メドゥプ材料

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メドゥプ材料

メドゥプ材料の店1005-003
↑ 先週の広蔵市場の買出しレポートの続きです~。

麻薬キンパッを食べて腹ごしらえをした後は、メドゥプ材料の買出しです。この店はキュバン工芸のアクセントに使う刺繍が沢山ありますよぉ~。

メドゥプ材料の店1005-020
↑ こちらもダムル工房ではお馴染みのメドゥプ材料のお店です。双子の姉妹が店員さんをやっています。

メドゥプ材料の店1005-002
↑ 定番の携帯ストラップやキーホルダーなども格安で売っている店なんです。半分くらいの商品を双子の姉妹がセッセと作品を作っています。

ここ1ヶ月間に福岡ぱらんまだんのkana氏のお使いや大宰府のK氏のお使いなどなど、立て続けに通って結構沢山買っていったことから、部外者の幽がちょっとした常連客になってしまっています…(苦笑)。

メドゥプ材料の店1005-004
↑ 日本人ポジャギクラスの生徒さんに頼まれて、この蝶の刺繍パーツをよく買うんですが…。

そしたら、双子の姉妹が日本人はこういう刺繍パーツが好きらしい…と思ったらしく、私の顔を見るや「新しい刺繍パーツを入荷してみたよ!!」と…。

こうなると中々買わないわけにはいかないので(苦笑)、お土産用に幾つか新しい刺繍パーツを購入してみました。

このお店は近くにあるメドゥプ専門店の半額以下の値段で買えるんですよぉ~。

メドゥプ材料の店1005-005
↑ こちらもデザインの違う蝶々のパーツ

メドゥプ材料の店1005-006
↑ これも蝶々。日本人は余程蝶々が好きだと誤解されているのかな??(笑)

メドゥプ材料の店1005-007
↑ これはお花。

メドゥプ材料の店1005-008
↑ 金魚は初めて見ました!!haru氏も「可愛い!」と購入です~。

メドゥプ材料の店1005-009
↑ これは韓国凧ですね。名節には韓国でも凧揚げをしました。最近のソウルでは中々開けた場所が少なくてあまり見ませんけどね。

メドゥプ材料の店1005-010
↑ 福チュモニもあります。

メドゥプ材料の店1005-014
↑ この福チュモニは携帯ストラップなどでよく見るパーツですよね…。

門外漢の幽にはこれらの刺繍パーツをどう使おう…とか考える楽しさは全くないのですが(苦笑)、でもこういう小さくて可愛いパーツって眺めているだけでも癒されますよねぇ~。

ここ数年で急に手造り好きな人に囲まれることになったので、そういう人にプレゼントしたらどんな作品に生まれ変わるのか…と考えると、とっても楽しみデス!!

メドゥプ材料の店1005-013
↑ 広蔵市場はポジャギ材料だけがあるのではなく、とても安い値段設定の八百屋さんもあります。

メドゥプ材料の店1005-012
↑ 果物もちょっと見ない間に随分秋のものに変わりましたねぇ~。

ただこういうモノはひとり暮らしには量が多すぎたり、市場では重たくて持ち歩けないことから、「わ、安い!!」と思っても買えないことの方が圧倒的に多いです。

メドゥプ材料の店1005-011
↑ けれども今回ばかりはすっごく美味しそうなコグマ(고구마:薩摩芋)が5,000ウォン(今のレートなら350円くらい)で売っていたので思わず買ってしまいました!!

薩摩芋は蒸かすだけで、簡単なお弁当にもなるので結構有難い食材です。こういう野菜を見ると秋の到来を強く感じますね!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/05 10:07 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(2)
行きた~い
春に市場へ行ったのに、又、行きたくなりました。
その時は、布ばかりに目が行ってました。
4月からメドゥプも習い始めたので、お店のリサーチも結構したりしてます。
双子の姉妹が居る店は、結構ブログで紹介されていますね。
上の写真は違う店でしょうか?
今度、行く時は市場を隈なく歩き回りたいと思ってます。

[ 2012/10/06 13:00 ] [ 編集 ]
そのとおりです。
>ビョンミさんへ

初めまして…ですよね??

そうです。一番上の店は違う店です。単に名前を忘れただけなのでスルーしていました。

場所はすぐ分かるところなので、ま、いっかぁ~っと思って。

広蔵市場は隈なく散策すると体力も時間も必要で、あっという間に1日経ってしまいますよねぇ~。そういうことができるのは旅行者の特権だと思います。

是非楽しみながら掘り出し物を探してください。
[ 2012/10/07 11:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。