ブログ記事、復活~!!

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブログ記事、復活~!!

ブログ復活20121112-001
↑ 2012年11月6日(火)に終了した東京都美術館・日本手工芸指導協会公募展にて「努力賞」を獲得した朴春花氏の「韓国伝統婚礼衣装1/2サイズ」です。

李先生の「金賞」、福岡M氏の「佳作」、そして今回の朴春花氏「努力賞」で、この公募展におけるダムル工房関係の受賞者が3人になりましたね!!朴春花先生、おめでとうございま~っす!!

…さて、10年愛用のPCが突然何の前触れもなく完全に昇天した後、新しい相棒PCを求めて彷徨っておりました…。李先生のブログ記事を楽しみにして下さっている読者の皆様を随分お待たせしてしまいました。本当にごめんなさい。m(_ _)m

また新たな気持ちで始めたい…と思うのですが!!!!

とにかくブログ休筆の間も余りに色々なことがあり~、さて何処から書き始めようか…ととまどう程です(汗)。ま、とりあえずしばらくは休筆の間に起こったあれこれを少しずつ書いて行こうか…と思っています。

ブログ復活20121112-002
↑ 先ずはちょっと前の話になりますが、てまり課程の2人の韓国人生徒さんが全課程を修了し、無事講師資格を取得したとのことで慰労会が開かれました。

ブログ復活20121112-003
↑ 何故かダムル工房の坂の入り口には、ソウルで行列ができるチキン屋さんとして名を馳せる付岩洞(부암동)チアーズ(치어스:Cheers)の支店があるのです!!

最初見た時は「何故こんなところに??」と目を瞠りました!!いつか噂のチキンを食べてみたい…と思っていましたが、今までは量が多すぎて断念していました。それなのに今回デデーッン!!鎮座しているではありませんか??

ちなみにこのチキンは、李先生からの差し入れだったのですが、本人は全く知らずに近所のチキン屋で買っただけ…だったんだとか…(爆)!!

ブログ復活20121112-005
↑ お祝いなので、ピザまで差し入れられてマス…。デ、デカイ…。

ブログ復活20121112-004
↑ 栄養バランスを考えて野菜も色とりどりに準備~。そこはさすが料理に自信がある人たちが集まっているだけありますねぇ~。

ブログ復活20121112-006
↑ 本店とどのくらい同じなのか、あるいは違うのかは分かりませんが、確かにパリッとした衣で美味しかったです…。しかし何気にピザが巨大でチキンはあんまり食べられませんでした…。残念!!

ブログ復活20121112-009
ブログ復活20121112-010
↑ J氏とI氏、長い間お疲れさまでしたぁ~。でも工房を準備したり教室で教えたりと、むしろこれからが本番といえば本番なのかもしれませんね…。

ブログ復活20121112-008
↑ もう2週間(?)程前に束草へ帰ってしまいましたが、Y氏も新しく工房を開きます~。今頃、忙しく開店準備でもしているのかな??この日はY氏の送別激励会も含めていたんだそうです。

何だか最近ダムル工房の生徒さんたちが続々と地方都市で新しく教室や工房を開こうと頑張っているみたい…。韓国も随分手工芸愛好家が増えているようですねぇ~。

ブログ復活20121112-007
↑ 幽とharu氏、そして1ヶ月の修行中のK氏もお呼ばれしました…。相変わらず工房は人でいっぱい!!の慰労&激励会でした。

う~ん、まだまだ山ほど色々報告があるのですが…。何から書いたらいいのやら…(苦笑)。

とりあえず…、またブログ復活しましたので、どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
お世話なりました~
まだかな~と思いながら覗いて見たら見事復活されていました。良かったです(^_^)
今月末28日から30日にソウルに行く事になりました。今回は知り合いの社長(女性です)のお供というので社長とその友達が朝鮮ホテルで私がロッテホテルという豪華版です。時間が取れたら幽さんとナ社長にお土産持って行くので又連絡しますね~
[ 2012/11/11 22:47 ] [ 編集 ]
行って来ました東京
ちょうど手工芸作品展の開催中に東京へ行くことになったので、手工芸作品展、見て来ました。ポジャギの飾り付けをもう少し考えてくれるといいのにと思いました。
しかし、工房の方の手まり、ポジャギ等素晴らしかったですよ。撮影禁止なのが残念でした。
[ 2012/11/12 09:23 ] [ 編集 ]
お久しぶりです~
>さかたさんへ
→ あ、今月末というともうすぐじゃないですか??実は社長は現在海外にいらっしゃって、いつ頃お帰りになるのか、聞いてみますね??

私はいるので、お会いできたらいいですね!!

>香奈恵さんへ
→ 実は飾りつけについては観覧された方から色々聞いています。(苦笑)

けれども協会側からは審査にかかわる等の諸事情ため、もし展示方法に何かこだわりがある場合は、自ら会場へ行って設置しなければならないそうなのです。

さすがに毎回展示のために日本へは行けないので、諦めるしかないんです…。

それでも不利な状況下で受賞された方々は本当にスゴイな…と思います。


[ 2012/11/12 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。