秋、真っ盛り!!

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋、真っ盛り!!

秋、真っ盛り20121010-001
↑ このところ本当に真っ青な青空が広がり、最高の観光シーズンに入っているソウルです~。

ダムル工房の空も「天高く…」をまさに地でいく爽やかな青です!!

秋、真っ盛り20121010-002
↑ そんな中、ブログの読書さまの一人、今回ダムル工房訪問が初めての福岡在住K氏です~。

秋、真っ盛り20121010-004
↑ 10日間の休暇を何とか捻出してチョガッポ修行にいらしたとのこと…。こんなにいい天気なのですが、室内で黙々と作品づくりに励んでいらっしゃいます。

秋、真っ盛り20121010-005
↑ 挑戦中の作品は「亜字窓(아자창)」のホッポ作品です~。K氏はモシで挑戦です~。

秋、真っ盛り20121010-013
↑ ちなみにこれが完成形。李先生はオクサで作っています。

秋、真っ盛り20121010-012
↑ 思ったより手間隙かかって大変だけど、とても楽しい!!とおっしゃってました。

秋、真っ盛り20121010-007
↑ おおっ~!!1日でここまで完成です!!お疲れさまです~。まだ10日間もあるので、詰め込みすぎずにノンビリ行きましょう!!

秋、真っ盛り20121010-003
↑ しばらくすると韓国在住組のM氏もやって来ました。如意珠紋に挑戦中です!!時間がかかって大変なんだとか…。

秋、真っ盛り20121010-006
↑ 皆でセッセと作品を作っていたら、77歳でチャムシルからお一人でナクサン公園の壁画マウルへいらした妙齢のご婦人が偶然ダムル工房を見つけ、さらにM氏の如意珠紋を見て「私も作りたい!」と興味深々でした。

実は最近新聞で報道された「ソウルで散歩に最適な地域」ベスト10のうち、ダムル工房のあるナクソン公園壁画マウルが1位に選ばれたんです!!これからこういう飛び込みの韓国人の方が増えるかもしれませんねぇ~。

何でもご婦人はヘイリの「国際ポジャギフォーラム2012年」に行って来たとのことで、あの不便な場所にひとりで高速バス乗って行ってくるなんて…と驚きました。元気の秘密は好奇心の旺盛さなのでしょうか…。あ、写真撮り忘れた…。

秋、真っ盛り20121010-008
↑ 帰り際、M氏が布の切れ端を購入したいとのことで…

秋、真っ盛り20121010-010
↑ ダムル工房の端切れセットから色を選びますが、圧倒的にピンクが占める割合が高い…。

秋、真っ盛り20121010-009
↑ この端切れセットは李先生がご友人の韓服屋さんから分けてもらっているものなんです。チマチョゴリを作った後、捨てられてしまうような布を仕分けしてアイロンかけし、ビニールに詰め込む作業をするのは、最近お祖母さまのお仕事になっています~。

本当に韓服の端切れなので、色合いがどうしてもピンク中心になってしまうんですよねぇ~。

秋、真っ盛り20121010-011
↑ さて本当のチョガク(조각:端切れ)で作られるチョガッポ(조각포:端切褓)!!一体どんな作品に生まれ変わるのでしょうね!!

実は今日から11月中旬まで、ブログ読者さんで今回初めて工房に修行に来られる予定の人が続々といらっしゃいます!!

日本のチョガッポブーム、本当にスゴイんですねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。