李先生の講演会(その2)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

李先生の講演会(その2)

李先生講演会(その2)-001
↑ さて昨日の続きです。

至味斎の月例会は通常、報告→講演→ランチ→解散という流れなのですが、年末だけは年忘れ忘年会も兼ねて大抽選会が行われます。

食事が大体済んだところを見計らって、会員の一人が壇上にたち大抽選会の司会を始めます~。

李先生講演会(その2)-002
↑ 先ずは抽選会に先駆け、食後の軽い運動を…

李先生講演会(その2)-003
↑ 司会者の会員さんがノリノリで、あまりにも素人離れした進行に本業の方か?と思ってしまいました。

幽とIma氏は本業の司会者でないのなら、教育関係者か福祉関係者なのだろうか…と色々推測していましたが、李先生によると食堂経営者さんなのだそうです…。

李先生講演会(その2)-004
↑ 司会者の冗談にワッ!!と会場も笑顔に…

李先生講演会(その2)-005
↑ さていよいよ大抽選会の始まりデス!!130名、ほぼ全員に行き渡る程のプレゼントが集まったそうで、中にはホテル宿泊券や百貨店20万ウォン分の商品券などの豪華商品も!!!

李先生講演会(その1)-027
↑ ちなみに幽は11番、Ima氏は10番、李先生が9番です~。

李先生講演会(その2)-006
↑ 最初は皆を代表して、韓福麗氏がくじ引きをします。

李先生講演会(その2)-007
↑ そして見事当選した方はこちら!!

単に「おめでと~!!」で終わると思っていたのですが、ここが韓国というか何と言うか…。

プレゼントが当たった人はもれなく1曲歌わなければならないんだそうデス(爆)!!

ええっ~、何ソレ!?って感じ??

李先生講演会(その2)-008
↑ 続々と当選者が続き、李先生のご友人である利川の食堂経営者も当選です~。

研究院の若手がバックダンサーとして駆り出されています(笑)。

李先生講演会(その2)-009
↑ そして新潟のIma氏が当選!!

李先生講演会(その2)-010
↑ けれども韓国語があまり上手くない…という理由でカラオケは免除してもらいました!!ヨカッタですね!!

李先生講演会(その2)-011
↑ ちなみに何が当選したんだろう??っと会場では分からなかったのですが…

李先生講演会(その2)-012
↑ 帰宅後、開けてみたら大福餅のセットでした!!Ima氏、帰国直前にいいお土産、もらえましたね??

李先生講演会(その2)-016
↑ 続々と当選者が続き、会員の皆さんも壇上で歌を歌っていきます。やっぱり韓国ってこういう席では必ず歌と踊りが必須なんですよねぇ~。

司会者さんもノリノリで場を盛り上げています。

李先生講演会(その2)-017
↑ 時間が押して来たこともあって、豪華プレゼントをあげるから歌え~っ…なんて言ったり、後ろで踊ったら賞品をあげる~などと言って沢山の人たちが舞台に上がります。

李先生講演会(その2)-014
↑ そうこうするうちに、11番の幽も当たって、外国人だからてっきり歌を免除してもらえるだろう??と期待していたら、「この子は韓国語分かるよ!!」と顔見知りの会員にリークされ、結局歌わされることに…。

「韓国の歌、知らないんですけど…」とささやかな抵抗を試みたのですが、「日本の歌でいい!!」と言われたので、仕方なくアカペラで「チューリップ」を熱唱しましたヨ…。ええ…(苦笑)。

李先生講演会(その2)-015
↑ 幽のプレゼントは会員さん寄贈のアロマキャンドルでした~。

李先生講演会(その2)-018
↑ ちなみに李先生は最後の最後まで当選することなく、時間切れ…となり歌わずに終わりました。

李先生講演会(その2)-019
↑ 最後の最後に李先生が当選したのは、このお餅セット。

結局会場制限時間の15時を過ぎても全てのプレゼントを裁くことができずに、10分ほど延長して最後は会場整備係の人に急き立てられるようにしてお開きとなりました…(苦笑)。

本当に終わり方も典型的な韓国だなぁ~って、面白かったです。

こうして2012年の宮中料理研究院・至味斎月例会は終わりました。来年2013年からは李先生が役員メンバーになるので、さらに忙しくなりそうですねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
(^^)
写真を見ていても楽しさが伝わる会ですね
韓国の方は、こういう催しを本当に楽しまれますよね(^^)

ただ・・・
先生のお話しを楽しみにしていたので、私はちょっと残念です
いつか機会があったら紹介して頂けると嬉しいなって思うのですが

今年ももうすぐ終わりですね
日本式ですが・・・良いお年をお迎え下さいませ
(韓国はまだ先ですね)

来年またお会い出来る事を楽しみしています
[ 2012/12/27 20:26 ] [ 編集 ]
全く…(苦笑)
>きんさんへ

本当に韓国の人は集まると歌と踊りをともない、全力で楽しみますよねぇ~。

ちなみに私も李先生の講演会の丸ごとぶっとびに関しては本当に驚きました。至味斎の月例会は外部からの招聘も含めて必ず講演会をするのですが、あれ程潔くぶっ飛んだのは初めてなんじゃ??っていうくらいでしたから…。

もしかしたら、年度末の月例会だけはそういうことを見越して内部の者に講演を依頼しているのかもしれませんね??

私もちょっと李先生の講演会を期待していたので、何だかあまりのことに脱力しましたよ。

日本は今、年末年始の真っ最中ですね??韓国は1月1日だけが祝日であとは全てカレンダーどおりなので、イマイチその雰囲気を味わうことができずに残念です。

それでは、きんさんもよい年をお迎え下さいね。

私も来年、またお会いできることを楽しみにしています。
[ 2012/12/28 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。