韓国の紙(韓紙)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国の紙(韓紙)

韓紙20121115-01
↑ これはシルクに韓紙を混ぜて作られている布です。

宋時代の中国人は高麗紙と呼ばれた韓国の紙をとても丈夫なだけでなく、雪のように白くシルクのように滑らかだと賞賛していたそうです。そのため当時の使節は必ず礼物として高麗紙を持っていくことが慣例だったそうですが、その秘密は紙に繭を仕込んでいたからなのだとか…。

韓紙20121115-02
↑ 現在、この布を使って窓枠模様のホッポ作品に挑戦中です。

その丈夫な韓紙を使って色々な工芸品を作るのが韓紙工芸と呼ばれるものですが、これは庶民の間で発達した室内文化でした。当時の人々が紙一枚も捨てることなく大切に扱うなかで自然に生まれた生活文化のひとつといえます。

韓紙20121115-05
↑ これが図案。景福宮にある建物の窓枠です。

韓紙の特徴を最も生かすことができるものが裁縫道具入れといわれています。道具入れの蓋を開けると立体的な区画に区切られ、小さくて可愛い引き出しひとつひとつに裁縫道具を入れることができるようになっています。本当に美しい作品が多くて、眺めているとあれもこれも欲しい…となってしまう程です。

韓紙20121115-04
↑ 紙とシルクを混ぜて織ったことから生じる模様がいい味を出しています。

もちろん裁縫道具入れだけではなく、韓紙は傘、雨合羽、うちわ、紙靴などなど色々な作品がありますが、どれも実用に耐える優秀な材質と言えます。

韓紙20121115-03
↑ 実物の窓と同サイズにしたいと考えているので完成はまだまだ先ですね。

17世紀には韓紙を巡る上告記録も残っています。それは肅宋9年(1683)に漢城判尹という職位にある人が訴えたという記録なのですが、当時閑良(한량)という上流階級の間で紙靴が大変流行りました。そのため材料の韓紙が高く売れたことから士大夫の家にある書籍を盗み出そうとする泥棒が激増したのだとか…。これを厳しく取り締まってくれ…と訴えた記録なんだそうですが、上流階級がこぞって買い求めようとするほどに紙靴の履心地は中々のものだったことが伺いしれるエピソードですね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/11/15 10:06 ] ポジャギ 韓国の紋様 | TB(0) | CM(4)
お世話になりました
お礼が遅くなってしまってすみません
本当にお世話になりました

工房での時間はとても楽しくて、1つを聞くとそこにつながる色んな事を教えて下さる先生のお話しも毎回楽しみでした
残念なのが、韓国語ができないという事・・・せっかくの先生のお話しが正確に理解出来ていないんじゃないかと歯がゆい思いでした
次回はもう少し分かるようになっていたいと思います
出していただいた「宿題」は、ゆっくり進めています
終わってしまうのが勿体ないので・・・(^^)
いつか皆さんのように時間をかけて教えて頂けると良いのにと思います
(もっと、もっと、休みが欲しいです!!)

今回の作品も大作ですね。出来上がりが楽しみです
図案を見ただけで、私には理解不能ですが(^_^;)
韓紙のエピソードも面白いです
先生から教えて頂くこういうお話し、大好きなんです♪

出来の悪い生徒で申し訳ありませんが、
来年またお邪魔したいと思っています。どうぞ宜しくお願いします

これからソウルも本格的な冬ですね
お身体大切にして下さい
[ 2012/11/16 01:13 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!!
今回は幽が私用でバタバタしている時期なので(この時期は毎年そうなのですが…)、あまりゆっくりお話できずに残念でした。

けれども短期集中クラスの方は楽しんで頂けて何よりです。

韓国語は…、う~ん、確かに出来た方が李先生は色々な雑談が好きな方ですからより楽しめることは楽しめるかもしれませんね??

来年お会いできることを楽しみにしています。

その時はもう少しお話できる時間があるといいのですが…。
[ 2012/11/16 09:44 ] [ 編集 ]
ステキですね〜♪
>幽さま
PC生活に復活、チュッカヘ〜♪
また先生のブログが楽しめるようになって嬉しいです。

このシルクと韓紙の布、私も広蔵市場で買って、ウリチングにサンポを
作ってもらったことがあります。
シルクと韓紙、どっちが縦糸でどっちが緯糸に使っているんでしたっけ?

先生の窓枠模様のホッポ、図案を見るだけでステキですね!
出来上がりが楽しみです。

韓紙に関しては全州市が町起こしのために作った映画が興味深かったです。
韓国語ができない&DVDには日本語字幕がないから、英語字幕で見ましたけど(^^;)
☆『달빛 길어올리기 /月の光をすぐい上げる』
http://yohnishi.at.webry.info/201108/article_4.html
http://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=72326


[ 2012/11/18 00:15 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
>Shiva さんへ

お久しぶりです!!

いつも有益な情報有難うございます。
この映画面白そうですね!!ぜひ時間をみて、観てみたいと思います。

それから韓紙とシルクの混合布についてですが、
李先生が今使っているのは、縦糸は全てシルクで横糸の数本はシルクですが、
2本ずつ韓紙が織り込まれているものです。

他にも韓紙をどの程度入れるのかによって色々な種類の布があるそうです。

それでは、また再開したブログの応援を宜しくお願いしますね!!
[ 2012/11/19 14:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。