李先生の講演会(その1)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

李先生の講演会(その1)

李先生講演会(その1)-001
↑ 昨日はクリスマス~。一歩外に出ると大学路には大きなキリスト教会が多いので、クリスマス礼拝に訪れる人や賛美歌が漏れ聞こえ、クリスマスムード満点です。

しかし幽の寄宿舎内は過半数がイスラム圏の住人だからなのか、キッチンも含めて全くのクリスマス色ゼロ!!という、内と外がとてもアンバランスなクリスマスを過ごしました…。皆さんのクリスマスはいかがでしたでしょうか??

さて、本日は以前ブログで少し紹介しましたが、宮中料理研究院の卒業生で構成される団体、チミジェ(지미재:至味斎?)2012年度最終月例会にて行われた李先生のモシと韓紙の講演会、潜入レポです~。

李先生講演会(その1)-002
↑ 今回は忘年会も兼ねているとのことで、いつもの月例会とは違う江南にある外交センターのクリスタルホールを借りたとのこと。

李先生講演会(その1)-003
↑ 天気はイマイチでしたが、12階から見る江南の風景は中々のものです。

李先生講演会(その1)-004
↑ 2013年度から至味斎の総務に抜擢された李先生は、いち早く会場入りして、会員全員に配られることになる手土産の袋詰め作業をしています。

李先生講演会(その1)-005
↑ 本日の参加者は130名にもなるそうで、手土産の準備だけでも結構大変な作業となりますねぇ~。

李先生講演会(その1)-006
↑ ちなみに手土産の中身は高級煮干し!!研究院に所属する会員の寄付なんだそうですよ??出汁をとってもそのまま食べても美味しい煮干しなんだそうで、さすが料理人の集まり…。

料理とは無縁の幽がもらっても困ってしまうような手土産デシタ…(苦笑)。

李先生講演会(その1)-007
李先生講演会(その1)-008
↑ その後も李先生は大忙し!!130名にものぼる参加者の名札の準備なんかもしています。

李先生講演会(その1)-009
↑ ちなみにその間、部外者の幽と新潟のIma氏は宮中料理研究院の重鎮先生と写真を撮らせて頂いたりして、忙しい李先生を横目にまったりと…。

ところでこの先生は御歳86歳!!とても見えません…。このお歳になっても鮮やかなピンクが似合うなんて!!本当に素敵ですねぇ~。

李先生講演会(その1)-010
↑ そうそう、以前役員皆の協力により1日がかりで作ったモシと韓紙の小皿も持って来ましたよ。

李先生講演会(その1)-011
↑ 講演時に実物を見せながら話したほうがいい…とのことで、受付を済ませた人にすぐに手渡せるように並べておきます。

李先生講演会(その1)-012
↑ ようやく準備が完了すると、続々と至味斎会員の方が集まって来ました~。

李先生講演会(その1)-013
↑ 部外者の幽とIma氏にも小皿を頂きました。さて何に使おうかなぁ~??

李先生講演会(その1)-014
↑ 交通渋滞のため30分始まりが遅れましたが、会場もようやく一杯になり、いよいよ今年度最後の月例会が始まります!!

李先生講演会(その1)-015
↑ 先ずは役員人事交代について報告。来年度から李先生を含めた5人が至味斎を引っ張っていくことになるんですねぇ~。

李先生講演会(その1)-016
↑ お次は宮中料理研究院の院長、韓福麗氏の挨拶~

李先生講演会(その1)-017
↑ そして通常の月例会なら新規会員だけが自己紹介…と続くのですが、今回は年度末ということもあり、参加者全員が近況報告をしていくことに!!

李先生講演会(その1)-018
↑ 皆さん、手短かに近況報告をしているのですが、それでも100名を越すと結構な時間がかかります。

ちなみに会員のほとんどは女性なのですが、幽とIma氏の同テーブルになった方は少数派の男性です。他の会員の方と郷土料理を産業化するにあたっての問題点を熱く語っておられました…。

李先生講演会(その1)-019
↑ そしていよいよ!!!!!!!

会員全員の自己紹介が終わった後、李先生の講演会の始まりデス!!!!!

李先生講演会(その1)-020
↑ 会員の方々も配られた小皿を取り出して、興味深そうに眺めてくださっているのですが…

しかぁ~っっっっし!!!!

始まりが30分遅れたうえに、さらに100人超えの近況報告によって既に食事時間に!!ブッフェ準備が完了したとの報告が入り、結果的に30~40分程予定されていた李先生の講演会が完全にぶっ飛びマシタ!!(爆)

一応、李先生、原稿の準備とかしていたのにねぇ~(苦笑)。壇上でおそらく5分も話さないうちに終わってしまいました。

あまりのことに「私、何しに来たのかなぁ~??」ともらしたら、同テーブルの男性が「いやいや、講演と挨拶は短ければ短いほどいいんだよ(笑)。ブッフェを楽しみに来たってことでいいんじゃない???」と慰められる(?)ことに…。

李先生講演会(その1)-021
↑ 李先生は壇上で講演というよりは、事務事項を伝えただけで終わり(苦笑)、すぐに乾杯~!!!

いやはや、こういう臨機応変なところって実に韓国式だと幽は感心しましたヨ…。

李先生講演会(その1)-022
李先生講演会(その1)-023
↑ 乾杯の後は各自、自分で料理をとりに行きます~。

李先生講演会(その1)-024
↑ Ima氏も韓国式の大団体の集まりは初めてだったそうで、李先生の講演会のことも含めて「興味深い…」と驚いてマシタ…。

李先生講演会(その1)-026
↑ あ、デザートもある!!でもこれは後にして…

李先生講演会(その1)-025
↑ 結果的に何しに来たのだか分からない感じになった幽も、色々お皿に盛ってとりあえず腹ごしらえです~。

李先生講演会(その1)-027
↑ そして通常の月例会なら、このランチが終わったら各自解散…ということになるのですが、今回だけは後半戦に続きます~。

後半戦の大抽選会については、また明日~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。