料理教室レポート

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート

ryouri20121119-003
↑ 11月2日(金)に行われた料理教室レポートです。今回のメニューは九節板、チャプチェ(雑菜)、オンバン(温飯)の3メニューでした!!

ryouri20121119-001
↑ 参加者は1ヶ月ポジャギ修行中のK氏を激励(?)にやって来た、福岡ぱらんまだんのご友人2人+K氏で総勢3名の料理教室です~。

聞いた話によりますと、福岡ぱらんまだんのポジャギ教室仲良し3人組とのこと…。前日の11月1日(木)には3人でポジャギの1日体験教室もされたそうです(写真がなくて残念!!)。

そして2目目は料理教室、次の日には帰国…と、2泊3日の日程を全てダムル工房に費やして下さったとのこと…。

ryouri20121119-002
↑ いつもどおり料理の説明から入ります~。

もちろん3つの料理を同時進行なのですが、書きにくいので料理ごとにレポートしていきます。

ryouri20121119-011
ryouri20121119-012
↑ 先ずは九節板から。この料理教室では結構定番になって来ましたよねぇ~。ご存知のとおりひたすら材料を細く千切りにしていきます。

ryouri20121119-013
↑ 切った後は炒めて、冷まします。

ryouri20121119-014
ryouri20121119-015
↑ 次は錦糸玉子です。手と竹串を使って玉子が破れないようにひっくり返すのですが、皆さん何事もないようにされているので「熱くないのですか?」と思わず聞いてしまいました…。

答えは当然「熱いですよ??でもこれくらいは我慢しないと…。」とのこと…。そ、そうですよね…。

ryouri20121119-016
ryouri20121119-017
↑ 綺麗な錦糸玉子ができましたぁ~。

ryouri20121119-018
↑ 次は九節板の真ん中におくクレープを焼きます。

ryouri20121119-019
↑ 錦糸玉子も千切りにして…

ryouri20121119-020
↑ 器に盛り付けて…

ryouri20121119-021
↑ 九節板の完成です!!

ryouri20121119-061
↑ 助っ人参戦のharu氏も合流して、和やかにわきあいあいと料理教室は進んでいきますよ。

ryouri20121119-031
↑ お次はチャプチェ。材料の野菜や牛肉は九節板ほど細切りにする必要はありませんが、細かく切っていきます。

ryouri20121119-032
↑ 切った材料を炒めていきます。

ryouri20121119-034
↑ 韓国春雨を水に1時間ほど付けて戻しておきます。

ryouri20121119-035
↑ 水で戻した春雨をフライパンで炒めていきます。

チャプチェは家庭ごとに色々な作り方があり、春雨を茹でる方法もあります。けれども茹でてしまうと春雨のコシがなくなってしまうので、李先生は戻した春雨をそのままごま油で軽く炒めるだけなんだそうです。

ryouri20121119-033
↑ 先ほど炒めた野菜を大きな器に移しておきます。

ここで気をつけて欲しいのは、野菜や春雨などの材料全てに下味としてごま油を入れると、最終的には油くどくなってしまうことです。

そのためごま油は材料全てを混ぜ合わせた後、最後に味見をしながら少しずつ入れて仕上げて下さい…とのこと。その方がさっぱりして美味しくできるそうですよ。

本当に料理の上手下手って、そういう些細な手間の違いだけなんですよねぇ~。

ryouri20121119-037
ryouri20121119-036
↑ 混ぜ合わせたらチャプチェの完成です!!

ryouri20121119-041
↑ 3品目は温飯です。先ずは小豆ご飯を炊く準備です。

ryouri20121119-042
↑ 次は前日から水に付けておいた緑豆(当日なら5~6時間ひたしておけばOK)を水で洗って豆皮を剥がしていきます。

ryouri20121119-044
ryouri20121119-045
↑ ミキサーにかけて~

ryouri20121119-046
↑ 塩、胡椒で軽く下味を付けておきます。

ryouri20121119-047
↑ フライパンに大目のサラダ油を引いて焼いたら、緑豆のジョンが完成です。

ryouri20121119-043
↑ 前日から鶏を丸ごと1羽、昆布、生姜、塩、胡椒、焼酎などを入れて煮込んで冷ましておいたスープを再度加熱します。

ryouri20121119-048
↑ 再沸騰させて10分ほど煮込んだ後、鶏肉を取り出します。

ryouri20121119-049
↑ 鶏肉は細かくほぐします。

ryouri20121119-050
↑ キュウリの輪切りと牛肉を炒めて塩と胡椒で味付けしたものも準備したら~

ryouri20121119-051
↑ 炊き上がった小豆ご飯の上に3つの材料をのせ…

ryouri20121119-052
↑ 仕上げに鶏肉のダシスープを注いで、温飯の完成です!!

ryouri20121119-062
↑ 3品完成したら、いよいよ試食タイムです!!

料理中の雑談で判明したのですが、K氏を除いた2人とは数年前のぱらんまだんツアーで、幽にもharu氏にも会ったことがあったんです!!そのため既知の友人のように色々話も弾み、楽しい時間を過ごせました!!

ryouri20121119-063
↑ 3品料理に李先生お手製のムルキムチも付け加えられ、幽もご相伴に預かりました。

温飯って簡単そうな料理ではありますが、前日から鶏肉1羽を煮込んだり緑豆を水に浸したりと結構手間ヒマがかかっていますよね。

そんな料理は絶対に自分では作らないので(苦笑)、とても新鮮で美味しかったです!!

どうもご馳走さまでした!!

この日の午後はK氏も含めた3人で踏十里の古美術商街へ行ったそうですよ??

けれども結果的に日程のほとんどをダムル工房に当てて頂いたわけですよね…。ダムル工房ツアーは楽しめましたでしょうか??

それでは、またお会いできるのを楽しみにしています~!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。