北韓料理セミナー2期4回目

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北韓料理セミナー2期4回目

北韓料理2期4回目20121126-001
↑ 月2~3回ずつ集まって行われる北韓料理セミナーは、通常前半部に発表者が北韓料理について調べて来たことを発表した後、後半に北韓料理を2~3種類選んで調理実習をする…という流れになっています。

そして、その料理は国立国会図書館を初めとした様々な公的機関において公開されている、北韓料理関係資料などの中から毎回数個を選んでいます。

このセミナーは1期目が中々好評だったこともあり、現在2期目。そんな中、今回初めてゲストとしてセトミン(새터민)の方をお呼びして、実際に北韓の人々が食べている料理を実演・実習することになりました。

北韓料理2期4回目20121126-002
↑ こちらが材料です。

セトミンについては北韓料理セミナー2期2回目①でも説明したことがありました。そこで書いたように、厳しい境遇にあるセトミンの人々が韓国でも手に入る材料で故郷の味を懐かしんで作っているという料理を3品実演してくれたのです。

その3品は「豆腐ご飯(두부밥)」「じゃがいも餃子(감자만두)」「もち米スンデ(찹쌀순대)」です。

豆腐ご飯については北韓料理セミナー2期2回目②でご紹介したことがありましたね。

北韓料理2期4回目20121126-004
↑ 先ずは水気を切って斜めに切っておいた三角形の豆腐の真ん中に切り込みを入れ油で揚げます。

北韓料理2期4回目20121126-003
↑ 次に具になる野菜ご飯を作ります。味付けは塩とごま油でした。

北韓料理2期4回目20121126-005
↑ 炒めた野菜ご飯を揚げた豆腐に挟んで完成です。

北韓料理2期4回目20121126-006
↑ 北韓では本当に日常的に食べられる、ありふれた料理だそうです。味付けもとてもシンプルで確かに何に一番近いか?といわれればいなり寿司かもしれません。

北韓料理2期4回目20121126-011
↑ 次はじゃがいも餃子です。この料理についても第1期のセミナーで「両江道のジャガイモ料理」①その②で似たような料理を作ったことがありました。

北韓料理2期4回目20121126-007
↑ じゃがいも餃子は小麦粉の入手が難しい北韓で、小麦粉の代わりにジャガイモ澱粉を練って餃子皮を作ったものです。

北韓料理2期4回目20121126-008
↑ 小麦粉と触感が少し違いますが、十分に餃子皮は作れます。

北韓料理2期4回目20121126-009
↑ 餃子の具は白菜、ネギ、豚肉などが定番なんだそうです。蒸餃子にするのが一般的です。味は小麦粉の餃子よりも若干あっさりとした味わいでしょうか…。

北韓料理2期4回目20121126-013
↑ 最後はもち米のスンデです。豚の腸にもち米やネギ、豚肉、ラード、そしてソンジと呼ばれる豚の血などを加えた具材を詰めていく料理です。

北韓料理2期4回目20121126-014
↑ レバーなどが苦手な人はスンデはちょっと食べられないかもしれません。

北韓料理2期4回目20121126-012
↑ 今回、講師役として来て下さったセトミンの方から、北韓の日常生活についてなど色々興味深い話が聞けてとても楽しい時間を過ごすことができました。

北韓料理2期4回目20121126-015
↑ 最後は皆で作った北韓家庭料理を食べ、後片付けを終えて解散。

北韓セミナーで外部から講師を頼んだのは初めてでした。けれどもやはり実際に住んでいた方から聞く北韓の生活は、資料を通して、あるいは母からの話などとはまた違い、非常に臨場感が溢れるものでした。

そしてそこにも間違いなく人々の平凡な日常生活があり、人々が一生懸命生きているんだ…と、今更何をといわれそうな感想ですが、それを強く実感することになりました。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。