料理教室レポート

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート

料理教室レポート0903-010
↑ 台風15号に続き、台風14号もやって来ましたが、ソウルは大きな被害に見舞われることはなくホッ!!しかし農作物の甚大な被害が伝えられ、白菜などの野菜が急騰しジワジワと家計を圧迫しはじめている模様…。

そんな中、福岡からいらしたFさんが料理教室にいらっしゃいましたぁ~。今回は初めて午後14時からの料理教室でした。

ちなみにFさんの希望メニューは、サムパッ(쌈밥)、スユク(수육)、ピントッ(빙떡)です。

料理教室レポート0903-001
↑ Fさんは3週間の語学堂短期コースに参加中で、現在1週間が経ったそうです。充実した忙しい留学生活を送っているとのこと。李先生から3つの料理の由来などを聞いています。

幽の通訳はほとんど必要ないくらいに1週間で上達するなんて、スゴイ!!

料理教室レポート0903-002
↑ さぁ~、実習のはじまり~。まずはサムパッの野菜の準備から~。

料理教室レポート0903-008
料理教室レポート0903-004
↑ キャベツをご飯が巻けるくらいに大きく千切って~

料理教室レポート0903-003
料理教室レポート0903-009
↑ サムパッの特徴は山のような野菜ですから色々な野菜が登場~

料理教室レポート0903-005
料理教室レポート0903-007
料理教室レポート0903-006
↑ 水でもどした大きな昆布も食べやすい大きさに切っていきます~

料理教室レポート0903-011
料理教室レポート0903-017
料理教室レポート0903-042
料理教室レポート0903-043
↑ サムパッの野菜をどんどん蒸し器で蒸していきます~

料理教室レポート0903-012
料理教室レポート0903-014
料理教室レポート0903-013
↑ お次はサムパッの美味しさを決めるといわれるタンプッジャン(담북장:煮込み肉味噌)へ~。

幽ははじめサムパッというメニューを聞いた時、何を習うのかなぁ~って少々驚いていましたが、こういうのを教えてもらうんですねぇ~。なるほど…。

料理教室レポート0903-015
↑ グツグツ煮込んでいきますが~

料理教室レポート0903-016
料理教室レポート0903-041
↑ 辛いものが好きな方は青唐辛子を加えてもOKです~。そして20分ほど弱火で煮込んで完成です~。

料理教室レポート0903-019
料理教室レポート0903-020
料理教室レポート0903-026
↑ 次はスユクへ~。スユクとは茹で豚のことですが、先ずは肉を糸でぐるぐる巻きにしていきます~。

料理教室レポート0903-025
↑ ニンニクと生姜を鍋に入れて煮立たせ~

料理教室レポート0903-027
料理教室レポート0903-028
↑ 大根と豚肉を入れて30分程煮込んでいきます~

料理教室レポート0903-046
料理教室レポート0903-047
↑ しっかり肉が茹ったら、豚の糸を取って~

料理教室レポート0903-048
料理教室レポート0903-051
↑ 切って並べて、スユクの完成~

料理教室レポート0903-021
料理教室レポート0903-022
料理教室レポート0903-023
料理教室レポート0903-024
↑ 次はピントッへ~。ピントッの中身の具になる大根を千切りに~

料理教室レポート0903-029
↑ さっと茹でて~

料理教室レポート0903-030
料理教室レポート0903-032
↑ 火を通し~

料理教室レポート0903-031
料理教室レポート0903-034
料理教室レポート0903-033
↑ こま油で炒めていきます~。味付けは塩と白胡椒~。

料理教室レポート0903-035
料理教室レポート0903-036
↑ 次はピントッのクレープを作っていきます~

料理教室レポート0903-037
料理教室レポート0903-038
↑ クレープ生地に先ほどの炒めた大根を巻いていきます~。

ピントッの名前の由来は具をクルクル(빙빙: ピンピン)巻くからだとか…。済州島の郷土料理なんです~。

料理教室レポート0903-039
料理教室レポート0903-040
↑ ピントッも出来上がり~。

料理教室レポート0903-049
料理教室レポート0903-050
↑ 黒豆と麦が混ざったご飯も美味しく炊き上がり~

料理教室レポート0903-052
料理教室レポート0903-051
料理教室レポート0903-053
料理教室レポート0903-045
↑ 他の料理も皿に盛り付け調理実習完了です~。ここまでの所要時間、1時間半くらい…!!は、はやっ!!

料理教室レポート0903-054
料理教室レポート0903-055
↑ さていよいよ試食時間です!!いただきます~。

料理教室レポート0903-056
↑ サムパッなので準備した野菜にご飯や肉など、色々なものに巻いて食べます~。

料理教室レポート0903-062
↑ 今回の幽の大発見はカボチャの葉を蒸したものがモノスゴク美味しいこと…。

カボチャの葉って日本のスーパーには売ってませんが、家庭菜園でカボチャを作っている方なら簡単に手に入るはず!!是非蒸してご飯とか色々巻いて食べてみて下さい。ホントに絶品なんだな、これが…。

他にも生の野菜より茹で昆布や茹でキャベツに色々巻いたほうが甘くて美味しかった…。

もちろん韓国ではここ数年来続いているウェルビーン・ブームに乗って、サムパッの店が沢山あります。

けれども何処で食べても大抵は大量の生野菜がデンッと置かれることが多いのです。もちろん茹で野菜を出す店もあるにはあるのですが…。

やっぱり茹で野菜はひと手間かかるので、料理店も避けがちになるのでしょうね。

料理教室レポート0903-063
↑ 李先生はこのようにカボチャの葉でおにぎりを作って、食べることも多いんですって…。

おにぎりの具は味噌でも何でもOKです~。これも簡単ですが、美味しいです。ホント!!

かぼちゃの葉、こんなに美味しいのに、何で日本で売らないんだろ??

料理教室レポート0903-064
↑ 他にもさつまいもの蔓も日本ではあまり売ってませんよね。韓国では普通に売ってます。

これはサツマイモの蔓で作ったキムチ~。これもシャキシャキした歯ざわりで美味しいんですよぉ~。家庭菜園でサツマイモ作る人なら挑戦する価値あると思う…。

料理教室レポート0903-061
↑ F氏が今次男がいるカルフォルニア留学経験がある…という話を聞いて嬉しくなったのか、2人で英語で色々話しています~。

旦那さんは英語ができるとは聞いていたけど、ここまでできるとは!!いつも韓国語で話していたので知りませんでした!!

料理教室レポート0903-057
↑ お腹いっぱいになった後は、寄宿舎にF氏の料理を楽しみに待っている友人がいるとかで、残った料理をお持ち帰りです!!喜んでもらえるといいですね!!

料理教室レポート0903-059
↑ お腹いっぱいでもデザートは別腹ってね…。恒例のデザートもしっかり頂きます~。

料理教室レポート0903-058
料理教室レポート0903-060
↑ 幽も今回初めて飲んだ梨入りの五味子茶です~。

李先生の五味子茶はカフェで飲むのと違って甘味料なしで酸っぱいのですが、甘く煮た梨と一緒に飲むとこれまたさっぱりして美味しいですね。

今回の料理教室は、比較的手間のかからない料理&少人数ということもあり、最短時間の約2時間で全て終了でした。

あまりに速やかに終わってしまって、驚いたくらいです!!

それでは、F氏、残り2週間の短期留学生活、いっぱい勉強しながらもめいいっぱい楽しんで帰国してくださいね!!そしてご馳走さまでした!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。