「どうしても行ってみたい!」となり、今回のツアーが実現しましたぁ~。

金沢てまり紀行01-004
↑ 金沢に一番近い小松空港は太平洋側の大都市とは違い、1週間に4回ではありますが、大韓航空の直通便があります。

金沢てまり紀行01-003
金沢てまり紀行01-002
↑ 幽も小松空港は初めてだったのですが、地方空港らしくとてもこじんまりしていて分かりやすい。大きな国際空港は旅行気分が盛り上がって楽しいけど、こういう小さな空港も風情があって中々でした。

前入りしていた幽は飛行機到着の時間通りに来たのですが、約1時間遅れて到着…。一緒に待っている人も「何故こんなに遅れているの??」と係員さんに聞いたり…。

金沢てまり紀行01-001
↑ 待っている間はちょっと心配になったけど、無事李先生夫妻と合流しいよいよ金沢市内へ出発~!!ちなみに小松空港から金沢市街地までは大体60分くらいでした。

金沢で宿泊したホテルは、幽が金沢訪問の折にはいつも常宿としているアパホテル金沢中央

ここは北陸を拠点に全国展開しているビジネスホテルチェーンなのですが、とにかくとても便利な場所にあり、リーズナブルな値段設定。さらに屋上には温泉が付いてる!!部屋でゆっくりくつろぐ派の方には向かないかもしれませんが、観光中心であまりホテルにいない人にはお勧めのホテルですよぉ~。

空港バスがホテルの目の前に到着するので、先ずはチェックインしておきます。ちなみにここでこの日、北韓ミサイル発射のニュースを聞き、3人でゾッ…とする一幕もありましたが(←だから1時間遅延したのかも…)、気を取り直して遅い昼食へGo!!

金沢てまり紀行01-005
↑ 李先生夫妻に何が食べたいですか??と聞いたら、「日本のうどんが食べたい!!」となり、金沢訪問回数は多いものの、あまりグルメとは言えない幽なので、地元の美味しいうどん屋とか分かりません…(←駄目駄目じゃん!!)

とりあえずホテルの近くにあり、近所で一番大きい百貨店『金沢香林坊大和』へ行けばそんなに大きな失敗はないのでは??と思い…。ま、韓国初心者がソウル明洞のロッテ百貨店へ行くみたいなもんさぁ~っと開き直ります(苦笑)。

金沢てまり紀行01-006
↑ それでも自分ですった胡麻を出来立てのうどんに掛けて食べるのは喜んでいただけたようで、ホッ…としました。

金沢てまり紀行01-008
↑ 金沢最初のランチは如何でしたでしょうか??

金沢てまり紀行01-007
↑ ちなみに幽は梅肉うどんを…。やっぱり日本のうどんはソウルと違ってコシがあって美味しいなぁ~。

金沢てまり紀行01-010
金沢てまり紀行01-009
↑ ランチ後は、ホテルに戻って荷解きしていたら、あっという間に夕方に…。でも日本は韓国より約1時間半ほど早く陽が落ちるので、ソウルではまだまだ明るい時間のはずなのにもう夕暮れ…。

…かと言って、とても夕食の時間とは言えないので、再度金沢最大の在来市場『近江町市場』へ散歩を兼ねて行くことに~。

金沢てまり紀行01-017
↑ 海産物中心の近江市場なので、あちこちに蟹が並べられています!!美味しそう!!

金沢てまり紀行01-011
金沢てまり紀行01-012
↑ さすが金沢有数の観光地だけあって、店員さんは外国人慣れしています。幽の通訳なんかなくても何の問題もありません。

金沢てまり紀行01-013
金沢てまり紀行01-014
↑ 特に外国旅行慣れしている旦那さんは、市場の人と英語で積極的に会話し何の心配もありません…。

金沢てまり紀行01-016
金沢てまり紀行01-015
↑ 美味しそうな加賀野菜の八百屋では、夜食のバナナもお一人で購入。

金沢てまり紀行01-019
金沢てまり紀行01-020
↑ おやつも購入しています~。

でもお土産を買うにはまだ早いので、最終日にもう一度来よう…ということになり、この日はこれで帰ります。

金沢てまり紀行01-022
↑ 明日は早朝から動かないとならないので、ちょっと早目の夕食を…。まだまだ先は長いのでホテルのすぐ近くにある居酒屋チェーン店「白木屋」へ…。乾杯~!!明日からも宜しくお願いします。

金沢てまり紀行01-021
金沢てまり紀行01-023
金沢てまり紀行01-024
↑ あれこれ日本料理を注文して食べました…。居酒屋チェーンといえどもやはり日本料理は美味しい!!夢中になって食べていたので、写真をあんまり撮っていなかったですねぇ~。

金沢てまり紀行01-025
↑ お二人とも遠路はるばる金沢までオツカレサマ!!

夜は大浴場でひと汗かいて、疲れをとります。このホテルは屋上に露天風呂もあって中々いいんですよ??

さて明日からはいよいよ本格的に『金沢てまり紀行』の始まりです~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。