オープニングセレモニー

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー0920-010
↑ 以前このブログでもご紹介したシスター・エリザベートの展示会のオープニングセレモニーに李先生が招待されましたぁ~。

オープニングセレモニー0920-020
↑ 場所は明洞のランドマークでもある明洞聖堂の真横にあるカトリック会館です。久しぶりに明洞聖堂をじっくりと見たなぁ~。

オープニングセレモニー0920-001
↑ その1階にある平和画廊で来週の25日(火)までやっています~。明洞に行かれる機会がある方は是非お立ち寄り下さい!!

オープニングセレモニー0920-002
↑ 展示会場に入ると、当たり前といえば当たり前なのかも知れないけれど、観客の大半がシスターたち!!という状況に先ずビックリ…。幽の人生のなかで、こんなに多くのシスターを一度に見たことあったかなぁ~???

最近ダムル工房でよくお見かけするので、すっかり慣れたつもりだったけど…。それでもこれだけ多くの修道女の方々が集まるとやっぱり壮観ですねぇ~(^^)。

オープニングセレモニー0920-003
↑ 神父様が所用で10分ほど開始が遅れる…との連絡が入ったため、皆で作品を鑑賞しながら待ちます~。シスターエリザベートから作品の解説を聞いたり~

オープニングセレモニー0920-004
↑ 最近ダムル工房に来て、作品を作っている顔見知りのシスターと談笑している李先生~。

オープニングセレモニー0920-006
↑ そうこうするうちに神父様がいらっしゃって、オープニングセレモニーが始まります!!

オープニングセレモニー0920-005
↑ テープカットです~。おおっ??李先生、格好いいですねぇ~。

オープニングセレモニー0920-007
↑ 次は比較的若い方が多い修練生の方々が聖歌を披露して下さいました。皆さん、素晴らしいハーモニーです!!

オープニングセレモニー0920-008
↑ そして、シスターエリザベートのお話。

「この2年間、コツコツと作りためて来た作品を発表しています。けれども他のシスターや修練生、さらに自国の文化でありながら全く何も知らなかった私にチョガッポ技術を教えてくれた李先生たちの協力がなければできなかったことです。この展示会は自分の展示会というより協力してくれた皆を代表して実現できたと思っています…。」

オープニングセレモニー0920-009
オープニングセレモニー0920-011
↑ セレモニーの後は、皆でお菓子をつまみながら談笑です~。

オープニングセレモニー0920-013
↑ あ、そういえば…、ブログ記事掲載以降も李先生の作品、何を出品するか二転三転したらしく、結果的にはヌビのテーブルラナーに落ち着いたようです~。展示品との色合いの調和を考えたとのこと…。

オープニングセレモニー0920-012
↑ この後、工房で生徒さんが待つ李先生はすぐトンボ帰り~。幽もそのまま職場へGO!ってな感じで、オープニングセレモニーの慌しさもあり、あまりじっくりと作品を鑑賞する時間がありませんでした。

なので次の休日にharu氏とゆっくり観にいこうと思っています。天然染色ならではの優しい色合いの作品が多いのが特徴的でしたねぇ~(ちなみに作品の近影写真は禁止ですので、気をつけて下さい)。

あ、そうそう…。気をつけることと言えば、もうひとつあります!!

現在明洞聖堂が工事中のため、カトリック会館「平和画廊」への入口が変則的になっているのです~。

オープニングセレモニー0920-019
↑ 本来なら明洞聖堂の真横にあるカトリック会館は、この階段を登って行くのですが、現在はご覧のとおり改修工事中で通ることができません。なのでこの階段を登ることなく…

オープニングセレモニー0920-018
↑ 階段の左側に掲げられているポスターの矢印どおりに左に進みます。

オープニングセレモニー0920-016
↑ スターバックスのすぐ近くにある明洞の入口まで出てきて下さい。

オープニングセレモニー0920-017
↑ この道なりに進んでいくと、カトリック会館の裏門に出ることができます。駐車場を抜けて裏門からカトリック会館に入り、1階まで階段かエレベーターで登って下さい。裏門から入るとそこは地下1階になっています。

オープニングセレモニー0920-014
↑ 1階に上がるとカトリック関係の書籍が揃えられている書店や~

オープニングセレモニー0920-015
↑ 十字架などのキリスト教グッズのお店もあります。

これらと同じ階に「平和画廊」があります。現在カトリック会館への入館はこの裏門だけ…となっているそうです。通常とは違い、正門からの入館が出来ませんので、お気をつけ下さい!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/09/20 10:27 ] ポジャギ 展示会報告 | TB(0) | CM(2)
シスターのポジャギ展
 李賢淑先生、幽さま こんにちは!
シスターのポジャギ展、素晴らしいですね。気品ある作品の数々
祈りをもってひと針ひと針縫っていかれたのでしょうね。色合いにも平和を願う色が込められているように感じました。幽さまの案内で日本にいる私も楽しめて感謝でした。有難うございます。
昨日、大宰府市青葉台のs様のポジャギ展に行って参りました。
丹精込められた作品の数々を見ることが出来ました。そして一日でそちらで作られた作品にも出逢いました。sさまとは食の講座でお逢いしていました。不思議なご縁を感じて帰宅したことでした。韓国の美しい秋を心ゆくまでお楽しみくださいませ。
[ 2012/09/20 11:48 ] [ 編集 ]
わ!奇遇ですね??
>Keiko氏へ

大宰府のS氏とKeiko氏はお知り合いだったのですね??

世間って本当に狭いものですね…。私もS氏のブログで展示会の様子を見せてもらっています。

チマチョゴリまで作られるなんて、本当に本格的で驚きました!

それからシスターの作品は布の染色までご自分でされる…とのことで、やはり市販の布とは違う温かみのある色が特徴的です。

本当にどの世界も追求しだすと、あれもこれもって奥が深いものなんだな…って感心します。

作品の写真は載せることができませんが、オープニングセレモニーの雰囲気を楽しんでもらえたようで何よりです(^^)
[ 2012/09/21 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。