料理教室レポート (written by sono)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート (written by sono)

アンニョンハセヨ!sonoです。
恐らく初めましてではないと思いますが(笑)
(昨日のブログにも登場しました)
今回は
先生の料理教室のカメラマン役&
レポーターさせていただきます。
よろしくです。

梨に胡椒を埋め込んでいる0821-001

早めに先生宅に行ってみると
先生はすでに下準備を始めていました。

梨をむいていたので
(梨好きな私は)そのまま食べさせてくれるのか
と思ったんですが、違いました。
胡椒を埋め込んでます。梨と胡椒???

梨に胡椒を埋め込んでいる0821-002

面取りするかのように
角を取るんですが、
この取った梨は後の料理教室に使います。

そして
生姜を入れたお湯に入れます。

その後、生徒さんが来られて
料理教室スタートしたので、
その存在すら忘れていたんですが(苦笑)
あとで、これは登場します。

生姜を入れた水で梨を・・0821-004

今日の参加者はお二人です。
お一人はソウル在住、
もう一人の方は、今晩東京へ帰られるとのこと。

料理の説明中0821-003

今日の料理は、
白菜のキムチ・九節板(クジョルパン)・冷麺
の3品です。
細かくメモを書いたり熱心に聞かれております。
途中、美容の話やら、
韓国の伝統の五方色(オバンセク)の話やら
いろいろ横で聞いている私も勉強になりました。

まずはキムチ作り0821-005

まずは白菜キムチを作ります。
あっという間にヤムニョンタレが出来ました。

キムチのヤムニョン0821-006

大根を細切りにします。
みなさん手慣れたものですね。

キムチ用に大根を細切りに0821-008

白菜の間にヤムニョンをまぶした大根などを
一枚一枚挟んでいきます。

白菜の間にヤムニョンを0821-010

余ったヤムニョンと大根で
カクテギまで出来ました!!はやっ!

余ったヤムニョンでカクテギ0821-011

次は冷麺です。
なんかあっという間にこれは出来ました。

冷麺のつゆ煮込み中0821-012

お肉と昆布と大根と・・・
特に調味料は入れてなかった(気がする)けど
終始おいしそうな匂い。

九節飯の準備0821-013

そしたらすぐに九節板(クジョルパン)の下準備
豆もやしの豆をとったり・・

九節飯の準備0821-014

材料を細かく細切り(千切り?)にします。
なるべく細~くするのがいいみたいです。
(食べる時、そのワケがわかりました)

九節飯の準備0821-015

まずは卵の白身をうす焼きに。

卵の白身を薄焼きに0821-016

先生はとっても簡単にするけど、
薄~くきれいに作るのはめんどくさいし大変そうでした。

卵の白身を薄焼きに0821-017

お次は、卵の黄身も同じように薄焼きに。

卵の黄身を薄焼きに0821-018

その後、下準備した野菜を炒めます。

九節飯0821-019

調理する順番も決まっていて、ちゃんと理由もあります。

九節飯0821-020

それぞれ別々にやらないといけないので
とっても手間と時間がかかるんですねぇ~

九節飯0821-021

最後にミルチョンピョン(밀전병;小麦煎餅)を焼きます。
これも先生は簡単にするけど、コツがいるみたいですね。

九節飯0821-022

薄焼き卵をこれまた細かく千切りして
全部の材料を器に入れます。
もちろんこの順番も決まっています。

九節飯0821-023

とっても綺麗にできました!!!すてき~!!
 ☞ 九節板の説明ページ
器の色が違うだけで全然イメージかわりますねぇ。

冷麺0821-024

そして最後は冷麺の仕上げです。
ゆで時間にもびっくりですが、
梨を沢山入れるのにもびっくりしました。

冷麺0821-025

茹で卵を切るのは包丁やナイフではなく、
糸です。。。。
しかも先生のお気に入りのグラデーション糸(笑)

九節飯0821-026

九節板ってこうやって食べるんですねぇ~
食べ方すら知りませんでした。
そしてなにより、おいし~~!!!!

最後に梨入りの五味茶0821-028

満腹になったころに、
韓国の伝統菓子薬菓と一緒に
最初に作っていた生姜で煮込んだ梨が入った
五味茶を出してくれました。
これもまたおいしかった~~!!
色合いもステキでしょ~!!

キムチお持ち帰り0821-029

今回作ったキムチは厳重にパッキングして
日本まで持って帰られるそうです。
おいしいのは間違いないっ!保障します!

最後に記念撮影!0821-027

最後に九節板と先生のポジャギをバックに記念撮影!!
あっという間でしたねぇ~!お疲れ様でした~!
また機会があれば参加してくださいね~!

今回初めて先生の料理教室見学したんですが
突っ込みどころ満載で(笑)おもしろかったです!
しかし料理も片付けも何もかも手早いっ!
良い経験させていただきました。ありがとうございました。

その後、結局私はダラダラと先生宅に長居したのですが
それは後日!私のブログで・・
ダラダラとした長文に最後までおつきあいくださり
ありがとうございました(^o^)/


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
修正しておきました!!
お久しぶりです!!

ご指摘有難うございます。修正して置きました。
どうも有難うございます。
[ 2012/08/25 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。