お問い合わせメールはこちら

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お問い合わせメールはこちら

読者さまから「コメント欄での連絡は慣れない人にとっては敷居が高い」というアドバイスを受けました。

確かに今までは知り合いの知り合い…という繋がりばかりだったので、あまり考えていませんでしたが、最近はブログを通してダムル工房を知ったという方からお問い合わせのメールを受けることが多くなっています。

よって、読者さまのアドバイスを受けてダムル工房専用の連絡先メールを作りました。

以後はこちらの方へお問い合わせして下さい。

どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m


ダムル工房の問い合わせメール
↓  ↓  ↓
damurukobo.pojagi0309@gmail.com


※メールアドレスにリンクは貼っておりません。
これをやると何処の誰が見つけるのか、大量のスパムメールが届くので…(苦笑)。ご面倒だとは思いますが、上記のアドレスをコピーペーストして各自のメールアドレスから送付して下さい。
[ 2012/09/02 02:40 ] 告知関係 | TB(0) | CM(3)
教室について
ポジャギを習いたくて検索していたらこちらを見つけました。1週間くらいの日にちで習うことができますか?一週間づつ年に何度かの頻度でを考えています。ハワイアンキルトの教室を開いているのですが、ポジャギは全くの初心者です。それでも可能ですか?一人では出かける自信が無いのですが、主人の仕事のお休みが取れた時にと考えています。
[ 2012/09/03 23:54 ] [ 編集 ]
はじめまして。
>REIKOさんへ

はじめまして。ハワイアンキルトですか!!いいですね!!

実はポジャギに関心を持たれる方はキルト経験者の方が
相当数いるんですよ!!

ダムル工房にも一人、アメリカンパッチワークの教室を開いておられる生徒さんもいらっしゃいます。

なので技術的には何の問題もないと思われます。

また日本からの生徒さんの多くは、大体1週間の日程で1年に2回~4回ほど通っていらして、資格を取得される方が大部分です。

なので習うことに関しても何の問題もないですね。唯一問題があるとすれば、コミュニケーションの問題になると思います。

一応、授業は韓国語で進行しますので…。けれども李先生曰く
ポジャギ技術を伝達する日本語能力はあるとのことと、特にキルト経験者ならば、大体伝えることに問題はないとのこと。

授業とは何の関係もない雑談とかが伝わりにくいかもしれませんけど、曜日によっては日本人が多く訪問する日もあるので、あまり神経質にならなくてもいいのかもしれません。

それでは、受講料などより詳しいことがお知りになりたい場合は
お知らせメールの方に連絡頂ければもう少し詳しい説明が可能となりますので、ご連絡頂ければと思います。

[ 2012/09/04 00:06 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
早速のお返事ありがとうございます。何事もチャレンジだと思っていますので、詳しいことをメールにて送らせていただきます。
どなたか仲間がいてくだされば心強いのですが、私の周りにはあいにくいないので一人での挑戦となりそうです。
[ 2012/09/04 08:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。