韓国の布~ヤンダン~

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国の布~ヤンダン~

ヤンダンの作品
↑ ヤンダンの作品
(韓国のスゴロク遊びユンノリ[윶놀이]をヤンダンで再現した作品)

タン(단;緞)とは銀糸や色糸で色々な模様を入れ、分厚く織り上げた高級な絹織物のことをいいます。分厚い布地であることから、主に冬の布地として使用されてきました。

ヤンダン
↑ ヤンダン

もともとヤンダン(양단;洋緞)という言葉は、朝鮮半島が西洋諸国と交流するようになった時代に生まれました。つまり輸入されたイギリス産の絹織物を、それまであった国内産の絹織物と区別するために作られた言葉だったのです。

けれどもいつのまにか本来あった意味が失われ、現在では模様が入ったタン(=紋緞)を総称する言葉に変化してしまいました。

ウムンダン
↑ ウンムンダン

模様がないものをコンダン(공단;貢緞)、雲の模様があるものをウンムンダン(운문단;雲紋緞)などとも呼びます。

ソモクムンタン
↑ ソモクタンムンタン

また桃花・ザクロ・仏手柑(注1)などの模様があるものをトリュブルスムンダン(도류불수문단;桃榴佛手紋緞)、蓮花・牡丹花の模様があるものをハファモランタン(하화모란단;荷花牡丹緞)、笑牡丹(注2)の模様があるものをソモクタンムンタン(소목단문단;笑牡丹紋緞)などなど、他にも沢山の紋様があります。

(幽の補足説明)
注1;仏手柑(ブシュカン)とはミカンの一種です。果実の形が手の指の形をしていることからこのような名が付けられたといいます。インド産の果物なのですが、果実が少ないため生食はせず、砂糖漬けにしたものを食べます。

注2;笑牡丹とは、シャクヤク(芍薬)の花のことをいいます。


↓ ブシュカン[NAVER出典画像]
ブシュカン

↓ シャクヤク[NAVER出典画像]
シャクヤク

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/02/21 10:40 ] ポジャギ 韓国の布 | TB(0) | CM(1)
ヤンダンの名前を前から知りたかったのでとても勉強になりました。
[ 2012/03/04 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。